« こんな事、やってみたい! | トップページ | 出版「千家再興」 »

2012年2月26日 (日)
言うだけ番長

前原政調会長が、産経新聞記者を会見場から追い出したという事件。
産経が16回も「言うだけ番長」という表現を使ったことに激怒したらしい。
人間、ホントのことを指摘されると腹が立つ。
腹立ち紛れにやったその行為が更なる前原批判を呼ぶ事になった。
政治家仲間ですら批判的だ。

問題なのは、他のメディアの対応。
「けしからん」と抗議の意思表示をすべきだ。
メディア側から前原の会見を拒否する、それくらいの抗議はすべきだ。
政治家は批判されることは当たり前、気にくわない事を書かれたらそのメディアを拒否する、それは民主主義の破滅だ。
報道の自由を守るためにメディアは団結して闘うべきだ。
日本のメディアの腰抜け振りが気にかかる。

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 言うだけ番長:

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。