« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

2012年6月30日 (土)
東京へ到着

夕方7時頃に自宅へ帰りました。立川で髪を切りに美容院へ寄りました。
こまごました雑用をこなしていたら睡魔に襲われ寝込みました。
シャワーを浴びて、もうひと頑張り。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


東京へ

ピーカンの夏日だった昨日、一転、今朝は雨。
東京へ戻ります。5日まで。
民放連賞の番組審査(中四国地区)を引き受けたのが主な仕事です。(2,3日)
3ヶ月の一度の仲間の集まりも、この間に設定してもらいました。

ネコと親しくなると、別れるときが気がかりです。
昨日から「しばらくいないからな」と言い続けていますが、ボクの気休めに過ぎません。
カリカリフードを多めに置いていきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月29日 (金)
本屋のない町

田布施町(人口1万6千人)には本屋がありません。
夕方、森ミドリさんからメールがきました。

今発売中の「週刊朝日」7月6日号、
102ページをご覧くださいね。
(昔のことは)片目瞑って、話半分で…。

コンビニに週刊誌はありますが、新聞社系の週刊誌は扱っていません。
こんなとき、イライライします。

明日東京へ向かうので、新幹線での楽しみにします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


Ust中継(ローソクまつり)

Test_28月5日の「ローソクまつり」をUstで中継ができないだろうかという提案があったのですが、現場まで光ケーブルが来ていないので無理かなぁ、と思っていました。
ひょっとして、ボクが持っているイーモバイルが通じるかも知れないと思い、現場へテストにきました。
なんと、通じるではありませんか。イーモバイル、お前はエライ、とつぶやきました。だいたい大都市しか通じなかったのです。
光より速度は遅くなりますが、なんとか中継が出来そうです。
準備して告知しますので、見てください。
夕暮れの田布施川にて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


表現の自由とニコン

元従軍慰安婦をテーマにした写真展が新宿のニコンサロンで始まっている。(7月9日まで)
韓国人の写真家の写真展だ。
ニコンが会場使用許可を取り消して裁判になった。
理由は「政治性が強く、政治活動の一環であり、写真文化に寄与しない」というものだ。
裁判所の決定は、「写真展が政治性を有し、あるいは政治活動としての意味を有するものであるとしても、それは、写真文化の向上という目的と併存し得るものである」とし、予定通り会場を使用させるよう命じた。

写真展が公表されてから、ニコンは、多分、右翼の抗議を受けたのでしょう。これにビビって中止を言い渡したのだと思います。
ニコンに問う。御社のカメラは、政治性のある事象は撮影してはダメなのか?
カメラは「表現の自由」に守られて、歴史を切り取ってきたのだ。
「政治性」を否定することは、「カメラの存在」を否定するとこだ。
カメラメーカーが「表現の自由」を否定する行動をするのは納得が出来ない。
抗議はカメラの販売に悪影響を与えると考えたのだろうが、「表現の自由」の抑圧の方がもっと、深刻なダメージを与える。
この浅はかな行為は、ニコンへの信頼を深く傷つけた。
ボクはニコンのD300を使っている。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年6月28日 (木)
ボクの離党勧告

さっさと、潔く離党すればいいじゃないかと思います。
民主党が分裂しないでほしいと思っている人は、そんなにはいないでしょう。
バラバラになって空中分解してしまえ、と思います。
小沢一派が残って、またぞろ党内対立で時間と税金を使う馬鹿馬鹿しさは、もううんざりです。
総選挙をやって民意を聴け。
どれだけの人が、あなたたちを再任するだろうか、真摯にその結果に従ってほしい。


| | コメント (0) | トラックバック (0)


社長の決断

NTTの社長が朝日新聞のインタビューに応じて「アップルに依存しないでチャレンジする」と答えています。NTTもiPhoneを扱うのではという噂に答えたものです。
毎月10万人単位のNTTユーザーがauやsoftbankのiPhoneへ逃げ出しているそうです。
この社長の発言は、とても“やせ我慢”に聞こえます。
他社に依存しないという大手の“誇り”でしょうか。

キリンビールの事を思い出します。
アサヒが“生”を発売して売り上げを伸ばし始めた頃、社長は言いました。
「生は一時の流行です。ビールは必ずラガーに戻ります。慌てることはありません」と。
当時キリンは64%くらいのシェアを持っていました。
その誇りが決断を誤らせたのです。

当時、ボクの番組のスポンサーがキリンビールでした。
その後、売り上げが落ち、シェアを減らしていきます。スポンサーも降りることになりました。
なので、当時のことをよく覚えています。

「社長の決断」には企業の命運がかかります。
NTTがキリンビールにならないことを祈ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


動物たち

Flog  Socks_2
田舎にいると、植物も面白いですが、動物たちも面白いです。
今朝、キッチンのドアにアオガエルがへばりついていました。なぜ、なにを求めてやって来たのかわかりませんが、「こんな所にいると死んじゃうぞ」と外へ移動してやりました。
(ピンボケですみません)
右は、食後のソックスです。


| | コメント (2) | トラックバック (0)


上関原発は必要不可欠(中国電力)

昨日の中国電力の株主総会。
「上関原発建設計画は撤回すべきだ」という株主の主張に対して、「必要不可欠、安全第一に進めたい」と答えたそうです。

中国電力の寄付によって出来た温泉施設「鳩子の湯」へ行ったことは書きました。
車の距離計で片道 20 キロでしたから、直線距離にすれば15キロでしょう。
事故が起きたら、避難しなければなりません。想像するだけでも、寒気がします。
原発絶対反対です。

全国の電力会社で株主総会が開かれました。
原発反対の株主提案は、ことごとく否決されました。
しかし、この反原発の声には勇気づけられます。大きなうねりになって、いつか、日本を原発から離脱させる力になると信じます。

山口県知事選挙がまもなく始まります。(7月29日投票)
反原発の知事が誕生することを願っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月27日 (水)
曇り小雨

