« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

2012年9月30日 (日)
台風

立川市(東京)です。
日暮れ時から風が強くなってきました。
背の高い鉢物が飛ばないようにくくり付けたり、対策を少ししました。
農園のある山口県は、大丈夫だったようで一安心です。
自分の一生の間に、夏の気温の上昇や自然災害の大型化など、自然環境が激変するのは、いかにしてもそのスピードが速すぎるのではと思います。
政局や領土問題などに心を奪われている間に、もっと重要な地球規模の変化が進行しているのではないでしょうか?
と言いながら政局の話。
細野豪志くん、代表戦不出馬の弁はこうでした。
「福島のことを放り出すわけにいきませんから」
そして、今度、政調会長を受諾したそうです。
質問に答えてください。
「福島のことは、どうなのですか?」
今回も「福島のことが気がかりです。環境大臣、原発担当を続けさせてください」と言ったら、ボクは君を尊敬しました。
今回の行動は、国民のことより、結局、党内のことや自分の事が一番大切なのだ、ということを示しています。
がっくりしました。

話変わって宇宙。
本屋で何気なく買った「重力とは何か」大栗博司 幻冬舎親書 を読んでいます。
優しく書いてあるのですが、理解できない部分もあります。が、不思議の世界に引きづり込まれます。
台風の夜、不思議の世界に浸っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月29日 (土)
根岸季衣ライブ

Toshie1_2ブルースを歌います。元気をもらって帰りました。根岸さんの亡くなったご主人は大津あきらさんといい、山口県長門市出身の作詞家でした。
(高橋真理子のFor Youは代表作)
ボクのブルーベリーを食べてもらっています。


| | コメント (0) | トラックバック (0)


彼岸花

農園の岸に咲く彼岸花(リコリス)です。
今年は、昨年より奇麗に咲いているように見えます。
Higanbana
(写真:岡部正彦さん。今朝の撮影だそうです。)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月28日 (金)
尖閣問題

「日本の国境問題」(孫崎亨 ちくま新書)を読みました。
日本政府は次のように言い続けています。
「尖閣諸島は日本固有の領土であり、領土問題は存在しない」
この論理を、政府は、国民に説明してくれているでしょうか?メディアは分かりやすく、解説してくれているでしょうか?否です。
なぜ、そうなのか、ボクは、詳しく知りませんでした。政府が言うから、そうなんだろうと思っていました。
この本を読んでみると、日本政府のこの論理は、どーも怪しい、と思うようになります。
少なくとも「領土問題は存在しない」というのはウソで、田中角栄と周恩来の間でも、尖閣問題は話し合われているし、福田赳夫と鄧小平との間でも話し合われていて、ともに「棚上げ」にしよう、という合意になっているようです。
現実には、日本の実効支配を黙認している中国の方が、大人の対応をしているようにボクには思われました。そこへ「国有化」という爆弾を放り投げたから、大騒ぎになりました。
「国内法によって粛々と所有権の移転をした」と言いますが、両国が、それぞれ「国内法によって粛々と」を実行すれば、かならず戦争になります。
現在の状況は、両国にとって、何の役にも立たない、いさかいをやっているわけで、大人の知恵を先輩たちから学び取ることが必要ではないかと思いました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年9月27日 (木)
ソックス(猫)情報

吉岡さんから嬉しいメールです。

彼岸花が満開です!嬉しいことがありました。ソックスちゃんに逢えました!中庭にいました。 話しかけるとにゃあにゃあ返事してくれました。いつも周りにいるみたいですよ、待っているんですね。もう少ししたら帰ってくるからと話しかけておきました。

注:ソックスとは、田布施で仲良くなったネコです。

Higanbana


| | コメント (2) | トラックバック (0)


安倍総裁に誇りが持てない同県人

同県人(山口県)の政治家ですが、どーも好きになれない、というか、彼の演説やインタビューを聞いていると恥ずかしくなって、穴があったら入りたい気分になります。
頭が悪い、が第一印象、使う語彙に新鮮さがない、表現(文章の構築能力)も、ありふれていて、井戸端会議の域を出ない。だから説得力がない。
政策に目を向ければ、憲法改正(集団自衛権を認める)、原発ゼロでは国力が弱まる、慰安婦問題、靖国参拝問題などなど、右傾化が強い。
よしんば総理大臣になったとしても、彼の政策を世論が支持するとは思えず、早晩挫折するでしょう。
それを願っています。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年9月26日 (水)
追いつめられた産業立国(毎日新聞)

