« 「住民の安全顧みず」(国会事故調) | トップページ | 山口県知事選 »

2012年6月10日 (日)
「お通し」はダダではない

飲食店に行くと、必ず「お通し」が出てきます。(関西では「つきだし」という)
ボクは、これは店のサービスでタダだと思っていました。だって、頼んでいないのですから。
今朝の朝日新聞の記事(35面)を読んでビックリしました。
200円から 500円程度の価格で、店の重要な収益源なのだそうです。
「頼んでもいないのに」です。
「お通し」製造業者がいて、冷凍されているのを、解凍して客に出すのだそうです。
もちろん、丁寧な店は自家製です。

注文しないのに勝手に出てきてお金を取られるというのは、理不尽です。
反省して止める店も出ているとか。
知らなかったなぁ、と、今朝のビックリでした。

【参考】
「お通し」の意味。
注文を帳場に「通しましたよ」という意味だそうです。注文を了解したという印。
「突き出し」
客の注文ナシに、勝手に「突き出す」からだとか。(?)

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505418/54924719

この記事へのトラックバック一覧です: 「お通し」はダダではない:

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。