パラパラと小雨が降っていましたが、怠けていてはいかんと、農園で仕事をしました。
農園にいると、やらなければならないことが必ず見つかります。そして疲れました。
あじさいが色を増してきました。右はネムです。
ソックスはキッチンの入り口へ朝からへばりついています。
ボクの姿を見るとエサをくれ、と鳴きます。うるさいです。

Ajisai  Nemu

床下の動物は、狸ではなさそう。
蚊取り線香での追い出し作戦が効果あり、逃げ出して、今度は天井を走り回っています。
これは、イタチですね。狸が天井を走り回ることはないから。
都会育ちの人は、怖くて震え上がるでしょう。得体の知れない動物がごそごそ身近に出没するのですから。
正体がイメージできないと不気味です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年6月26日 (火)
深夜ネコ

Socks_2夜11時、やって来てエサを食べています。
「どこへ行っていた?」
「ニャー」

| | コメント (0) | トラックバック (0)


何の魅力もない民主党

さっさと離党するがいい
処分は最も厳しくするがいい

理念はお飾り
状況判断で物事を決めるまる生ぬるさ、こずるさ

解体して雲散霧消するがいい
それが一番すっきりする
もう、民主党に何の魅力も感じない


| | コメント (0) | トラックバック (0)


風景と命

「長寿」を語るとき、すぐ「食べ物」の話に結びつきます。確かに食べ物は、大いに関係があるでしょう。
しかし、ボクは「長寿」と「風景」が関係あるのではないかと思っています。
例えばコーカサス、あの雄大な風景を見て暮らせば、精神は安定しストレスは解消されると。
「長寿と風景」の関係を研究する学者がなぜいないのか、不思議です。
「風景が人間に与える心理的影響」
残された面白いテーマです。興味を抱く学者、いませんか?

東京の新聞には出ていないかも知れないので、紹介します。(朝日新聞・西部本社版 35面)
「崖の上のポニョ」の舞台に使われて注目を集めている広島県福山市の景勝地「鞆の浦(とものうら)」の開発計画が、県知事により撤回されました。
埋め立てと架橋計画があり、30 年間論争が続いていましたが「景観」が勝利しました。

結果には満足しますが、理由が「経済的側面」だけなのが不満です。
曰く、「風景を観光資源として残すことは重要」
曰く、「景観を不可逆的に改変し、観光面で中長期的にマイナス」

「人間の命にとってかけがえのない風景」という文言が出ないのは、「風景と命」の関係の研究が進んでいなくて、「論」として提示できないのです。
抜け落ちた重要な研究テーマです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年6月25日 (月)
Marshall Museum Japan(アンプ博物館)

「マーシャル」というのは、イギリスのギターアンプ製造メーカーです。
田布施町在住の竹谷和彦さん(元郵便局員・もちろん優秀なギターリストでもあります。)が趣味で集めたアンプ100台を展示した博物館が隣町の柳井に出来ました。
「よくもこれほど」と思います。
オープンには、本社から社長がきたという話です。
午前中、雨模様で農作業が出来ないので、行ってきました。
Marshall1_2  Marshall2_2  Marshall3


| | コメント (0) | トラックバック (0)


ネコ(ソックス)現れる

Socks1_2  Socks2_2
キッチンの外で、大声でアピールしていました。朝7:00 
雨に濡れていました。少し体重が落ちたような気がしますが、元気はいいです。
食べたら、どこかへ行きました。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年6月24日 (日)
雨の日曜日

朝から雨です。かなり強く降っています。
早朝、仲間3名と祭りの後片付けをしました。
その後することがないので、温泉へ行ってきました。

床下に狸がいます。ずいぶん前から住みついているようで、うるさいので、蚊取り線香を焚いて、追い出し作戦をやっていますが、効果あるか?

蚊取り線香を一巻き焚きましたが、まだタヌキはごそごそやっています。
また明日続きをやります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月23日 (土)
キャンドルナイト写真集

Candle1_2 Candle2_2 Candle3_2 Candle4_2 Candle5_2 Candle6_2 Candle7_2 Candle8_2 Candle9_2 Candleex1_2 Candle10_2 Candleex2_2 Candle11_2 Candle12_2 Candleex_2


| | コメント (2) | トラックバック (0)


デモの参加人数

昨晩、首相官邸前でデモがありました。「大飯原発再稼働反対」
毎週金曜日にやってのだそうですが、だんだん規模が大きくなっています。
昨晩の参加者人数:
主催者発表:45,000人
警視庁発表:11,000人

なぜこんなに差があるのか、いつも不思議です。メーデーなど政治的色合いの強いデモや集会は、差がありすぎます。
メディアは、両者の発表をそのまま記事にするだけです。
「これだけの差はおかしい」と思わないのでしょうか?
「おかしい」と思ったら、独自でカウントして発表すればいいのです。
多分、警視庁に遠慮があるのだと思います。公権力の発表が正しい、と思っているか、盾突くと今後の取材がやりにくくなる、と思っているのではないでしょうか?
こんなべらぼうな差は、放置できない差です。どちらかがデタラメを言っているのです。

【追記】
東京新聞は警視庁発表を記事にしていない。
(主催者発表のみ)
http://bit.ly/LoybLQ

ネットでは、このデモは10万人規模になるだろう、チュニジアから始まった「アラブの春」と同じようにSNSの力により、国を動かす可能性がある、との書き込み多数。
それが怖いので警視庁は、発表人数を調整しているのかも知れませんね。
ますます、独自のカウントが必要です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)


キャンドルナイト

「100万人のキャンドルナイト」は世界的なイベントです。2003年から。
電気を消してローソクで過ごそう、という「スローライフ運動」です。
ボクらは「和ロウソク」を作っていることもあり、精神性も通じるモノがあるので、数年前から参加しています。
今晩、田布施川でやります。18:00から。
ロウソクで作る絵文字、LED電球で出現させるナイヤガラの滝、その他、音楽イベントなど、楽しいひとときを一緒に過ごしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月22日 (金)
「ビビ」梅雨バージョン

Bibi_2紀伊國屋書店国分寺店の飾り付けです。
季節ごとに工夫されて、ビビはいつも嬉しそうにしています。
ボクには分かります。
(写真:徳田純一さん)


| | コメント (0) | トラックバック (0)


美女3名

Bijyo_2ブルーベリーの摘み取りをお願いした美女3名が打ち合わせに。
7月10日ころから本格的になると思います。


豊橋市西羽田町にある洋菓子店「マダム・ガレット」(川島誉子さん経営)のタルト。
大きさも甘みも十分、と連絡あり。よかった。
Cake_2


| | コメント (2) | トラックバック (0)


台風4号の被害(立川の自宅)

Taifuu1_2  Taifuu2_2
庭のしだれ桜が折れたという。
業者に頼んだら、クレーン車の出動となったらしい。
留守をしているので、仕方がない。


| | コメント (0) | トラックバック (0)


メディアの劣化

政局のどさくさに紛れて「原子力基本法」が改正されたそうです。
「我が国の安全保障に資する」という文言が入れられ、核兵器製造への道を開いたと批判されています。
「どさくさに紛れて」「こっそりと」「ろくに審議もしないで」など、メディアが批判します。
批判するメディアは、一体何をしていたのだ、と怒ります。成立してから批判しても遅いのです。
事前に察知して国民に知らせ問題化するのがメディアの重要な仕事です。
自分たち(メディア)も政局のどさくさに心を奪われ、見落としていたのではないか。
事前に報道しないで、成立してから、批判するメディアよ、一番批判されるべきは、君たちなのだ。
「次の国会で削除すべきである」(朝日社説)
なにを間抜けな事を言っているのだと呆れます。
「つい、ウッカリしていました」と言っているのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月21日 (木)
鳩子の湯(上関海峡温泉)

台風5号は消滅しましたが、雨は降っています。
午前中はエアコンの掃除を依頼していたので、付き合いました。
午後から、先日休館日だった「鳩子の湯」へ再度行きました。
さすがに、よく出来た温泉施設です。ケバさがなく素朴です。
浴槽が4つあります。海峡が目の前に見え、通過する船が見えます。
この近辺では、一番の温泉施設です。

Hatoko1_2  Hatoko2  Hatoko3_2  Hatoko4_2  Hatoko5_2  Hatoko6_2

建設費9億5千万円は、中国電力の寄付です。
「原発は安全」
では、なぜこんな高額の寄付をするのでしょう。
安全ではない事が分かっているから寄付をするのです。住民の命にダメージを与える可能性があります、生活の基盤を奪うかも知れません、だから、お金を差しあげます、と言っているのです。
上関の皆さん、福島の、村を追い出された人々の悲しみを想像してください。
これ以上、中国電力からお金をもらわないでください。命と故郷を中電に差しだしていることなのですから。

(参考)
「上関原発予定地」は海峡を渡った長島という島にあります。「田ノ浦」という海岸です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


原監督(巨人)と暴力団

ポスターは記憶に残っています。暴力団追放運動のポスターです。
原監督の上半身の写真があり「暴力団に金を出さない」の文言。

女性問題で暴力団(巨人軍は暴力団ではないと言っている)にゆすられ1億円支払ったと週刊文春の記事。
「暴力団へ金を出さない」という暴力団追放キャンペーンのポスターの出演料(同額かどうかは不明)がそのまま暴力団へ支払われたという皮肉な構図の事件だ。(暴力団への支払時期とポスター出演の時期のズレはありますが構図としては正解です。)
笑いました。(笑1)
まだ他にも笑いがいっぱい。
笑2)
原監督の昨日のコメント。
「正しく報道していただきたい。隠そうなんて気持ちもない」
いままで、隠して来たじゃないの。こんな大事件をなぜ隠したのですか?

笑3)これをバラしたとされる元巨人軍・清武氏へのメッセージ。
「巨人軍の選手、OB、関係者を傷つける報道が相次いでいます。こんなことがなぜ続くのか。清武さんのほかに、いったいだれがいるのか」
「巨人軍の一員だったことを誇りとして、これからを歩んでください。まだ間に合います」
自分の不祥事をばらされて、ばらした人物を非難し説教するのも、笑えます。
最後の1行は、原監督へそのままお返しします、と言われそうですね。

【参考までに】原監督が発表したメッセージ

ファンの皆様へ

 1988年ごろ、私はある女性と関係を持ちました。女性とはまもなく連絡を断ちましたが、それから約18年後、監督に復帰して1年目の2006年8月、プロ野球と関係ある人物から電話があり、「あなたの女性問題に関する日記がある。公になれば球界は大変なことになる。表に出ないよう私に任せてほしい」と言われました。

 ゆすられていると思い、不安を感じた一方、私を助けてくれるのだとも解釈し、要求された現金を渡しました。悩んで悩んで悩み抜いての苦渋の選択でした。私の個人マネジャーとは「これで終わりにならない時には球団に相談し、警察に届け出よう」と話し合いました。

 その後、動きはありませんでしたが、2009年、別の男から球団に電話があり、「女性問題のことを書いた日記が監督の手に渡ったはずだ。それを返してほしい」ということでした。私は球団にすべてを打ち明けました。妻にもすぐに告白しました。一番傷つけてしまうのは妻だと思ったからでした。

 電話をしてきた男は逮捕され、有罪になったと聞きました。私は一連のことが明らかになった時は、誤解を招かないためにも、自分の言葉で釈明しようと考えてきました。自ら心境をつづって、けじめをつけたいと思ってきました。

 私個人の不徳の致すところであり、浅はかなことをしたと思っています。たくさんの選手を指導するプロ野球の監督という立場にある人間として、深く反省しています。ファンの皆様、大変申し訳ありませんでした。


 読売巨人軍 原辰徳

【スキャンダル】
テレビ番組を作ってきたから、大小いろいろなスキャンダルを取材しました。
積極的に語りたくはないテーマですが、人に打撃を与え、信用を落とし、本人にやる気を失わせるのに、一番効果があるのがスキャンダルです。
選挙などでも利用される手法。
信用や人気の維持には、強い抑制力が必要です。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月20日 (水)
晴天

天気になると大忙し。
洗濯、ゴミ出し、朝食、新聞を読む、豊橋のケーキ屋さんが、ブルーベリーが欲しいと連絡をくれたので、早生を少し収穫して発送。小粒なので、使えたかどうか?

お昼は、我らが仲間、田中克美さん経営のうどん屋「克本店」へ。
隣のおばちゃん(80歳)を誘ったら、行くというので、二人で出かけた。外出が嬉しかったらしい。誘ってあげてよかった。
Noodle_2
こんなうどんはない、というほど、美味い。
鯛飯が新作。これもGoodでした。

午後は肥料の購入と草刈り。
肥料やりは一人でやるから2日かかる。
明日は雨らしい。

アジサイが咲き始めた。
Ajisai


| | コメント (0) | トラックバック (0)


禁酒令(福岡市)

福岡市役所の職員に、外で酒を飲むなという「禁酒令」が出されているそうです。
市長の発案。
職員による飲酒運転による事故が後を絶たないからの措置だそうです。
(1ヶ月間限定)

え?ホント?と思いました。子供じみています。
基本的人権の問題です。
市長は言います。「公務外も看板を背負っている」と。
税金で雇われている奉仕者だといっても、普通の人と同じように生活する権利はあります。
市長に、24時間職員の行動をコントロールする権利はありません。
1ヶ月の禁酒令で飲酒運転が減ると思う短絡さが気になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月19日 (火)
田舎雑感

Rose_2一度咲き終わった「アンネのバラ」に新芽がでて、再度開花しました。次々と咲きます。余りに花芽が多いので、芽欠きをしました。


Kyabetsu_2隣のおばちゃんからもらったキャベツ。あまりの大きさに笑いました。はち切れています。どうして食べよう、と悩みましたが、今晩は「コールスロー」を作りました。CookPad(レシピーサイト)を覗いたら、「寿司酢」を使うと簡単とありました。
なるほど、と感心し、その通りに作りました。
最高の「コールスロー」が出来ました。

ネットで、野菜ジュースを牛乳で割って飲むのが美味しい、との書き込みを見つけ、やってみました。
「野菜ジュースラテ」
いけます。お試しください。

台風4号は、雨だけで、被害もなく通過しました。

午後は、東京から宿題(仕事)が来たので、頑張りました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)


鳩子の湯(上関海峡温泉)

台風4号で、朝から雨。農作業が出来ないので「上関海峡温泉・鳩子の湯」へ出かけました。
一度行ってみたいと思っていました。しかし「本日休館」。なんと間が悪いことか・・。

Spa_2

上関は原発予定地です。
この温泉は、中国電力の寄付で作られました。
建設費9億5千万円。

原発に翻弄された上関町は、大きな負の遺産を残したと思います。
入浴料600円。財政に寄与するとは思えず、赤字補填が続くと思います。

再度、挑戦します。


| | コメント (0) | トラックバック (0)


若者よ、田布施に来んかね〜

大都市に住んでいる若者を求めています。
「地域おこし協力隊」として、町おこしに協力してもらいます。
年間350万円の活動費(3年間)が支給されます。
住まいは、田舎ですから、安いところが見つかるでしょう。(放置された民家などもあるようです)
大都市から住民票を移すことが条件です。
この事業は総務省の支援で行われます。
希望者は、ボクが取り次ぎますので、ご連絡を!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月18日 (月)
タコ

先日、田舎のスーパーにスペイン産のタコがあったので、買ってみました。輸入は、ほとんどモーリタニアですが、スペインとは珍しい、と好奇心がうずきました。
食べました。モーリタニア産よりもっとダメです。ほとんど棄てました。

腹いせに、瀬戸内海産(室積産)の生のタコを買いました。
Tako_2
柔らか煮を作りましたが、いつものように柔らかくなりませんでした。タコが大きすぎたためだと思います。
ガシガシ噛んで食べています。美味しいです。
タコは、瀬戸内海に限ります。
モーリタニアもスペインも太刀打ちできません。

| | コメント (1) | トラックバック (0)


安さには問題がある(輸送)

ブルーベリーを発送する段ボールを埼玉県のメーカーに頼みました。(毎年同じメーカー)
「運賃が少し安いので、西濃運輸で送ります。17日に着きます」
昨日来なかったので、今朝、電話しました。
分かったことは、以下の通りです。
西濃運輸は自社のネットワークがないので、下請けに出しているのです。その下請けも、また下請け(孫請け)に出しているのです。
西濃運輸→柳井海運(ボクの隣町)→田布施町(ボクの住所)の誰か、多分個人だと思う→ボクの家へ。
「多分個人」は日曜日には働かないことが判明しました。

ボクに届くまでに業者が2つ入っています。
「少し安い」が、こんな結果になりました。
段ボールだからよかったですが、生ものだったら問題です。
積み替えるときに傷む、日数が延びて傷む。
「安さ」には問題があります。
参考にして下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


脅しの連鎖(原発稼働)

朝日新聞「原発列島ニッポン・大飯再稼働」

産業界が首長を脅した経緯が書かれています。
関西経済連合会が大阪府庁と市長に、
「火力発電に余裕はなく、この夏は乗り切れない、原発を動かす以外にないと」
橋下市長が「容認」に動いた。
滋賀県の嘉田知事は「ガラスや半導体の業界から、死活問題だと毎日のように意見をもらった。ぎりぎりに判断だった」と。
銀行は、原発を持つ電力会社に無言の圧力をかける。
「原発を再稼働させ、経営を安定させろ」と。
原発を資産に持つ電力会社は、再稼働がなければ、赤字がふくらみ、債務超過に陥るという。

このような産業界の「脅し」に野田総理は、ついに、国民を脅した。
「原発の再稼働がなければ、あなたたちの命は守れませんよ」と。
「再稼働」は、産業界を守るために「脅し」を使って実行されたことが明らかにされています。

「脅し」に屈しない論理(電力は足りる)が立ちあがらないもどかしさを、国民みんなが感じています。
電力が会社が独占企業で、データのすべてを囲い込んでいる結果です。
構造に問題があることも明らかになってきました。
メスを入れられる政治家の登場を期待します。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月17日 (日)
祭りの準備(2)

8月5日が「ろうそくまつり」
そのプレイベントとして6月23日(今週土曜日)に「キャンドルナイト」を催します。
そのテストをやりました。
LED 電球を水に沈め、上から滝のように水を落下させます。
ご覧のような景色になります。本番では、これが6本並びます。(色違い)

Test1_2  Test2_2  Test3_2  Test4_2  Test5_2


| | コメント (0) | トラックバック (0)


新聞の販売競争

Newspaper_2今朝の新聞に入ってた折り込み広告です。契約時に提供する景品を自粛するという事のようです。
ボクは滞在中だけ、販売店に電話して配達を依頼するので、エスカレートする販売競争を知りませんが、こんな経験があります。
オヤジが94歳で死んだとき、新聞が3年契約してありました。契約の破棄を申し入れたとき「すでに、9千円分の商品券を渡してあるし、契約の破棄はできません」と言われて大喧嘩しました。
94歳の老人に3年契約も非常識だし、死んで誰もいない家に3年間も新聞を配達し続けるというのも非常識です。
今朝の折り込みは、商品券や洗剤などの商品を渡して、契約を縛る商法を控えるという反省の広告のようです。
新聞よ、人の批判ばかりしないで、自らを正せよ、ですね。


| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012年6月16日 (土)
祭りの準備

恒例の「ハゼろうまつり」(8月5日)の準備をしました。
会員7名が集合。川岸に灯すロウソク2千個を作っています。
Candol1_2
激しい雨が降っています。
(山口県田布施町)

【参考】
たぶせハゼの実ろうそく物語
http://www7.plala.or.jp/LOG/hazestory.top.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月15日 (金)
私信の公開と公共性

「週間文春」を読みました。
小澤和子さん(小沢一郎の妻)が岩手の支持者に宛てた私信を公開しています。
内容は「愛人」「隠し子」「放射能が怖くて逃げ回った」など、離婚を決意した理由が述べられています。常識ある人間の行動・言動ではありません。政治家である前に人間失格だなと思いました。

 私信の無断公開は、明らかに法律違反です。通信の秘密、プライバシーなど、基本的人権に関わる法律違反です。
 ただし、この私信が公共性を有する場合には、公共性が優先されて、プライバシーが制限される場合があります。
 文春は、公共性があると判断したと記述しています。
 「大げさに言えば、後に平成の政治を振り返る上でも、極めて重要な意味を持つ一級の資料である」

 「愛人」や「隠し子」が一級の資料ではない。
 強いて言えば、「放射能が怖くて逃げ回った。怖くて選挙区である岩手にいかなかった」ことだろう。
 これとて、通信の秘密を制限するだけの公共性があるとは思えない。

 文春は、相当、私信の公開に後ろめたさがあったらしい。
 言い訳がなんともオーバーだ。
 いくら理屈をこねても、これは単なるスキャンダルだ。一級の資料などではない。
 ただし、小澤夫人は、同じ文面の手紙を10名くらいの支持者に送っているというから、「広く知らしめたい」意志があったと思われる。
 文春の公開は「渡りに船」だったのではないだろうか。
 よって、この私信の公開は、だれからもクレームはないと思われる。
 もちろん、小沢一郎本人は、黙殺するでしょう。騒げばどんどん火は燃え広がるからです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


大飯原発再起動

一連の儀式(茶番劇)が終わり、おおい町の町長が再起動を容認しました。
これで、政府が再起動を決めます。
国民の意志の反対ばかりをする政府って、なんなんだ、と思います。
これで、万が一事故が起きたら、誰がどう責任をとるのでしょうか。

総理も県知事も町長も「安全対策が確認できた」と言います。
今月号の「文藝春秋」にこんな記事があります。
「再稼働原発がテロに制圧される日」(伊藤祐靖)
ストレステストのチェック項目に「テロ対策」は一切ないのだそうです。
テロリストが侵入して、原子炉本体ではないにしろ、電源関連など狙われたら、その対策はゼロだそうです。何をするか分からない国が近くにあります。想定外ではないと思います。

オスプレイだって、「安全」だからと、普天間に押しつけようとしている。
「安全」ではなかったではないか。
「安全」とい言い続けた誰が、どう責任を取るのだ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年6月14日 (木)
ラジオ出演(金子和男さん、山口県限定)

「レストラン・エピス金子」のオーナーシェフ・金子和男さんがKRY (山口放送)のラジオに出演します。
あす、15日、午前9:40分頃から。電話で、生出演。
「東京で活躍する山口県人」

| | コメント (0) | トラックバック (0)


妻からの離縁状(小沢一郎)

インチキ政治家だったことが、妻から暴かれています。
http://shukan.bunshun.jp/articles/-/1442

「先生、先生」と、小沢一郎を尊敬してきた1年生議員諸君、引き続き「先生、先生」となつきますか?
諸君の意見を聞きたいとみんなが思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


名人戦(将棋)

Moriuchi
嬉しいニュース。朝日1面。(北九州市のホテルが会場だったので、記事の扱いが大きい)
森内俊之くんが羽生善治を破って、名人位を防衛しました。

森内くんとは、手品の仲間だったことは書きました。
おとなしい内気な青年で、ボクたちは、悪口を言っていました。
結婚は出来ないよな、内気すぎて、と。
心配は無用でした。すばらしい女性(学習院の先生)に巡り会い結婚し子どもが出来ました。
強くなったのは、結婚してからでした。
後世に名を残す棋士になって欲しいと願います。
森内くん、おめでとう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月13日 (水)
ライラック

Tree_2農園の岸で育てていたライラックがご覧のように切り倒されていました。
部落の人が、クリーン作戦(道路の清掃)の時、雑木だと思って、親切に、切ってくれたのだと思います。
ちょと淋しかったけど、留守をしているのだから、仕方がない。
名前を書いて札をぶら下げました。


| | コメント (1) | トラックバック (0)


茶番劇

東京都が尖閣列島を購入する計画に対して、領有権を主張する中国が「茶番劇は止めろ」と批判していることは先日書きました。
「茶番劇」とは、
楽屋でお茶くみをする役者の卵たちが演じる、筋が見え透いた下手な芝居。

いま最大の茶番劇は「大飯原発再稼働劇」です。
福井県知事の呼びかけに応じて、首相が、福井県への感謝と、国民の命を守る決意を発表しました。
これに呼応して、知事は、原発を視察し、安全が確認できた、と宣言しました。
すべてが見え透いた下手な芝居「茶番劇」です。
「天声人語」は相撲の八百長に見立てています。面白いです。

コラムニストの天野祐吉さんは「CM天気図」で、大飯原発再起動は、恐怖をアピールして、モノを買わせる「恐怖のCM」だと言っています。
これを受け入れないと地獄が待っているぞ、と人を脅す広告を、野田総理はやっているのだと。
これも面白い。


| | コメント (0) | トラックバック (1)

2012年6月12日 (火)
ブルーベリー

Bb_2早生がこんな調子です。早生は数本しかなく、自家用です。
今日は、小雨が一日中降っていました。明日は、天気だそうです。
「梅」を送れ、と東京の友だちから。
梅もぎをします。


| | コメント (4) | トラックバック (0)


新聞の作り方(山口県)

朝日新聞1面
多分、東京の1面にはないだろうと思われる記事。
地域で関心の高い話題が並ぶ。

「脱原発 飯田氏出馬へ」〜山口知事選 橋本氏のブレーン〜

「いざ、天王山」
将棋の名人戦を戦う森内俊之さんと羽生善治さんがカラー写真で。(前夜祭・北九州市)

「オスプレイ駐機 国、岩国市へ要請」

【その他の記事から】
東京都の尖閣列島購入問題で、中国外務省が「茶番はやめろ」と日本に申し入れたという記事があります。
「茶番」という言葉は、日本で生まれた言葉なので、中国語でどういう表現だったのか、知りたいと思いました。
【茶番】楽屋でお茶を入れる担当(茶番)の役者の卵がやる、筋が見え透いた下手な芝居。

民主党議員が「再稼働止めろ」と街頭演説。
民主党内で119名の署名が集まっているそうだ。
争点になってほしい。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年6月11日 (月)
国論を二分

NHKを初めメディアの表現。
「国論を二分している大飯原発の再起動問題」
違うでしょう。二分ではないでしょう。
「ほとんどの人が反対している大飯原発の再起動問題」
これが正しい表現です。

みんな野田総理の顔を見るのがイヤになっているらしく、言いたい放題。(ネット)
「ブタやろう」
「デブ」
「野田め」
「野田は原子力ムラの一員」
これほど罵倒された総理はいなかった。

きょう、解散に言及した。消費税法案が通らなかった場合。
そうだ、早く解散しろ。国民は待っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


田舎の風景

午後3時頃に到着しました。
隣のおばちゃんが、ボクの帰りをやきもきしながら待っていました。
農園の仕事を今年からボクが自分でやることになったので、心配していたのです。
お陰様で、いろいろな人から、お手伝いの声を掛けていただき、感謝しています。
ぼつぼつやります。

Bb2_2  Bb1_2  Bb3

青い実はブルーベリー、白い花は山法師(やまぼうし)。


| | コメント (1) | トラックバック (0)


田舎へ移動

今日は、飛行機で。
期限切れ寸前のマイレッジがあったので。
これから羽田へ行きます。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年6月10日 (日)
一人笑い

絵本作り。
「ビビのアフリカ旅行」
ネコがアフリカ大陸を旅をするお話。
少し書いては休み、また休みで、なかなか進まない。

砂漠で一日、水にありつけなかったビビが、ラクダのおっぱいにぶら下がって乳を飲むシーンを思いついた。
休んで考えていた。
そうだ、ラクダの乳頭はネコの口には大きすぎて入らないだろう、観察したことはないけど、多分無理だ、変更しよう、羊ならいいだろう、ははは・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)


山口県知事選

現職の二井関成さんが引退、飯田哲也さんが立候補の意向という。これは面白い!
(投票権がないのが残念)
飯田さんは、山口県周南市出身で、京都大大学院工学研究科修了。原子力発電所に関わる企業や機関の閉鎖性を表す「原子力ムラ」の名付け親。橋下徹・大阪市長のブレーン。政府の「総合資源エネルギー調査会・基本問題委員会」の委員。
自民・公明推薦の山本繁太郎さんが早くから候補として取りざたされていましたが、これで面白くなりました。山本さんは、元国土交通省局長。前回の選挙で、民主党の平岡秀夫さんと争い、僅差で負けました。また負けるのでは?(いや、失礼)。
飯田さんが知事になったら、山口県は確実に面白くなります。
投票は7月29日。

| | コメント (0) | トラックバック (1)


「お通し」はダダではない

飲食店に行くと、必ず「お通し」が出てきます。(関西では「つきだし」という)
ボクは、これは店のサービスでタダだと思っていました。だって、頼んでいないのですから。
今朝の朝日新聞の記事(35面)を読んでビックリしました。
200円から 500円程度の価格で、店の重要な収益源なのだそうです。
「頼んでもいないのに」です。
「お通し」製造業者がいて、冷凍されているのを、解凍して客に出すのだそうです。
もちろん、丁寧な店は自家製です。

注文しないのに勝手に出てきてお金を取られるというのは、理不尽です。
反省して止める店も出ているとか。
知らなかったなぁ、と、今朝のビックリでした。

【参考】
「お通し」の意味。
注文を帳場に「通しましたよ」という意味だそうです。注文を了解したという印。
「突き出し」
客の注文ナシに、勝手に「突き出す」からだとか。(?)

| | コメント (0) | トラックバック (0)


「住民の安全顧みず」(国会事故調)

国会事故調が、国民の命を大切にしない政府の姿を浮き彫りにしました。
「責任回避に主眼がおかれ、住民の健康と安全は顧みられなかった」と結論づけました。
住民へのアンケートでも、政府からの指示はなく、メディアや人の噂を頼って、右往左往しながら非難した様子が分かってきました。
政府のもっとも重要な仕事は「国民の生命と財産を守る」ことです。
これが、いつも置き去りにされ、保身に走る政治家の姿を見せつけられます。
「いい国」とは、どんな国なのか、議論しなければなりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 9日 (土)
横浜中華街へ

再婚した友人のお祝い食事会。9名。
中華街は久しぶり。楽しみ。
Marriage
ボクらが贈った「壁掛け電波時計」を持ったお二人(クレア&イチロー)。
クレアさんがボクの仕事仲間。高校生のお嬢さんがいます。
イチローさんは脳科学者で医学博士。ユニークなコミュニケーション理論を構築、セミナーなどを開いて活躍中。「出逢いの法則」など著書多数。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


アンネのバラ

また蕾が付いてると、岡部正彦さんから写真。
_annerose_3
来週帰るので、花が楽しめます。
花後に剪定すれば、秋にもう一度咲くそうなので、やってみます。


| | コメント (0) | トラックバック (0)


国民を脅す首相

昨晩の大飯原発再稼働宣言を読み返してみると、これは、もう「脅し」ですね。
国民を脅しています。こんな首相がどこにいる!
「電力の3割を担ってきた原発を止めてしまっては、日本の社会は立ちゆかない。エネルギー安全保証の視点からも原発は重要電源だ」
脱原発へ向かう、と言ったのは誰だ!
これでは、いままで通りの、福島以前に戻るということだ。

「計画停電や突発的な停電が起これば日常生活や経済活動は大きく混乱する。命の危険にさらされる人も出る」
脅しが最後まで続きます。
「脅し」を通り越して「恫喝」です。

「夏を乗り切れない」という正確なデータもなく、原発を動かさなければ電力会社が倒産するなどの「損得勘定」で、国民を脅しているのです。悪質きわまりない首相です。


| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年6月 8日 (金)
大飯原発再起動

「国民生活を守るために再起動すべきだというのが私の判断だ」
野田総理の決意表明でした。
言い返しましょう。
「国民の命を守るために再起動すべきではないというのがボクの判断だ」
もう、デブ総理の顔も見たくない。

| | コメント (1) | トラックバック (0)


岩国錦帯橋空港の開港日

この空港が使えるようになったら、ボクの故郷への行き来は、非常に楽になります。
秋には、という噂でしたが、今日正式に国交省が通達したそうです。
12月13日開港。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


豪華絢爛!インド式結婚式!

「世界それホント?会議」(トピックス)を更新しました。
豪華絢爛!インド式結婚式!
http://bit.ly/LC3KhY

【告知】
「世界それホント?会議」は今回の更新を持って、一時休止となります。
ご愛読ありがとうございました。
いままでの素材はそのままサイト上に残りますので、ご利用ください。
再開の際は、またよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


ネパール人

自分の身に置き換えて想像してみる。ひょっとした起こりうるかも知れない。
やってもいないのに捕まって15年間刑務所へ入れられる。身震いがします。
人が人を裁く難しさ、慎重の上にも慎重に、です。

ネパール人が沢山日本に稼ぎに来ていることは知っています。
新宿の歌舞伎町で飲食店をやっている故郷の後輩は、ネパール人を4名雇っています。
月給12万円。6万円が家賃で、残りの6万円を家族へ送っているそうです。食費は店で食べるからゼロ。
犯人にされたゴビンダ君も本国へ仕送りをしていました。
家の新築費用を稼ぐために、と読んだ記憶があります。

日本国が彼の人生の最も重要な15年間を奪ったのです。
こんな理不尽なことがあっていいのか、と胸が痛みます。
警察の捜査能力の低下が問題です。
オウムの犯人にしても、民間人の情報が頼りで、自ら見つける能力がないのですから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 7日 (木)
総選挙(政界)

本来「総選挙」という言葉は芸能界で使う言葉ではない。
政治の世界へ取り戻して「総選挙」をやって欲しい。
今の政治には、うんざり、とみんなが思っている。民主党も自民党も、もう、どうでもいい。
ビジョンのある政治家だけを選び直しましょう。

鳩山由紀夫元首相が消費税を巡り「離党もあり得る」と言っているらしい。
誰も止めないから、さっさと離党してくれ。
政界のガラガラポンは総選挙。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


総選挙(AKB48)

Akb2_2  Akb1_2
左:朝日新聞 右:毎日新聞

(今朝から、ブログの調子が悪く、Facebookへ書き込みましたが、再度)

一般紙が、こんなに大きく扱うほど、そんなに重要な事象なの?と疑問に思います。
昨日、ボクのスマホには「号外」が2通プッシュされて届きました。
「寛仁さま逝去」「総選挙の結果」
「号外」扱いで、同じ重要度があるニュースらしい。
どこかヘンだなぁと思います。

いま、スマホに「号外」がプッシュされてきました。
「東電OL殺害、再審決定」(産経新聞)

【追記】
朝日新聞をめくり直していたら、まだ記事がありました。
秋葉原を活性化したという記事です。
Akb3_4


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 6日 (水)
再稼働反対議員

民主党員117人が「再稼働再考を」という署名を総理に提出したという記事があります。(朝日)
400人近い民主党議員の三分の一ですから、かなり強力です。
もめて欲しい、と思います。

京都も滋賀も「夏だけの限定運転」にしろと言っています。
福井県知事は「原発は必要電源であると国民に宣言しろ」と言っています。
総理は、あちこちで「決断の時期は近い」と言っています。
国民の大多数が「再稼働反対」と言っているのに、それをやる首相って、一体何者?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 5日 (火)
機内サービスコンセプト(スカイマーク)(2)

昨日紹介した文言より、もっとひどい文言に、東京都が怒っています。(毎日新聞)

「機内での苦情は一切受け付けません。ご理解いただけないお客様には提示運行順守のため退出いただきます。ご不満のあるお客様は『スカイマークお客様相談センター』あるいは『消費生活センター』へご連絡されますようお願いいたします」

『消費生活センター』は東京都が運営しています。
自社のへの苦情は自社で処理せよ、と怒っているのです。
消費者基本法には、苦情を適切に処理することを事業者の責務としている、と。

「お客様」という表現を使っていますが、これは「人間は荷物」という感覚ですね。
呆れ果てました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012年6月 4日 (月)
散歩の途中で

Bidai1_2  Bidai2

散歩の途中で、こんな風景に出会いました。(玉川上水)
黙って通り過ぎるワケにいきませんでした。
「何してるの?」と聞きました。更に根掘り葉掘り。
近くにある武蔵野美術大学の学生さんで、空間演出デザイン科の1年生。
「ファッションと樹の共生」というテーマで、空間をデザインしているのだそうです。
身にまとっている衣装は毛糸で、樹木をイメージして作られています。
写真を撮って、明日の授業で発表するのだと。
「写真撮ってブログへ載せていい?」
「どうぞ」
というワケでした。


| | コメント (1) | トラックバック (0)


機内サービスコンセプト(スカイマーク)

次のような「機内サービスコンセプト」が座席前のポケットに入っているそうだ。
「お客様へのサービス」
荷物はお客様の責任で収納を。収納の援助をいたしません。
従来の航空会社のような丁寧な言葉遣いを義務づけておりません。

(ボクの感想)
お年寄りが、荷物が上がらなくて困っていても見て見ぬふりをするのだろうか?
普通の言葉遣いで十分。わざわざこのような表記は不要。
機内では、普通の常識が通用しない世界らしい。怖いことだ。

「乗務員の服装・メーク」
会社支給のポロシャツ、ウインドブレーカー以外、服装は自由。メークやヘアスタイルなども自由にしております。

(ボクの感想)
どーぞご自由に。

「苦情」
乗務員の私語について苦情をいただく事がありますが、お客様に直接関係のない苦情はお受けいたしかねます。幼児の泣き声などの苦情も一切受け付けません。

(ボクの感想)
居直っていますね。挑戦的。
これだけやって、会社にどんなメリットがあるのだろうか?経費が浮くワケではあるまいし。
これを守ることの方が、人間的に苦しいと思うけど、どうだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)


口腔外科へ

3ヶ月に一度のインプラントのメンテナンス。
また、磨き方が悪いと怒られるだろう。イヤだなー。
快晴の立川市。

「報告」
歯科衛生士さんが、清掃をしてくれた後、手術をしてくれた担当医師の講評。
レントゲン写真を見ながら、
「いいねー、よく管理しているねー、田川さんの性格が出てるねー。いいよ、このまま、このまま。
最近、インプラントの悪口をいうメディアが多くてねー、特にNHK、そりゃ、下手な手術をすればダメだけど、しっかり噛める幸せって、いいよね。どう、仕事は?」

今日は、褒められて帰りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 3日 (日)
「音楽をどうぞ」HP増設

ボクが関係した音楽(作詞)が、UstやYouTubeなどにバラバラに存在しているのを1ページにまとめました。
一つの窓に呼び込んで見たり聴いたり出来るのがミソです。
「クリック数を減らして、ユーザーフレンドリーに」というボクの要求を友人の今橋照人くんが実現してくれました。
遊びに来て下さい。

「音楽をどうぞ」
http://bit.ly/LVbKdm

| | コメント (0) | トラックバック (0)


原発再稼働の真相

前首相・菅直人は講演で「国民が少し我慢すれば、原発ゼロでも、この夏は乗り切れる」と言っています。
これが本当だと思います。現に、いま、原発ゼロで、我々は生活しています。感覚的ですが、夏を節約すれば乗り切れると思います。
政府や産業界の恐怖は、この夏を原発ゼロで乗り切れたら、今後、原発を動かす理由がなくなるので、なんとしても、その実績を作りたくないということのようです。高額な資金を投入して建設した原発を動かさないと、会社が倒産するかもしれない、という恐怖があるのだと思います。
すべてが経済原理で動いているのです。

福井県の西川一誠知事の「こだわり」もえげつない。
首相は国民に向かって、原発の必要性について、決意を述べろ、と迫り、「地元」の解釈に、京都府と滋賀県を排除しろ、と言っています。
権益の配分が減ることを恐れているのです。
福井県のは14基の原発があり、交付金、核燃料税が県の財政を支えているからです。
ここにも、経済原理だけで、県政を考える知事がいます。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年6月 2日 (土)
ラッキョの季節

Ratsukyo昨日、ラッキョを2キロ漬けました。ボク1人の1年分。自分で漬けて自分で食べる、恒例の作業です。
(鳥取の砂丘ラッキョ)
漬け酢を流し込めばいいだけなので、簡単です。

将棋の森内俊之くんが勝って(名人戦)あと1勝となった。
今朝は、なんとなく嬉しい。


| | コメント (0) | トラックバック (0)


人肉食イベント

クレージー!
杉並区のライブハウスで。
コメントの気力がありません。
毎日新聞の記事をお読みください。
http://bit.ly/LPWqOV

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2012年6月 1日 (金)
ブラジル人を募集(福島第一原発作業員)

Brazil_2驚きました。原発作業員にブラジル人を募集しています。(日系ブラジル人向け新聞)
注:現地で発行されている新聞かと思いましたが、日本で発行されている在日ブラジル人向けのようです。
訳:(凄い雇用)20キロ圏内/日当3万円/1日2時間。

安全な場所/日当1万-1万2千円/日曜休・住宅と三食付。

リンク元:http://twitpic.com/9qo0b2

| | コメント (1) | トラックバック (0)


総理の言語感覚(2)

新聞記者も、さすがに気になったらしく、毎日新聞が「余録」で「乾坤一擲」と「一期一会」について、取り上げています。
その言葉を聞いて、いよいよ首相も党分裂を賭す重大決意を持って臨むのかと思ったら早計だった。物別れは織り込み済みのだったのではないか、と。
更に社説では、大飯原発再稼働について「私の責任という無責任」という見出しを掲げています。
この人の言語感覚は、メチャメチャです。信用できません。

「再稼働容認」と発言した橋下市長、この人も、信用できません。
あれほど勢いよく反対を主張しておきながら、急転直下の「容認」、こういう人は、危なくてついて行けません。
今の日本は、何が何だかわからない、まるでカオス(無秩序状態)です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »