« 黒柳徹子さんの芝居 | トップページ | 美容院で »

2012年10月20日 (土)
「週刊朝日」問題

「週刊朝日」の記事「ハシシタ 奴の本性」を読みたくて探しましたが売り切れでした。ネットにアップされた記事を教えてもらいましたが、不鮮明で正確に読み取ることが出来ませんでした。が、だいたい理解できました。

記事の構成は、以下のようです。
橋下徹市長の人となり(裏表のある卑しい人物として紹介されています)を紹介し、それは両親に由来する、その両親は、と続き、橋下徹の全人格を否定する作りになっています。
これは、最初から、橋下徹を貶める意図で書かれたものだと思います。
公人だからある程度のプライバシーは制限される場合がありますが、これはひどすぎます。
詳しく書くと、記事を拡散させることになりますから、書きませんが、週刊朝日は謝罪を発表しました。
「同和地区などに関する不適切な記述が複数あり・・」
この謝罪に、ボクは違和感を感じます。
個々の表現の問題に矮小化しているからです。この企画は、橋下徹なる人物を激しく貶める意図で書かれています。その企画意図を謝罪しなければ、謝罪にならないと思います。
それをやらなければ「維新の会」の躍進をねたむ誰かが、お金を出して書かせたのだろうと疑われる結果になります。

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「週刊朝日」問題:

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。