毎日新聞の企画が面白い。
韓国、台湾、中国の工業化はめざましく、日本企業は競争に負け衰退していく。
彼らは、基礎研究なしに、いきなり先端気技術を導入して最先端の製品を安く作る。なぜそれが可能なのか。日本からの技術流出なのだ。
日本の技術者の待遇の悪さや研究環境の悪さから、好条件でヘッドハンティングされる。リストラされた技術者が流出する。
覆面技術者が金曜日の午後、韓国へ旅立つ。月曜日には、何食わぬ顔で出社する。
高額アルバイトなのだ。
(これは、毎日の記事ではなく、ボクが聞いた話)
どの企業も防ぐ手立てがないとお手上げらしい。
国もどうしたらいいのか、分からないらしい。
日本は衰退のスパイラルへ巻き込まれているかのようだ。

ならば、アメリカのアップルやグーグルの優秀な技術者を引き抜いて、アッと驚く製品作りをしたらどうだろうか?
「品位」は、一旦ロッカーに仕舞い込んで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月25日 (火)
尖閣海域

台湾の漁船60隻が尖閣海域にやってきて、何隻かが領海を犯したという。
巡視船も8隻いたそうだから、明らかな官製海上デモ。
船団の燃料費(1,400万円)は事業家が提供したそうだ。
侵入を阻止しようと放水したら、相手も放水した。これは、火器を使わない戦争だ。
ボクが関心を持ったのは、メディア(テレビ局、新聞社)の人間が60人も乗っていて、テレビは生中継をしたということ。(朝日新聞夕刊)
日本は「冷静に」「品位」をもって対応しているから、そんなことはしない。
ボクらは、この海域での出来事を1枚の新聞写真と数十秒のテレビニュースでしか知らない。なんだか、遠い所の出来事のようで、身近に感じていません。
中国は、ロシアから買った空母をこの海域に配置するという。
事態は緊迫しているのにボクらは暢気。政府が話し合いで解決してくれるだろうと。

ボクが現役だったら「生中継」をやるなぁ、と悔しい思いをしています。
生中継は、視聴者の心を激しく揺り動かします。生ぬるい政府の動きを糾弾するでしょう。
誰の得にもならないことが、尖閣海域で行われているのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月24日 (月)
本の紹介

昨日から読み始めた本。
「原発とメディア」〜新聞メディア2度目の敗北〜 上丸洋一 朝日新聞出版
原発は輝く未来と書き続けた新聞メディアを検証した好著。
「原発は危ない」という少数意見には、関心を払わず、安全神話作りに邁進した新聞を、事例を紹介しながら告発していく。
世論はこうして作られるという恐ろしさを感じさせます。
お勧めします。
「2度目の敗北」とは、戦争に突き進む日本を批判できなかったことを意味します。

友人に推薦され注文した本。
「日本の国境問題ー尖閣、竹島、北方領土」孫崎亨 ちくま新書
友人の推薦文。
元外務省国際情報局長という肩書きのとおり、豊富な情報が、きわめて客観的に簡明に語られています。しびれます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月23日 (日)
訂正

9月13日のブログで、山口県出身の二人の総裁候補(自民党)のことを書きました。
安倍晋三が「やり残したことがある」と言い、2度目の総理を目指している、総理を2度やった人がいるだろうか、世界にもいないのでは、と書きましたが、間違いでした。
先輩から指摘をされました。
「吉田茂もチャーチルも、もっと調べれば、世界には沢山いるよ、安倍晋三憎しで筆が滑ったな」と。
無知をさらけ出しました。お詫びします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


雨の日曜日

Aoi_2昨晩から大雨です。
ネコは外に出たいと言いません。

中国のデモは、政府によってコントロールされているらしいことが、各紙の記事から想像できます。
国民が怒っているかのような演出です。国民を使ったプロパガンダです。

参加者にはお金が渡された。
投げつけるためのペットボトルが当局から配られた。
尖閣海域に出漁する漁船には油代が支払われる。

こんな記事は、よく読まないと見つかりません。関連記事に中に埋もれているからです。
見出しを掲げる度胸のない日本のメディアにも失望します。
分かっているのだが、書くとニュースが取りにくくなったり、支局を閉鎖されたり、そんな危惧があるのだと思います。

中国には、えげつなく幼稚だが、相手を圧倒する戦略と戦術があります。
「品格」そんなモノは何の役にも立たないと。

「冷静さが必要だ」と繰り返し、何もしない日本政府よ、
これが正しい道なのだろうか?


