« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月31日 (火)
ソックス今夜も来た

Img_1874_2今晩は、しっかり食べました。
牛乳、缶詰、乾燥フード。なんというデブに。目やにを取ってやりたいが、触らせません。


| | コメント (0) | トラックバック (0)


赤い実クイズ

下記の赤い実はそれぞれ、なんでしょう?
Redseed1_2   Redseed2_2   Redseed3_2

みんなが不思議がっています。今の時期は、ヒヨドリが群がって食べるのに、今年は一粒も食べていません。鳥に何かがあったのではと、心配です。
メジロも1羽も見ません。ジョウビタキも。

(写真は、左から、クロガネモチ、ナンテン、マンリョウ です。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月30日 (月)
ネコ(ソックス)現れる

Cat_2ソックスが現れましたが、写真を撮ったら、逃げ出しました。あんなに親しかったのに、よそよそしい。それがネコ?(午後10:00)

| | コメント (0) | トラックバック (0)


カイロ

Kairo_2昼間は暖かかったですが、夜は冷えます。特に足の先が氷のよう。
カイロを張りました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)


キンカンコンポート再び

Kinkan店で見つけたので、また作りました。
先日の分は、来客者に食べさせたり、差し上げたりしました。自慢げに、誉めて欲しくて。
なので、自分では余り食べませんでした。
今回は、ボクが食べます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)


高倉健の心境(朝日新聞)

感動的なインタビュー記事です。(朝日新聞16面・西部本社版)
6年ぶりに撮った映画「あなたへ」をきっかけに語った映画と人生と社会を縦横無尽に語っています。
下手な紹介は書けません。ご一読ください。感動します。

記事はここにあります。
http://t.co/oIZLabeV

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年1月29日 (日)
「小学生の体験教室」打ち合わせ

Uchiawase_4
2月5日に行う「体験教室」の打ち合わせをしました。スタッフ11名。
決まった実施項目。

開会式(町長挨拶)
農園作業(マルチング)生き物集め(蓑虫など)
植物教室(冬芽の話)
燻製作り
火おこし体験
食事作り(シチュー)
餅つき(ブルーベリー餅)
修了式(修了証書授与)

食事は、佐賀県の呼子のイカ料理を取り寄せました。
吸い物だけボクが作りました。(みんなに誉めてもらいました。)


| | コメント (0) | トラックバック (0)


欧州の電力自由化

朝日新聞の1面で、ヨーロッパの電力事情のシリーズが始まりました。
「世界それホント?会議」でも、イギリスの家庭の事情を取り上げました。
自由化になったら、こうなる、が分かります。
ご一読ください。
http://bit.ly/qJG4wO

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月28日 (土)
寒アヤメ

Ayame1_2  Ayame2_2
今日気がつきました。少し盛りを過ぎています。寒さをものともせず、ボクの留守に、咲いたのです。
何だか、胸が熱くなります。
同じ部落のおばさんにもらいました。そのおばさんは、既に亡くなりました。
誉めたら、持って行きなさい、と。いろいろな思い出がある「寒アヤメ」です。


| | コメント (0) | トラックバック (0)


「平清盛」の演出と観光

NHKの大河ドラマ「平清盛」の第1回を見て「画面が汚い」と文句を言ったのは、兵庫県の井戸敏三知事。観光に役立たないと。第2回目も「瀬戸内海の海はもっと綺麗だ」と文句を言ったらしい。
知事が、観光に役立たないという理由で「作品」にいちゃもんを付けるのは言語道断。県庁に抗議電話が1,000通も来たという。当たり前だ。

テレビは人を集める効果があるのは確かで、地方の観光地など、いかにしてテレビ取材を呼び込むか、会議を開くそうです。

先日、食事をした老優・村上不二夫さんは、アフタヌーンショーという番組で「ドンと引き受けます」というコーナーをやっていました。何かのお手伝いをしに地方に出かける15分のコーナーでした。
地方からは、来て欲しい、との手紙が多数きます。
「あのコーナーは地方の宣伝にとって5千万円の価値がある」と言われていました。

県知事の気持ちは分からない訳ではありませんが、一つの「作品」を観光促進にならないという視点でこき下ろすのは、なんとも不見識。

テレビの功罪について、思い出すことがあります。
宮田輝さんが司会する「ふるさとの歌まつり」という番組がありました。(1966年開始NHK)
地方からの中継番組で、地方に残る芸能が紹介されました。
NHKから注文が出ます。
「時間が長すぎて放送に入らないので短くして欲しい」
次の年から「NHKがそういったから、短くていいじゃろう」となり、伝統芸能の形が崩れていったという事例を聞きました。
逆に、土地の人が忘れていた芸能を堀り興し「NHKが放送したんじゃから、価値があるんじゃろう」と続けることになったという事例も聞きました。

制作者は、地方の芸能を扱う場合、慎重でなければならない、という事例です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月27日 (金)
老人クラブで講演

