« 争点探し | トップページ | ネコ情報 »

2012年11月17日 (土)
石原慎太郎のいい加減

「小異を捨てて大同につこう」と呼びかけていた石原慎太郎。その言葉が自分自身へ突きつけられ、2時間の会談で、自分の主張をすべて捨ててしまった。
「維新の会」の政策を丸呑みしたのだ。

こんな信念のない政治家は信用できない。
「話し合ってみたら、そんな大きな隔たりはなかった」と太陽の党の幹部は言った。冗談じゃない。野合批判をかわすいい加減な屁理屈だ。「原発ゼロ」(維新の会)と「原発ナシでは日本の再生は出来ない」(太陽の党)、この二つの政策は大きな隔たりだ。
これほど大きな政策を簡単に変更する政治なんて、信用できない。
死ぬまでに一度総理大臣をやってみたかったのだろう。
こんな軽薄な男に総理大臣なんか、大迷惑だ。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505418/56130214

この記事へのトラックバック一覧です: 石原慎太郎のいい加減:

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。