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月22日 (土)
「原発ゼロ」へアメリカの圧力

「原発ゼロ」を閣議決定出来なかったのは、アメリカの圧力(変更できる余地を残せ)だったことを東京新聞が告発しています。
詳しい経緯は、下記サイトをお読み下さい。
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2012092290070744.html

解説をコピーします。

◆骨抜き背景に米圧力
<解説> 「原発ゼロ」を求める多数の国民の声を無視し、日本政府が米国側の「原発ゼロ政策の固定化につながる閣議決定は回避せよ」との要求を受け、結果的に圧力に屈していた実態が明らかになった。「原発ゼロ」を掲げた新戦略を事実上、骨抜きにした野田内閣の判断は、国民を巻き込んだこれまでの議論を踏みにじる行為で到底、許されるものではない。
 意見交換の中で米側は、日本の主権を尊重すると説明しながらも、米側の要求の根拠として「日本の核技術の衰退は、米国の原子力産業にも悪影響を与える」「再処理施設を稼働し続けたまま原発ゼロになるなら、プルトニウムが日本国内に蓄積され、軍事転用が可能な状況を生んでしまう」などと指摘。再三、米側の「国益」に反すると強調したという。
 当初は、「原発稼働ゼロ」を求める国内世論を米側に説明していた野田内閣。しかし、米側は「政策をしばることなく、選挙で選ばれた人がいつでも政策を変えられる可能性を残すように」と揺さぶりを続けた。
 放射能汚染の影響により現在でも十六万人の避難民が故郷に戻れず、風評被害は農業や漁業を衰退させた。多くの国民の切実な思いを置き去りに、閣議での決定という極めて重い判断を見送った理由について、政府は説明責任を果たす義務がある。 (望月衣塑子)
(東京新聞)

| | コメント (0) | トラックバック (0)


ドングリ

Donguri_2これは「くぬぎ」のドングリだと思います。
今朝の散歩で。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月21日 (金)
秋を見つけた

Donguri_2  Hagi
曇天で過ごしやすい一日でした。
散歩道でドングリとハギを見つけました。
このドングリは「こなら」ではないかと思います。
(図鑑を見ても、種類が多く、似たものがあるので、断定が難しい)
ちなみに、ドングリとは、ブナ科の植物になる実の総称です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


中村みつをさんの大仕事

Magazie_2  Magazine2_2
イラストレーターの中村みつをさんからメールをもらいました。
その中で、仕事の報告があったので、紹介します。

「東京人」という雑誌があって、今月号の特集と表紙を担当しました。
特集は「都心の超低山」。
不思議なほど、よく取り上げられる「お江戸超低山さんぽ」を下敷きにしたものです。
雑誌は、よく売れているそうです。

絵も描き文章も書くのですから、多才です。
20ページくらいの大特集です。

ボクは、中村さんと絵本の次回作の原稿を書く約束をしているのですが、怠けて出来上がらないので、ボクからは連絡がしにくいなぁ、と思っていました。
近いうちに会って、カツを入れてもらうつもりです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)


写真集プレゼント(終了)

Totto_2田沼武能写真集「トットちゃんと地球っ子たち」〜黒柳徹子ユニセフ親善大使28年の全記録〜 新日本出版社 3,500円(税別)
3冊プレゼントします。
メールで送り先をご連絡下さい。先着順とします。

ボクも一緒だった仕事なので、ボクの歴史でもあります。

ご応募ありがとうございました。
終了しました。
平田さま、目黒さま、吉岡さま、お送りします。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月20日 (木)
うましま夕日ツアー(田布施町・馬島)

Sunsetpop_2田布施町(山口県)に「馬島」という小さな島があります。この島からは水平線に沈む夕日を見ることが出来ます。
小さな島から地球の大きさを感じてください。お待ちしています。
詳しくはこちら。
http://www7.plala.or.jp/LOG/umashima.sunsettour.html


| | コメント (0) | トラックバック (0)


彼岸花

Higanbana_7いつもの散歩道に彼岸花が咲いていました。
秋なのにもの凄い残暑です。自分で決めたフルコース(40分)を歩く勇気はありませんでした。


| | コメント (0) | トラックバック (0)


「政治」とは何か?

哲学者が考え続けてきた大問題を一言で言えば「いい社会を作るためのルールを作り統治していくこと」ではないでしょうか。
日本の政治家がやっている今は「政治」ではない、と思います。
「こうした方が国民は幸せになる」という理念も信念もなく、ただ、あちらこちらから言われることに右往左往して方針をコロコロ変える、これは「政治」ではありません。

日本に「政治」がないから、中国からは尖閣問題で、アメリカからはオスプレイ問題で、ズタズタにされる。
沖縄の人のコメントが心を突き刺した。
「この国は壊れている」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月19日 (水)
映画など

3ヶ月文化的な雰囲気から遠ざかっていたので、映画を見たり、絵を見たりすると、身体に染みこんで来るような気がします。
高倉健(81歳)の「あなたへ」を観ました。
歳を取るのも悪くない、と思いました。自然なすばらしい演技です。ビートたけしとの共演がありますが、まるで、たけしさんには悪いですが、幼稚で太刀打ちできる演技ではありません。
田中裕子好演、大滝秀治すごい。