Roujinkai_2「老人クラブ」とか「高齢者のつどい」とか、なんかネーミングが悪いなぁ、と思います。
ここで講演を依頼されました。(8日)
ボクの同級生も沢山いるそうです。自分も仲間だから、ネーミングが気に入らないのです。
世話人の方が打ち合わせに来られました。
講演時間は1時間30分と聞いていたのが1時間10分に短縮されていました。90分は、自信が無いなぁ、と悩んでいたので、ホッとしました。
ブルーベリー農園をなぜ作ったのか、から、世界の飢餓の話へ展開しようと考えています、が、眠る人が多いだろうなぁ、と心配。


| | コメント (0) | トラックバック (0)


今日の料理

Tako_2  Kinkan_2
午前中に買い物に行って、タコとキンカンを買いました。
タコは、柔らか煮に。生のタコで作ります。冷凍ダコでは皮が剥げて汚くなります。もちろん、茹でダコは柔らかくなりません。
キンカンは、コンポートに。
田舎は、食材が豊富だから嬉しい。


| | コメント (0) | トラックバック (0)


農園周辺

Yama_2
この写真の右下がブルーベリー農園「花夢果夢」です。
山を削り取る作業は、ボクが依頼したのではありません。土が欲しい(田んぼを畑にする)からくれないか、と言われて、ボクは駐車スペースができるから喜んでと答えました。その作業が進行しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月26日 (木)
タクシーに私物を飾りすぎると罰金になる(モントリオール)

「世界それホント?会議」(動画)更新しました。
〜モントリオールではタクシーに私物を飾りすぎると罰金になる〜
http://bit.ly/yuZeoW

| | コメント (0) | トラックバック (0)


田舎へ移動

きょう、田舎(山口県田布施町)へ移動します。
途中、広島で友人に会います。なので、家に着くのは夜になります。
今回は、「小学生の体験教室」「老人会での講演」の予定があります。
農園作業も少しは、と思っています。
田舎から報告します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月25日 (水)
炊飯器の目盛り

明日から田舎へ行くので、台所で不足しているものなど、思い出していますが、米の有る無しくらいは覚えていますが、他のものは記憶にありません。
不思議に思っていることがあります。
炊飯器の「目盛り」です。目盛り通りの水だと固いご飯になります。固すぎて美味しくありません。
田舎の炊飯器も、東京の炊飯器も、同じです。新米でも古米でも同じです。
何故だ、と一人で不思議に思っています。だれにも話したことがないので、他の人がどう思っているか、聞いてみようと思います。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012年1月24日 (火)
スポーツ記者の資質

ダルビッシュの記者会見を見ました。(札幌ドーム)
質問をする記者のバカさ加減に呆れ果てました。何を言っているのか分からないのです。ダルビッシュも分からなくて「もう一回言ってください」と言いました。
バカならバカなりに予習をして来い、と思いました。

ダルビッシュの発言は迫力がありました。
大リーグへ行く理由。
「ボクを打ってやろうという迫力を感じる打者がいなくなって、勝負の喜びがなくなったから」と言いました。
日本の打者諸君よ、真面目に野球をやってくれ、と思いました。

それにしても「報道ステーション」の項目順は、1)ダルビッシュの会見 2)雪のニュース 3)国会の開会、です。ボクの感覚が帰って来るのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)


雪遊びをしない子どもたち

きょう、国分寺まで行きました。
近くの公園でも広場でも、子どもが雪遊びをしません。
雪だるまも1体も見かけませんでした。悲しい雪景色です。
学校や家庭で、厳しく言われているのだと思います。
政治家や東電のみなさん、悲しく思いませんか?

国分寺では、中村みつをさんと徳田純一さんに会って「ビビ」のサイン本を30冊作りました。
その他、歌詞に絵を描いてもらいたいものがあったので、打ち合わせをしました。

Bibi
二人のサイン入り「ビビ」です。
まだ、執拗に、頑張って売ろうとしています。
よろしくお願いします。

「ビビ」を下記のブログで紹介していただきました。
http://esperolumo.blog79.fc2.com/


| | コメント (0) | トラックバック (0)


今朝の猫

Catsnow_2庭には5センチくらい積もっているので、外に出たいといいません。「なんじゃこれは」といった風情で眺めています。

アフリカの子どもたちのことを、時々、思い出します。
干ばつ地帯で聞いた話。
6歳くらいになる子どもが、産まれて始めて「雨」を見て、恐怖に怯え、泣き止まなかったそうです。
6年間、雨が降らなかったのです。

この下の写真は歌のレッスン風景ですが、
「少女の願い〜生きていたい〜」という新曲です。
エチオピアの少女がモデルですが、「大人になったら、なにになりたいか」と聞いたら、少女は「生きていたい」と答えました。普通は、先生になりたいとか、医師になりたいとか答えるのですが、この少女は「生きていたい」と答えました。
この実話を歌にしました。
作詞:田川一郎
作曲・歌:新居由香理
編曲:増井めぐみ

Lesson_2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月23日 (月)

Snow1  Dog_2
新宿から立川に帰りました。左の写真はバスから降りた所です。
右の写真は近所の犬、嬉しそうに散歩していました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)


鯛焼き

Taiyaki近いところに「鯛焼き屋」ができた。
20日に開店、もう2回も行った。ヤバイ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月22日 (日)
番組紹介

「ザ・ノンフィクション」(フジテレビ)
〜老人と犬に放射能が・・愛しき大地に別れの時〜
本日14:00から。
番組告知ページは下記。
http://bit.ly/6j6EWr

| | コメント (0) | トラックバック (0)


福島の子どもの医療費無料化断念

福島県が強く要望していた「子どもの医療費無料化」を政府は財源がないとの理由で断念したと報じられています。
「心のない政治」を実感します。

電気料金に加算して全国民が負担するという案はどうでしょうか。
100億円かかるそうです。一所帯何十円かだと思います。

「政府がやらないのなら、俺たちがやる」という気風が日本に出来ないかなぁと常々思っています。「みんなで助けよう」と思えば、相当のことが出来るような気がします。
「バカ政府」に頼らないで「自分たちでやる」システムを考えられないだろうか、と思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月21日 (土)
「気まぐれエッセイ」更新

ピーマンの香りと苦みが消えた!!なぜ?
http://bit.ly/9rJ1jb

| | コメント (0) | トラックバック (0)


廣淵升彦講演会

「世界それホント?会議」のコメンテーター・廣淵升彦さん(国際ジャーナリスト)が以下の要領で講演会をします。ボクは田舎へ行くので、参加できませんが、面白いと思います。推薦します。

演題「読めない世界を無理に読み解く」
来週土曜日(28日)「横浜ユネスコ協会」(会長は元駐パキスタン大使の久保田穣氏)主催
(以下、廣淵さんのコメント)
ユーロの行方も、ホルムズ海峡の明日も、日本の政治も経済も、どうなるのかは誰にも分かりません。それを無理に、多少強引に、読み解いてみようという試みです。しかし単なる予測ではなく、物事を判断する「原則」と「具体的な事実」を提示します。「出席してよかった」と思っていただける会にするつもりです。講演のあとはおいしい中華料理を食べながらの懇談です。お気軽におでかけください。
日時  1月28日(土) 午前11時30分。約50分講演。そのあと質疑応答。続いて昼食。
場所  華都(かと)飯店  横浜市中区山下166 中華街の関帝廟から徒歩3ー4分。
    電話 (045)641-0335
会費  3000円(昼食代)。当日受付でお払いください。
申し込み方法  メールで廣淵さんへお申し込みください。
締め切りは25日(水)とさせていただきます。hirobuchi@hkg.odn.ne.jp
(もちろん、ボク経由でも結構です。)


| | コメント (0) | トラックバック (0)


泣き笑いアプリ

iPhone用アプリには、面白いものが沢山あります。
ボクが使っているもの。

「Bump」(バンプ=相手のiphoneとボクのiPhoneを手に持ってぶっつけると、お互いの情報が交換できる。入力の手間が省けて便利。電話番号、メール、ツイッター、フェイスブックなどの情報が交換できる。なぜそうなるのか、理屈はわからない)

「雨メッシュ」(自分がいる場所の雨雲の様子が表示される)

「ゆれくる」(地震情報、事前に警報が鳴る)

「ネットラジオ」(NHKラジオを聞くアプリ。「深夜便」を聞いています)

「Radiko.jp」(東京にあるラジオ局がすべて聞ける)

「RadioJP」(全国のラジオが聞ける)

「放射能情報」(全国の放射能情報がわかる)

「Shadam」(流れている曲名が分からないとき、それを教えてくれる)

(導入を躊躇しているアプリ)
「iPhoneを探す」自分のアイホンを紛失した時、探すアプリらしい。
これを使っている人が離婚した、というから、危険も伴う。自分がいる場所が探される危険がある。ヤバイ場所にいたら、すぐバレルらしい。

その他にも、数種類使っていますが、なかなか便利です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


NHKニュースに疑問(2)

正午のニュースのトップニュースは「ダルビッシュの入団会見」。しかも、相当長く。
ボクの感覚が狂っているか?いやぁ、理解できない。野球好きのスタッフがやっているとしか思えないニュース編成。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月20日 (金)
東京の雪

久しぶりのお湿り(雪)で、と喜びたいのですが、放射能を含んでいるので、要注意らしいです。
八王子の観測を以下の ブログから引用します。
http://ameblo.jp/bq-tokyo/entry-11140771497.html
セシウム137:15.3Bq/kg
セシウム134:14.9Bq/kg
ヨウ素131:20.0Bq/kg

積もってはいませんが、雪遊びは止めた方がいいでしょう。
外出しない、するときは、完全防備。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


今日の新聞から

【感動】
ボクがまだ現役だった頃、フジテレビに「菊間千乃(きくまゆきの)」という新人アナウンサーがいました。
朝のワイドショーの生中継で、防災用ハシゴから転落して腰の骨を折る大けがをしました。
復帰して、問題を起こします。
ジャニーズ(だったと思う)の未成年のタレントを呼び出してお酒を飲んだ事がバレれ、大問題になりました。
その後の消息を知りませんでしたが、今朝の朝日新聞「ひと」欄に、なんと、弁護士になったと紹介されています。
入院している時に聞いたテレビ出演者の自分に対する軽薄なコメントに発奮したという。
ご本人も相当軽薄なアナウンサーだった(ボクの印象)ので、自分の姿を見たような気がしたのかも知れません。
その後「弁護士になる」と心に決め、一日16時間も勉強し、ついに弁護士になったのだそうです。
人間、その気になれば、何でも出来る、を証明してくれたようで、嬉しかったです。
本も出版しているそうです。
「私が弁護士になるまで」(文芸春秋)

【笑い】
座礁した豪華客船から逃げ出した船長にイタリア人は、政治家をダブらせて批判しています。
「問題を起こして逃げ出すなんて、まるでベルルスコーニ(前首相)だ」
「無責任で、自らの虚勢が引き起こした問題を隠し、無かったことにしようとする、政治家が作り出した、最悪のイタリアのイメージをよみがえらせてしまった」

【嘘つき】
総理に不都合な動画(YouTube)が発見され、話題になっています。
(2009年の街頭演説、マニフェストについて。)
「書いてあることは、命がけで実行する。書いてないことはやらない、これがルールです」
自公政権の後期高齢者医療制度を批判しています。
ところが、今回の消費税の問題で、彼は次ぎのように発言しています。
「マニフェストに書いてないことをやるのはけしからんと言われたら、何も出来ない」

YpuTubeのお陰で、政治家がどんなに嘘つきかが証明されています。
ICT時代のめざましい功績です。YouTubeが無かったら、誰の記憶にも残っていたいと思います。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月19日 (木)
出版「子どもがひとりで遊べない国、アメリカ」

Uschild_2「子どもがひとりで遊ばない国、アメリカ」
谷口輝世子著 生活書院 1,500円+税
著者はミシガン州在住のジャーナリスト。ご本人からの献本です。
「へー、そうなのか!」がいっぱいの本です。
二人の子どもの育児体験なので、具体性があって力があります。
内容はタイトルの通りで公園には、こんな看板があるそうです。
「18歳以下の子どもは、大人の付き添いが必要です」

著者の「さいごに」の中に分かりやすい比喩があります。(要約)
アメリカには、野良猫、野良犬がいません。完全に規制され管理されているからです。
12歳以下の子どもは、犬猫にダブります。

通学、遊び、すべてに親が同伴しないとならないのだそうです。罰則規定がある州もあるようです。
なぜそうなのか、アメリカ社会の持つ病巣も解説されます。
この本は、驚きの連続です。
これがアメリカの子どもたちです。


| | コメント (1) | トラックバック (0)


NHKニュースに疑問

正午のNHKニュースを見てビックリしました。
なんと、トップニュースが「ダルビッシュの契約成立」です。
気が狂ったかNHKと思いました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)


「私の好きな風景」更新

「世界それホント?会議」「それホントピックス」更新しました。

シリーズ「私の好きな風景」(3)
~ロサンゼルス近郊のブドウ園~
http://bit.ly/w5gpaC

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月18日 (水)
絵本「ビビ」の売れ行き

Bibi紀伊國屋書店国分寺店へ寄りました。木製ビビは雪の中に座っていました。
店長の谷さん、
「もう見本しかなくなりました。発注してありますが・・」
嬉しいです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)


残された動物たちからのメッセージ(福島原発事故)

「福島原発20km圏内警戒区域で待っているいのち」

| | コメント (0) | トラックバック (0)


議員報酬減額の賛否を笑う

他人の給与は減らせても、自分の給与を自分で減額するのはイヤらしい。当たり前の感情だが「率先垂範」という言葉もある。
公務員の給与7.8%削減、それを決める国会議員の報酬も下げないと国民の理解が得られないと主張するのが野田総理、岡田副総理、8%以上の削減に言及。難色を示すのが輿石幹事長、樽床幹事長代理。
国会議員の定数削減が先だという。
野党自民党の茂木敏充は8%ではダメだ、15%にしろ、と言う。

彼らの心情を推測すると面白い。
大義を重んずる人、生活がかかっている人、国民受けを狙う人、様々な感情が交錯してニヤニヤしてしまう。

議員の定数削減も面白い。
民主党100人減に対して公明党は30人という。
比例区に強い公明党のお家の事情。自民党が仲良くしたいから追従する。

政治家のみなさん、どの主張がが国民の支持を得るか、よく考えて行動して欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月17日 (火)
元気が出ます

| | コメント (0) | トラックバック (0)


海・湖・沼の放射能汚染の恐怖

NHKスペシャル「知られざる放射能汚染~海からの緊急報告」
http://bit.ly/x9C4C2

このサイトでは、我々の「反原発ソング」も紹介されています。
「いい村だった」
http://bit.ly/n7EOTi
「だれも来ない海」
http://bit.ly/qeOdg9

| | コメント (0) | トラックバック (0)


小春日和

Sutaba_10
近くのスタバの太陽が当たるデッキでコーヒーを飲んでいます。いい気分です。
雨が降りません。散歩道は、パウダー状のドロ埃が舞い上がります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月16日 (月)
NHKEテレ「ネコ学」

今晩10:25分「極める!とよた真帆のネコ学」
ネコ好きの方、ぜひ。

「追記」
第1回を見落としているので「NHKオンデマンド」に登録し105円の料金を払って見ました。
受信料を払っているのに、と悔しい思いがします。
払っていない人は料金を払って見る、払っている人は無料というのが納得がいく方式です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


防衛大臣

これで最強の布陣ですか?
田中直紀防衛大臣が不安です。まるで素人ですね。
「辺野古の埋め立て工事を年内に着工」だそうです。
一体、どうなっているんだ。
NHKでは、質問を取り違えて、トンチンカンな答えをしたそうです。
怖いですね。

先輩の廣淵升彦さんから電話をもらいました。
怒っていました。
「いま、ホルムズ海峡が一触即発状態なのに、この重要性を実感している政治家がいないのが、恐ろしい」と。
「あそこが戦争状態になると、日本は、大変な事になる」
能天気な政治家ばかりで足に引っ張り合いをしています。
うんざりですね。

(お詫び)
田中外務大臣と間違った表記を数時間していました。すみませんでした。
田中防衛大臣が正解です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月15日 (日)
橋下市長を野田総理が批判

「一人のスター仰ぎ見る政治はよくない」「劇場型になりかねない。大阪都構想はよく分かりません」

何だかやっかみ風に聞こえます。
「分からない」とは勉強不足。

今日のテレビ朝日の「報ステSUNDAY」では、生出演で、批判的な学者・山口二郎(北海道大学教授)を完膚なきまでにやっつけていました。痛快でした。
学者は批判するだけで、じゃどうすればいいのだ、と問われたら案がないので哀れです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


豆腐のバター焼き丼

Buttertofu_2これは東京藝術大学の学食の評判料理という。友だちの増井めぐみさん(ピアニスト・作曲編曲家)の推薦で作ってみました。
豆腐をバターで焦げ目が付くまで焼き、豚肉とモヤシを加えて、味は醤油。
うん、うまい。学生になったような気分がしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月14日 (土)
通信速度(インターネット)

Router
契約しているケーブルテレビのラインを使ってインターネットをやっていますが、今年から高速(160Mbps)を始めるとの告知を見たので、依頼して、先日モデムの交換をしてもらいました。
しかし、早くなった感覚がないので、ヘンだなぁと思って問い合わせをしたら、使っているルーターがギガ対応ではないので、速度が出ない事が分かり、きょう、ルーターを買ってきて取り替えました。
量販店まで買いに行き、設定をして使えるようになるまで、ほとんど一日がかり。フー、疲れた。
ネット環境はどんどん変化するので、着いていくのが大変です。
速度は相当速くなったので、気分は上々。


| | コメント (1) | トラックバック (0)


消費税

国は消費税ムードで、原発事故など忘れ去られそう。
消費税を上げたら国の財政はどうなるのか、上げた後の説明が不足しているように思う。
増収はせいぜい12兆円くらいらしい。膨大な財政赤字にとっては焼け石に水。
「消費税をいま上げなければヨーロッパのようになる」という言い方は、「上げればヨーロッパのようにならなくてすむ」と聞こえる。騙されてはいけない。たったの12兆円では、財政破綻の危機は去らない。

消費税より景気対策が先だ、という専門家も多い。
景気がよくなれば、自然に税収は増え、国民に痛みを与えないですむ。
その景気対策は、誰も語らない。
ワンテーマで押しまくられ、思考停止にならないように注意が必要だと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月13日 (金)
妻がやった、秘書がやった・・

他人に罪を押しつける卑怯者。もっとも醜い人間だ。
妻に責任を押しつけて保身を計る官僚よ、妻がそれをやろうとしたら「疑われるかも知れないから止めろ」と諭すのが常識。
インサイダー取引で逮捕された経産省の役人の言い分。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


ゆうメール

ボクは「絵本」を発送するのに「ゆうメール」をよく利用します。
昔は「冊子小包」と言いました。
「ゆうメール」が商標権を侵害しているという判決が出ました。札幌の発送代行会社が商標登録していたからです。知っていながら、業務内容が違うと言い張って使用していたらしい。
ボクは「冊子小包」の方が好きだから、元の名前に戻ればいいと思います。

ボクの「絵本」を発送する場合、ヤマト運輸の「メール便」は80円。「ゆうメール」が210円。
130円の差は大きいので「メール便」を使っていましたが、最近、配達員が捨てる事件が多くあるので、危険を感じて「ゆうメール」を使っています。

「安くすればいい」には危険があります。
「メール便」は一通20 円の配達料だそうです。1日200軒配って、4,000円の収入です。
「こんなDM を配っても誰も見ないのに」と思ったら、捨てたくなる気分にもなります。

「公務員の給与を下げる」と政治家がいえば、「そうだそうだ」と国民が喜びます。
しかし、給与が安いと、公務員になろうとする人が減ります。優秀な人材が公務員を避けます。教師の質が下がります。警官の質も下がります。官僚の質も下がります。

ものの価格は、それに関わる誰もが、搾取されないで、適切な報酬が得られることを考えて、設定されなければなりません。
そうしないと、どこかで破綻が来ます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


小沢一郎・政治家失格(朝日)

2日間の被告人質問を終えて、朝日新聞は社説で「政治家失格は明らか」と痛烈に書いた。
「小沢は検察にはめられた」と主張してきた人々は、なおも小沢を擁護するのだろうか、と一刀両断。
胸のすく社説だ。

毎日新聞も、「監督責任の軽視明らか」と朝日よりトーンは落ちるが、小沢の過去の発言を引用しながら整合性がないと批判。

政治家として彼を論ずる前に、人間として「いかがわしい」。
早めの退場を願いたい。こっそりと。あなたに花道はない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月12日 (木)
朝食倶楽部(イギリス)

「世界それホント?会議」(動画)を更新しました。
イギリスの小学校では"朝食倶楽部"が大繁盛!
http://bit.ly/AvDY2C

| | コメント (0) | トラックバック (0)


小沢の詭弁「大多数の議員も・・」

連日笑わせてもらっています。
政治資金収支報告書の処理について「秘書任せで見ていない。大多数の議員が見ていない」
これって、小学生が言い訳に使う「誰それチャンも、誰それチャンも、みんなやってるよ」と同じじゃないですか?
「他の議委員もやっているから、俺も・・」が裁判で通用する理屈なんでしょうか?
笑えます。
「俺は天下国家のことを考えているから」もチャンチャラ可笑しい。
「見なくていい」理由にはならない。
子どもの弁解だ。

この人に対するボクのイメージは「常に何かに反対している」です。
同じ党の中にいてもです。
頭脳学者ではありませんが、反対や批判ばかりする人の「脳」は、そのようなクセが付いていて「じゃ、お前やってみろ」と言われたとき、「脳」が前向きに考える力を失っていて、しどろもどろになる事が多いです。ボクの体験的人間観察からの推測です。

ボクが作ったテレビ番組を鋭く批判するスタッフがいます。
では、そいつがすばらし番組を作るかというと、ほとんどの場合、ダメです。
「批判脳」と「創作脳」は反比例します。
なので、この人が総理大臣になっても、目を覆うばかりの惨めさを味わう事になると思います。
くわばらくわばら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月11日 (水)
4億円の内訳

小沢一郎が法廷で説明した4億円の内訳は下記の通りです。
両親から相続した湯島の自宅を売却し、現在の自宅を購入した際の残金、著作の印税、議員報酬など。

この中で、笑ったのが「著作の印税」です。
「本を出版すると儲かるんだなぁ」という印象をお持ちでしょうが、それは違います。
印税は通常、価格の10%です。価格が1,500円で3万部印刷したと仮定しましょう。(3万冊はベストセラー)
印税は450万円です。たったのです。4億円の説明にはほとんど役に立たない金額です。

次ぎに議員報酬です。サラリーマンの月給に相当します。
いくら倹約しても、億単位のお金が残るとは思いません。
もしそうなら、早く議員報酬の引き下げをやってもらいたいものです。

いずれにしろ、この内訳説明は、笑えます。
裁判長が信じたとはとても思えません。

【今日の裁判から】
4億円を自宅の金庫に置いておくことは「私どもの感覚」だそうです。
「国民の感覚」と激しくずれた感覚。これで国民のための政治ができるだろうか?


| | コメント (0) | トラックバック (0)


デモ犬ルカニコス(ギリシャ・アテネ)

デモがあって、機動隊と衝突するシーンで必ず登場し、催涙ガスをものともせず、走り回る茶色の犬の映像は世界中に配信され人気者になっています。名前はルカニコス(ソーセージ)といいます。
この犬の話題をアテネ在住のジャーナリスト・有馬めぐむさんが報告しています。
面白いです。
http://bit.ly/xsdOTX

なお、「世界それホント?会議」にも有馬めぐむさんの報告があります。
http://bit.ly/cBzkdt

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月10日 (火)
ネコヤナギ

Nekoyanagi_2ネコヤナギが芽を出そうとしています。もうじき春が来ます。(玉川上水で。iPhoneで撮ったのでピンぼけ、すみません。)


Fuyume_2「冬芽ハンドブック」広沢毅/解説 林将之/写真  文一総合出版
冬の散歩に携帯すると便利です。
林将之さんは、田布施町在住の通称「葉っぱ博士」。


| | コメント (0) | トラックバック (0)


ポテトチップス税の副作用(ハンガリー)

国民の肥満防止を理由に昨年9月に導入された「ポテトチップス税」が波紋を広げています。
(朝日新聞9面)
売り上げ減を恐れた菓子メーカーがリストラを始めて、失業者が増えている。
税収を見込んだ政府も、思わぬ副作用に困惑しているそうです。

「世界それホント?会議」では、この話題を取り上げました。(先月22日公開)
ご覧ください。
http://bit.ly/tO6Dc9

| | コメント (0) | トラックバック (0)


スカイライトチューブ

田舎の家に設置した「スカイライトチューブ」(太陽光を室内に導入する装置)の話題をNHK「あさイチ」で放送するそうです。
本日9:16分頃からだそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年1月 9日 (月)
成人の日

 50歳も差がある新成人に友だちもいないし、付き合いもないので、彼らの行動も思考も分からない。「贈る言葉」も見つからない。
 新聞は、何を書いているのだろうと社説を点検した。
 (朝日と毎日)
 両紙とも、2段に区切られた社説の下段での扱い。仕方なく書いている感じだ。
 若者の生態をしっかり理解しているとはとても思えない。
 「朝日新聞」
 見出し「尾崎豊を知っているか」
 20年前死んだロック歌手だ。大人や社会への不信を歌った。彼の反骨精神が多くの若者を奮い立たせた。
 現在の若者の7割が今の生活に満足しているそうだ。そんな若者に「もっと怒れ」と檄を飛ばす。
 20年前のとは社会状況は違う。なのに「怒れ」という。
 何に対して怒れと言っているのか、分からない。

 (毎日新聞)
 見出し「おおいに発言しよう」
 こちらは、石川啄木の作品を紹介して、現代にも通じると説く。時は明治時代。
 貧しさや孤独に苦しみながら希望を捨てず、でも、不安もかみしめていた。
 啄木の一節。
 「理想は“善”や“美”に対する空想ではない。“今日”を研究し“明日”の必要を発見すべきだ」
 この明治の思いは現代にも通じる。若者よ、発言しよう、と書く。

 両紙とも、尾崎豊と石川啄木を紹介して、新成人を励ましている。
 多分、筆者もボクと同じように、若者の実像が分からないから(勉強不足)何とか体裁を整え誤魔化しているな、と思える社説だ。

 「蛇足」
 語尾の曖昧さは不快だ。
 (毎日新聞・社説)
 「成人の日」を迎えた全国122万人の若者たちに心から、おめでとうと言いたい。

 「言いたい」という表現は、「言いたい」という気持ちはあるが、まだ「言っていない」状態。
 語尾の曖昧さは、我々の周りにあふれています。語尾を言い切らない。
 軟らかな表現、丁寧語のつもりかも知れないが、ボクは不快だ。
 新聞も毒されている、と文句を言いたくなりました。

【追記】
ネットで読んだ「東京新聞」の社説。感動しました。
朝日、毎日のお説教社説をはるかに凌駕しています。秀逸です。
http://bit.ly/xkBPQ3
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 8日 (日)
願い、祈り

Img_1847  Img_1848  Img_1851_2
ちょっと遅い“初詣”高幡不動尊。
日曜日、かなりの人出。境内は「願い」と「祈り」に満ちていた。
絵馬に書かれた願いは、圧倒的に合格祈願。人生の分岐点での願いだから、パワーがある。それがボクにも届き胸が痛くなる。
みんなが幸せになってほしいと願った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 7日 (土)
原発40年で廃炉

法制化を歓迎します。新しい原発は出来ないでしょうから、自然消滅が期待できます。
日本人は、窮地に追い込まれるとそれを克服する知恵を発揮します。新しい電力の開発と節電を考案するでしょう。

事故以来、推進派(電力業界、産業界そして原子力の研究者)の意見を聞いてきました。
欠落している視点は「人間の命」です。
故郷を追われ、食べものに恐怖を抱きながら生活しなければならない何十万人の人々の苦しみに、心が到達しないのです。専門性に走りすぎる結果です。
事業も研究も先鋭化しないと前に進まない面もありますが、すべての事業や研究は、人間の幸せのためにあるのです。
いくら安くて便利だからと言って、人間の幸せを奪っては本末転倒です。

細野豪志(原発相)は、山本モナとの関係を写真に撮られた事があります。
反省したのでしょうか、被害者の心情を理解し、がんばっていると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 6日 (金)
軍事費

「軍事費を削減しろ」
最近、誰も言わなくなりました。共産党ですら。国の財政が破綻するかも知れない瀬戸際になっても。
戦争には膨大な金がかかります。
二つも戦争(アフガン、イラク)をやってきたアメリカは、財政難から、軍事戦略を見直すそうです。
アメリカ追従の我が国でも、見習ったらどうか、と思います。
軍事費は「かもしれない」「そうなったらどうする」という恐怖の連想ゲームからどんどん膨らんでいきます。結果、国民の生活を置き去りにします。
「軍事費を語る政党」出でよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


お笑い警視庁(2)

(朝日新聞・天声人語)
「その男が大晦日の深夜、皇居お堀端にそびえる警視庁に赴く。ここまではサスペンス風だが、この先はコントになる」
逮捕された丸の内署では「ほら、背も高いでしょう」と半信半疑の署員を“説得”したそうだ。笑えます。

警察庁長官の談話が社会面にあります。(39面)
「対応として適切でなかったと言わざるをえない。今後こういうことのないように、基本にのっとって緊張感をもって職務にあたるよう指導を徹底したい」

初笑いは、もっと楽しいことで笑いたかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 5日 (木)
いただいた年賀状

一緒に働いた後輩たちが「あと〇〇年、がんばります」と何人も。
定年を迎えようとしているのです。
後輩たちへ言おう。
「怖がらなくてもいい。寂しがらなくてもいい。定年後が人生で一番楽しい」と。

森ミドリさん(音楽家)からもらった賀状をPRを兼ねて紹介します。
元旦に楽譜の出版をしたそうです。
ピアノ曲集「やさしくひけるチャーミング・クラシック」1巻 2巻 (カワイ出版)
易しく演奏できるようにシンプルに編曲したのだそうですが、基本の基本を求められる作業で、非常に大変だったそうです。
この作業の中で見つけた「シンプルにするための引き算」という概念は、未曾有の出来事の中で生きる自分たちにも大切な事ではないかと思った、と記されています。
人生を模索する時に役立つのでは、と思いました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)


iphoneのこと

Cover
iPhoneのカバーを買いました。裏側に電池が内蔵されていて、本体の電池切れのとき、4時間通話分の電気を供給するというものです。値段は8,000円から1,500円くらいの幅があります。ボクは一番安い1,500円台のものを買いました。(アマゾン)
外出時の安心料。

「LINE 」というアプリ(無料)をダウンロードしました。
無料で通話が出来るアプリです。スカイプの同じ原理だと思います。パケットで送るので、タイムラグが出ますが、便利です。チャットも簡単便利。
是非、使ってください。無料通話をやりましょう。

(注)使用実績が少ないのですが、3Gではうまくいかないような気がします。WiFiならバッチリ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


「私の好きな風景」更新

「世界それホント?会議」更新しました。
シリーズ「私の好きな風景」(2)
~ポーランドの墓地~
http://bit.ly/wUUmOT

| | コメント (0) | トラックバック (0)


鈍感「毎日新聞」

オウムの平田容疑者の出頭までの足取り(たらい回しされた様子)を3面でやっています。やっと今日。
警視庁と同じくらい鈍感だなぁ、と思いました。
1面の「余録」でも「日常性のバイアス」というキーワードで、警官や警察の鈍感さを指摘しています。
「日常性のバイアス」というのは、そんなことはない、たいしたことはない、という日常的な感覚のをとを言うのだそうです。
出頭した警視庁では、イタズラと思い、電話で応対した警官は、めんどくさい、と思い、たらい回しにした、これが「日常性のバイアス」というのだそうです。

因みに、彼の行動は、
1)大崎署(受付が2階にあって分からなかった)
2)情報提供窓口に10回電話したが繋がらなかった。(多分、面倒だから電話がつながらないようにしていたのでは?)
3)110番に電話。(本庁へ行けと言われた)
4)警視庁(イタズラと思われ、警察へ行けと追い払われた)
5)丸の内署(ここでやっと逮捕された)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 4日 (水)
朝日新聞を久しぶりに誉める

オウムの平田容疑者が都内に入ってから逮捕されるまでの行動を詳しく追っています。
昨日と今日、1面で。
こんなこと1面でやることか、と思われる読者もおられると思いますが、違います。
容疑者は、何回も警察にアクセスを試みますが、ことごとく失敗します。
見事に、警視庁の鈍感さ、緊張感のなさ、やる気のなさ、怠慢などを浮き彫りにしています。
見事です。
直接警視庁批判は、昨日の紙面で、警視庁の警備の機動隊員に門前払いを食わされて、丸の内警察署まで歩いて行く間に「逃亡の可能性があった」とだけ書きましたが、あとは、事実を積み重ねているだけです。
着眼点、記事の作り方、気に入りました。久しぶりに、いいぞ朝日、とつぶやきました。
この調子だと、今年も検挙率は下がるでしょう。目を覚ませ警視庁!


| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年1月 3日 (火)
反原発都民投票

街で見かけたら署名してください。
HPは下記です。
http://bit.ly/rpQmcA

| | コメント (0) | トラックバック (0)


お笑い警視庁

オウムの平田容疑者は警視庁に行きました。
警備の機動隊員に「平田信です。出頭してきました」と言ったら、機動隊員は、いたづらと思い「近くに警察署があるから」と門前払い。
もう一度「特別手配の平田です」と言ったが、聞き入れてもらえなかったそうです。
つかこうへいさんの芝居を見ているようで、笑いました。
つかこうへいさんなら、こんなセリフを書いたでしょう。
機動隊員
「ばかやろう!犯人なら犯人らしくしろ!もっとオドオドしてさぁ。服装もまともだし、顔だって犯人らしくない!捕まえて欲しかったら整形して犯人らしくなってから出直してこい!」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年1月 2日 (月)
ブログ回復

昨晩から期限切れ(?)で使用停止になっていました。今晩8:30分に回復しました。対応していただいたニフティのOさん、ありがとうございました。
なぜ期限切れが生じたのか不明です。

みなさま、年賀状ありがとうございました。
ボクの賀状を受け取られた方は、なんだこりゃ、と思われたでしょう。
印刷する時点で、「おめでとうございます」と書くことが、どうしても出来ず、反原発ソングのPR になりました。
みなさんからいただく賀状はすべて「明けましておめでとうございます」なので、へそ曲がりな自分をちょっと反省しています。
健康で充実した1年を送られますよう、お祈りしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 1日 (日)
オーストラリアのメジロ

Mejiro_2
「オーストラリアにもメジロがいます」とバードウオッチングでオーストラリアを旅をしているパリ在住の友人から写真が届きました。
(撮影場所・シドニー郊外)

旅の感想として、次のようなコメントが添えられていました。

いろいろあった昨年。どこに行っても日本人同士、今の日本に対して「日本人として恥ずかしい」という言い方を耳にしました。私自身は日本人であることに今でも、そしてこれからも誇りをもっていますが、これからは地球人として世の中を見ていこうかなと思ってます。
地球にとって、各国の国境など意味のないことだと感じるのは野鳥寄りの考え方かも知れませんが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »