« 今晩のネコ | トップページ | 植物の話 »

2012年11月 8日 (木)
尖閣問題

外交評論家の岡本行夫さんは中国の行動を次のように言いました。(報道ステーション・昨晩)

「中国は、強引に奪いに来ていると、最近感じています」
連日、接続水域に艦船を航行させています。
「我々の海だ、文句あるか」という態度から、武力を用いてでも、尖閣を奪う意志が見えると岡本氏は言います。
日本政府は「国際法に則り、平和的に解決すべき」だと言い続けています。
日本の領土なんだから、話し合いの必要はないという態度に、中国は、それなら武力しかない、と思っているのではないでしょうか。
溝が深まる間に、経済を中心とした2国間関係は悪化の一途をたどっています。
この関係を、日本は、放置しているとしか思えません。
野田総理の思考は、永田町から外へ飛び出す能力がないとだと思います。
恐ろしいことが起ころうとしているにの、です。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505418/56067446

この記事へのトラックバック一覧です: 尖閣問題:

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。