映画を見終わって、友人の本間ちひろさん(画家・詩人)がやっている個展を見に行きました。
(四谷にある喫茶店)
絵がやさしくなったなぁ、なにか心境の変化があったのかなぁ、と思いながらコーヒーを飲んでいたら本人から電話があり、やってきました。しばらくぶりだったので、近況を話し合い別れました。
仕事は忙しい様子でした。
「望まれて仕事が来るので頑張っている」と。
友だちの活躍は嬉しい。
Chi2_2

以下余談。
これから何するの?と聞くから、3日前に思いついたことを、つい、喋ってしまった。
「芝居は書けないかなぁ、喜劇」
彼女の顔が引きつったように見えた。
「私を巻き込まないで・・」
そう言っているように見えた。役者として使われるのではという恐怖。
こういう反応をされるとファイトが湧くヘンな性格。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


「原発ゼロ」骨抜き

閣議決定しないことを決めたという。
この内閣は、ほんとにデタラメ、信用できません。
「閣議決定」は政策を実行しなければならない義務が生じます。内閣が代わっても。
国民の声に押されて、方針を発表しましたが、経済界からの反発、立地県の反発、アメリカの懸念、などからぐらついて、曖昧になってきました。「状況に対応できる柔軟性」が必要だと。
この方針は「骨抜き」です。
更なる国民の糾弾が必要です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月18日 (火)
今晩のネコ

Neko_2  Soba
家のネコは寝てばかりで面白くありません。(12歳くらい)
もう1匹も年寄りで、多分、押し入れで寝ています。姿が見えません。
ソバを食べました。(田舎にはそば屋がありません。3ヶ月ぶり)


| | コメント (0) | トラックバック (0)


映画「ニッポンの嘘」

Fukushima1_2  Fukushima2_2
「ニッポンの嘘」福島菊次郎90歳
報道写真家・福島菊次郎の一生をドキュメントした映画です。
取材対象は常に、国家の国民に対する暴力の現場でした。
広島の原爆、学生運動、三里塚闘争、自衛隊、兵器産業、公害、祝島など、激動の現場の最前線にいました。そして、国家の暴力を告発し続けました。
自衛隊を撮影したとき、禁止区域を隠し撮りして公開しました。撮影しないと約束しながら嘘をついたのです。
彼の言い分です。
「問題自体が法を犯したものであれば、カメラマンは法を犯してもかまわないわけです。そういう状況を発表するのは必要なわけです」
自衛隊は憲法違反である。彼らが法を犯しているのだから、カメラマンのボクが嘘をついて撮影しても、問題ではない、という主張です。
彼の一生は、「国家は誰のために存在しているのか」という問いを投げかけています。
この映画はお薦めします。

福島菊次郎さんは山口県下松市出身、現在は、柳井市に犬1匹と一人暮らしです。
告発してきた国からお金を貰うわけにはいかないと、年金も生活保護も拒否して、雑誌などの原稿料で
1日千円、1ヶ月3万円で暮らしているそうです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)


尖閣問題

抜き差しならない状態に突入しました。
国有化をして、その後の展開が読めない専門家が、日本にはいないのでしょうか?
落としどころが見つからないまま、戦争状態になるかも知れません。

友人で長年中国語の通訳をやっているO氏から尖閣に関するメールをもらいました。
紹介します。

 中国に関しては、私は数年前から認識を変えてまして、
 1)中国共産党は民族主義政党、
 2)中国革命は民族主義革命、
 3)いまの中国は民族主義国家、
 以外の何者でもないと考えています。いままで鬱屈していた大国主義が、GDP世界第二位になったことで解き放たれ、これに江沢民の「愛国」教育が加われば、今日の事態は、さもありなんと言う感じです。
 領土でドンパチやるのは、中国の方が先輩で、50年代の中印紛争、60年代の珍宝島、70年代の西沙群島と、実戦をやってます。中国は、そこまで折込済みだと思います。
 寰球時報は「軍事力投入の準備をしろ」と煽ってますし、デモにも「跪求開戦」と言う標語が出てきています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月17日 (月)
敬老の日 雑感

台風16号の影響で山口県は、雨風が強いそうです。
農園の様子を見てきた、と岡部正彦さんから連絡を貰いました。
ありがとうございます。
「たいしたことはない、網が揺れている程度」とメールで写真が届きました。
ホッ、です。
Bb

田舎で、ある人から年齢を聞かれました。
〇〇です、と答えました。
「そうすると、干支は・・」
「ウサギです」と答えました。
相手は、ちょっと考え、腑に落ちない顔をされていました。

そのことが気になっていて、昨日、年齢早見表を見たら、1歳間違っていました。
今年は、ずーっと、1歳少ない年齢を言い続けていました。
どこで勘違いしたのか、不明です。
頭にたたき込みました。

ボクの友人(女性)が、医者に行き、ドクターに「年齢は?」と聞かれて「〇〇です」と答えました。
ドクターはカルテをめくり「君、デタラメ言うなよ、君の年は〇〇だよ」と怒られたそうです。
申告した年齢とカルテに書かれた年齢は5歳の差があったそうです。
彼女は、自分の年が完全に分からないのです。

農園に来られた高齢のご婦人たちの「お金の使い方」には迫力がある、とHPに書きました。
モノを売るターゲットが高齢者を意識するようになったと、メディアが報道し始めました。
そうです、日本経済を活性化するのは、高齢者の購買力です。若者はお金がなく、中年はお金を使う暇がなく、暇とお金があるのは高齢者だけです。
「頑張れ、高齢者」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月16日 (日)
映画「ニッポンの嘘」

ドキュメンタリー映画「ニッポンの嘘」〜報道写真家福島菊次郎90歳〜
この老写真家が山口県出身(下松市)だとは知りませんでした。現在は、柳井市で1匹の犬と暮らしておられるそうです。

話は飛びます。
故人になりましたが、マルセ太郎という在日二世の芸人がいました。
持ちネタに「スクリーンのない映画館」という芸がありました。
映画を語りで表現するのです。映画より人を感動させていました。
「泥の河」が代表作でした。

この芸人を敬愛するのが松元ヒロさんで、2,3 年前から「スクリーンのない・・」を踏襲してやり始めました。
今日「松元ヒロひとりだち」を見てきました。(新宿明治安田生命ホール)
最後の出し物に福島菊次郎の映画のストーリーを語りました。
国家の嘘を暴き続けた老カメラマンの人生を15分くらいで感動的に語り尽くしました。
胸に迫りました。
同県人として、このカメラマンの存在を知らなかった事を恥ずかしく思いました。
まだ上映中ですので、今週、見てきます。
映画の情報は下記サイトで。
http://bitters.co.jp/nipponnouso/

(余談)
マルセ太郎は、幼少の頃から「差別」の中で生きてきました。
差別を告発した名言があります。
「記憶は弱者に残る」
差別した人はすぐ忘れますが、された人は長く記憶に残ります。
人の足を踏んづけた人は、すぐ忘れますが、踏まれた人は長く記憶に残ります。
たくさんの差別の記憶と一緒に他界されたのだと思います。
マルセ太郎の芸は「狂気」でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


番組情報

明日17日、NHK総合・午前9時から50分間、
「山田洋次監督81歳 映画を撮る」が、放送されます。
撮影は南幸男氏。山田洋次さんが撮影中に許可したのは、はじめだそうです。
映像詩人といわれている南幸男さん、今年、ボクのブルーベリーを食べてもらいました。
(友人が贈ってくれ、お礼のメールをいただきました。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)


「原発ゼロ」のウソ

「原発の新増設は認めない」と明記しながら、
「着工済みの大間原発と島根3号機は建設の再開を認める」(枝野経産省大臣)
デタラメですね。
本気でゼロにしようとは思っていません。
信念に基づいてやっていることではないので、選挙が終わったら、屁理屈をこね回して、再起動をやると思います。
民主党が、日本をワケの分からない国にしてしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月15日 (土)
芝居・黒柳徹子さん

Testuko_3「ルーマーズ」(口から耳へ、耳から口へ)
作:ニール・サイモン 演出:高橋昌也
6年前の再演、10秒に1回大笑い、抱腹絶倒のジェットコースターコメディ。
10月18日(木曜)〜11月4日(日曜)
共演者・開演時間などの詳しい情報は下記サイトで。
http://www.parco-play.com/web/page/information/rumors2012/

「情報」
この劇場「ルテアトル銀座」は隣接する「ホテル西洋銀座」と共に、来年5月末で営業を終了します。
(売却)
5月の最後の芝居は、黒柳徹子さんの「海外コメディーシリーズ」だそうです。演目未定。
このシリーズは、新しく出来る(場所は分かりませんが都内で便利な場所らしい)劇場で続けるということです。
「ヒンディースクワットで身体を鍛え、喜劇は止めません」
黒柳徹子さんの決意です。


| | コメント (0) | トラックバック (0)


出版「気象情報の裏を読む」幣洋明

Heibook_2知人の気象研究家・幣洋明(へいひろあき)さんの出版。
「気象情報の裏を読む」開山堂出版 800円(税別)
高齢になると、気象の変動による抵抗力が弱くなる。天気の変化に関心を持ち、気象からのストレスを軽減することが長寿の秘訣と著者は言う。
気象に強くなって長生きしましょう。

頂いた手紙で、ボクが全部は読まないと思われたらしく、ここだけは読んで欲しいと、3カ所ページの指示がありました。笑いました。
とりあえず、そこだけは読みました。面白いです。
(補足)
ボクが作ったドキュメンタリー番組「風の博物誌」で、お世話になりました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)


里親さがし(ネコ)

立川の駅前でときどき、おじさんが里親さがしのためにネコを展示します。
可愛い兄弟です。親も隣の籠で寝ていました。
立ち去りがたく多くの人が見ています。
「貰って帰っても、俺の方が先に死ぬからなぁ」と勇気が出ませんでした。

Neko_2  Neko2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月14日 (金)
最近のニュースから

尖閣付近の領海へ6隻もの中国艦船が侵入しました。
総理の発言。
「緊張感を持って、警戒監視に万全を期し、情報収集に努めて欲しい」
生ぬるいと思いました。
なぜ「侵犯を阻止せよ」と言えないのでしょうか。
監視しているだけなら、どんどんやって来ます。16日には大量の漁船団が来るそうです。
それでも「警戒監視」だけでいいのですか?

「原発ゼロ」と民主党が言い始めました。
信用なりません。国民の意志を無視できなくなって、選挙に負けそうだから、考えてたのだと思います。
つい先日まで「原発は国民の生活を守る重要な電源」といい、大飯を再稼働させた人物が、急に「原発ゼロ」だというのです。
選挙が終われば、コロリと変わる、そんなイメージがあって信用できません。
メディアが指摘している通り、ゼロにするなら「再処理」の必要はないのに、それは存続させるという矛盾をどう説明するのか。
「30年までにゼロ」といっても、その工程表がない。ただイメージを語っているだけなのです。

松下大臣の自殺。
週間新潮を読みました。なんとえげつない女性の告発。
実名での告発らしい。
告発して彼女は殺人者になりました。
すっきりしたのでしょうか。
大臣もかなり質が悪い。
あまりの馬鹿馬鹿しさに、他のメディアもやりませんね。
ボクも、これ以上、気分が悪くなるので、止めます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


東京へ到着

湿度が高く、まとわりつくような暑さです。
「酸素が少ない」と感じました。呼吸するのにエネルギーが要ります。
明日には慣れるのでしょうが・・。
写真は、飼い猫の「海」です。足の裏の掃除をしています。
Neko_4
もう1匹いるのですが、見当たりません。

ソックスは、松の木の下の庭石の上でまどろんでいました、と吉岡さんから報告がありました。

もう1匹が出てきました。
「ウズ」といいます。
Neko2


| | コメント (0) | トラックバック (0)


東京へ

東京へ戻ります。(新幹線)
ネコとの別れが辛いですが、ビビの失敗があるので、心を鬼にして、出かけます。
カリカリフード(10日間くらい)を開封したら、不思議な様子でのぞき込んでいました。
未開封のフードも置いてあるので、吉岡さんが散歩の途中で寄ってくれるということなので、安心です。
Neko_2


| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年9月13日 (木)
瀨戸の夕陽

Seto_2  Seto2_2

夕方、温泉に行きました。
帰りの風景です。

3ヶ月の滞在が終わりました。あす、東京へ戻ります。
農園で作業していただいたみなさん、食事のサポートをしていただいた友人のみなさん、ブルーベリーを購入して食べていただいたみなさん、関わっていただいたすべての方へ感謝を捧げます。
トラブルもクレームもなく終了することが出来ました。
来年のシーズンまでお元気でお過ごしください。


| | コメント (0) | トラックバック (0)


訃報(橫森良造さん)

アコーディオン奏者・橫森良造さんが心不全のため先月亡くなられていたというニュースを知りました。
79歳。温厚な、いつもニコニコして優しかった。
ボクの若い頃の番組「土曜ショー」のレギュラー出演者だった。
当時の電話番号に電話してみましたが、だれも出られませんでした。
ご冥福をお祈りします。

「ギターのある風景」
作曲:橫森良造
作詞:三保 暁(ボクのペンネーム)
歌:六角幸生
コロンビアから発売されました。1972年。
歌った六角幸生くんも、すでに故人。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


山口県出身の政治家

山口県出身の二人の政治家が自民党の総裁選に立候補しています。
安部晋三と林芳正。

元総理(安部晋三)は「やり残したことがある、もう一度やりたい」と言う。
「そうだ、がんばれ」と県民の何パーセントが思っているでしょうか。ボクは恥ずかしい。
総理を2度やった人が歴史上、いるのでしょうか。世界を見渡しても、それはないのではと思います。
頭の悪さを国民は知りました。総理の資格はないと思います。

林芳正も二世政治家。(父は林義郎)
彼は、頭脳明晰、将来の総理候補と言われていますが、参議院議員です。
参議院から総理が出たことはなく、今度の選挙で、衆議院に鞍替えしたいらしく、現職の河村健夫氏の地盤をくれと言い、大げんかになったという記事を読みました。
主義主張をよく知りません。

民主党も、自民党も、この人なら、と思う人がいません。
「大丈夫?」と不安になる人ばかりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月12日 (水)
夕食とネコ(2)

Tai
同級生が釣りに行ったからと、タイをくれました。
田舎にいると、魚をもらうので、さばき方も手際がよくなります。
刺身と煮付けにしました。

Neko  Neko2
ネコは、ボクが帰り支度をするので、置いて行かれることを察知してか、しつこくつきまとっています。ビビの失敗は繰り返せないから、置いて帰ります。
吉岡さんが、時々覗いてみる、と言ってくれているので、カリカリフードを置いて帰ります。

ブルーベリーは、摘み取り美女が、一人で摘み取っていましたが、今日で、完全に終了です。
予約の電話が来ましたが、断りました。
嬉しいことに「田川さんのブルーベリーが欲しいそうです」と。
栽培者が増えた中で、名誉なことだと嬉しいです。
来年もよろしくお願いします。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月11日 (火)
夕食とネコ

料理名人の友だちの差し入れ。
東南アジア風「海鮮どんぶり」
ナンプラーをベースにした出汁をかけて食べます。夏向きで、身体がしゃきっとします。
美味しかった。
デザートはブルーベリーのチーズケーキ。これも抜群。
Sishi_2  Cake_2

ネコはいつもの調子で、ソファーをガリガリやって遊んでいます。
Neko  Neko2  Neko3

ソックスと仲良くなったのを、みんなが知っていて、「どうするの?」と聞いてくれます。
「カリカリフードを大量においていきますから、時々見てください」とお願いしています。
きょう、購入してきました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月10日 (月)
今晩のネコ

寝ています。ボクのポジションを占領されました。
Neko1  Neko2


| | コメント (0) | トラックバック (0)


この実はなんでしょう?

Tochi3
毎年、この季節に登場させているので、おわかりだと思います。
そうです、「トチの実」です。
渋を抜いて、トチ餅、トチせんべい、などを作りますが、美味しいとは思いません。
食料不足の時代の名残では、と思います。

トチの木は、大木になります。
夏は日陰を作ってくれますが、秋の落ち葉の季節には、葉っぱが大きいから、大変です。
落葉に季節はいないことが多いので、隣のおばちゃんに迷惑をかけます。
(おばちゃんが掃除をしてくれます)
同じ仲間で、西洋トチノキをフランスでは「マロニエ」と言います。

Tochi1_3  Tochi2_6


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 9日 (日)
今晩のネコ

Neko  Neko2  Neko3  Neko4  Neko5

明日は雨の予報。
予定の作業は終わりました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)


朝焼け

Asa_2
午前6時、異常に外が赤いので、出てみました。
いい一日になりますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 8日 (土)
今日のネコ

昼間は、石の上が冷たくて気持ちいいのでしょう。
こんな所にいます。
Neko_2

夕方、温泉に行ってきました。
草取りをしながらの肥料やり、右肩が痛い。
ゆっくりやればいいのですが、ぼつぼつ東京へ戻ろうと思っているので、急いで無理をします。
こんな風景を見ると、東京へ戻りたくない気分になります。
ネコときれいな風景と美味しい食べ物があるここがいい。
Umi_2


| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年9月 7日 (金)
今日のネコ

Neko1  Neko2_2  Neko3_2  Neko4

左から:出かけると、こんな格好で、ボクの帰りを待っています。
    昼寝をしていたら、胸に乗ってきました。
    今から暴れるから、とボクに予告しています。
    草履で暴れ始めました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 6日 (木)
今晩のネコ

毎日同じような写真ですみません。ソファーをガリガリやりたくて、ボクの顔色をうかがっています。
右手はほとんどソファーに触っています。
Neko_2

今日から、農園で、肥料やり(お礼肥)を始めました。
木の周りの草取りをしながらなので、なかなか進みません。
3日間で終わらせる予定。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 5日 (水)
今晩のネコ

草履で大暴れ。
Zouri1  Zouri2  Zouri3


| | コメント (0) | トラックバック (0)


和歌山ラーメン

岡部充くん一家が、ボクのキッチンで「和歌山ラーメン」(通称)を作って食べさせてくれました。
和歌山の「まる豊」というラーメン屋は、家が地盤沈下で傾斜しているのだそうです。面白いからそのまま営業しろ、という客の希望で、修理しないまま、カウンターにラーメンを置くとツユがこぼれるそうです。
美味いラーメンでした。
Ramen1_2  Ramen2_2  Ramen3_2


| | コメント (0) | トラックバック (0)


今日のネコ

食後の夕涼み。(ピンぼけ失礼)
Neko


| | コメント (0) | トラックバック (0)


来客

隣町にある幼児園「おうちえん」(無認可)の子どもたちが農園にやって来ました。
1時間、虫と遊んだり、ブルーベリーを摘んだりして帰りました。

Bb1_2  Bb2  Bb3

カタツムリもブルーベリーにくっついて台所までやって来ました。
外へ逃がしてやりました。
Bb4


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 4日 (火)
今日のネコ

今日も残暑が厳しかったです。
ボクが昼寝をしていた頃のネコです。
Neko1_2  Neko2

今はソファーで寝ています。(夜8:30分)
Neko3

その後、バリバリソファーで爪研ぎ。
Neko4


| | コメント (0) | トラックバック (0)


戦場ジャーナリスト

朝日新聞の新企画「ニュースQ3」
“クエスチョン”を“クイック”に、分かりやすい“クオリティ”で。

初回のテーマは「ジャーナリストはなぜ戦場に行くのか」
シリアで殺害された山本美香さんの話題から、彼らがなぜ戦場を目指すのかが記事になっていて、「朝日新聞の場合、危険地域に派遣するかどうかは、社としての判断で決めている」と。

朝日新聞の記者が、いままで、戦場から記事を送ったことはないと思います。
戦場取材の重要性を記事にしながら、自社の記者は派遣しない、この矛盾をちゃんと説明して欲しいといつも思っています。
戦場で死ぬのは、いつもフリーのジャーナリストです。
自社の記者を派遣しないのなら、せめて、フリーの戦場記者に十分な報酬を払って記事を購入して欲しい。
こんなコメントがあります。
「活字媒体での仕事が難しくなる中、多くのジャーナリストが単価の高いテレビに発表の場を移していった」

他人のことは激しく追求する新聞が、自分の事になると、ほおかむりをする卑怯さに我慢ができません。
今日の見出しのお返しです。
「朝日新聞記者はなぜ戦場に行かないのか」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 3日 (月)
今晩のネコ

このネコは、アゴを乗せるモノが必要のようで、放置した掃除機のホースを「アゴ枕」にしています。
2枚目は、いつもの草履。3枚目は、カメラを睨んでいます。「写真撮るなよ、何枚も何枚も」と抗議しているようです。
Neko2  Neko3  Neko1_2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 2日 (日)
今晩のネコ

寝相2枚。
Neko1_3  Neko


| | コメント (0) | トラックバック (0)


虫取り(蓑虫)

蓑虫の集団発生は、人間が手で取る以外に方法がないようで、今日は、友だちに「虫取り」で働いてもらいました。
Musitori


| | コメント (0) | トラックバック (0)


今朝のネコ

洗濯物を干していたら、近くにやって来て遊んでいました。
Neko1_2  Neko2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 1日 (土)
今晩のネコ(2)

寝ている姿を撮ったら目を覚まし、くるりと反対を向き、ソファーのカバー(帆生地)をバリバリ、怒ったら、大あくび。
Neko7  Neko8  Neko9


| | コメント (0) | トラックバック (0)


酢漬け(ブルーベリー)

Suzuke_2ブルーベリーの酢漬けを作りました。
リンゴ酒(ワインビネガー)と水 1:1
塩(総量の10%)
砂糖(総量の20%)ボクは少し多めに使いました。
(金子和男さん指南レシピー)

【訂正】
メモを見直したら、塩と砂糖の分量がデタラメでした。
これが正解です。
塩(総量の3%)
砂糖(総量の10%)

間違えた方が美味しかったりして・・・?

| | コメント (0) | トラックバック (0)


今晩のネコ

今朝は、寒くて目が覚めました。秋になりました。トンボが飛んでいます。ヒグラシが鳴いています。
今日、農園の終了宣言(地域交流館への出荷)をしました。
まだ、実はあるので、友だちが取りに来たりします。少量でしたら、発送も可能です。

今晩、ソックスを抱いて写真を撮りました。
嫌がっています。
Neko1_2 Neko4_2  Neko2  Neko3_2

「その後」
ソファーのカバーを引っ掻くのがクセになりました。
Neko5  Neko6


| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »