« たぶせ桜まつり(写真集) | トップページ | 安全基準に適合? »

2012年4月 9日 (月)
椎茸栽培

Siitake_2原木椎茸を裏山で栽培しています。といっても、放置してあるだけですが、食料には十分な量が採れます。
この写真の椎茸は、原木ではなく菌床椎茸です。出荷できない不揃いを山ほどもらいました。
もったいないなぁと思います。大きさを揃えるため間引くのだそうです。競り合って育つとゆがんだ椎茸になるからです。
ミカンも魚も市場に出せないものがあるのを知りました。
椎茸も同じでした。
ボクは出荷しないので、気づきませんでした。

「アンネのバラ」
Rose_2このブログで、植えたとき紹介しましたが、順調に芽を出しています。花は無理だと思います。挿し木で増やすから枝が欲しい、と注文がありました。


|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505418/54431397

この記事へのトラックバック一覧です: 椎茸栽培:

コメント

不揃いの椎茸は切って佃煮にして、瓶詰めかなんかで売れないものでしょうかね?コストがかかり過ぎるでしょうか?
量り売りじゃ駄目ですかね?
見栄えなんかどうでもいいから椎茸ほしいです。採りに行きたいくらいです。野菜の高騰と魚の種類のなさに悲鳴を挙げています。当地では筍もふきのとうもセシウムのせいで、地元の新鮮なものが口に入りません、無念です。
昨日成田に行きましたが、ウナギも超高値でとうてい食べられません。で、食べたのは赤ん坊の顔くらいあるジャンボコロッケと赤身のマグロのブツの山かけでした。980円也(笑)
うちのつるばらは酷暑で枯れました・・・恨めしいです。

投稿: Sally | 2012年4月 9日 (月) 21時42分

不揃いはどう処理しているのか聞き忘れました。不揃いでも出荷すれば買う人がいますよね。

投稿: ねこ屋亭主 | 2012年4月 9日 (月) 22時36分

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。