« 木製ビビ | トップページ | 田舎へ(途中下車) »

2012年12月12日 (水)
三輪壽雪さん死去(萩焼・人間国宝)

三輪壽雪さん(十一代三輪休雪)が102歳で亡くなりました。

鬼萩といわれる力強い独特な作風は、焼き物を知らないボクですら、ぐいぐい引きつけられました。
ボクは、現役時代(1999年)、地元のテレビ局・山口朝日の依頼で、萩焼の番組を作ったことがあります。萩焼400年の記念番組でした。
三輪休雪さんは89歳でした。お元気でインタビューに応じていただきました。
深く記憶に残る仕事でした。
この色紙は、90歳のお祝いの時に書かれたのではないかと記憶しています。
ボクの仕事部屋に飾ってあります。
Miwa_2
作品は下記サイトでご覧下さい。
長寿の秘訣を推理します。
90歳になっても、畑を耕し野菜を作っておられました。無農薬で。
自転車に乗って、地元の魚を買いに行かれます。ジャコがお好きと聞きました。骨ごと食べておられたのでしょう。
抹茶茶碗を作りながら、ご自分は、お茶はお飲みにならなかったそうです。
なぜか、誰も聞けなかったようですが、周りの者は、農薬が怖いので、飲まれなかったのだろう、と推理していました。
ご冥福をお祈りします。
Onihagi_2
これが鬼萩茶碗です。(十一代三輪休雪作)
1999年、萩のご自宅の庭で撮影させてもらいました。
(山口朝日放送・守田英二さん提供)

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505418/56303610

この記事へのトラックバック一覧です: 三輪壽雪さん死去(萩焼・人間国宝):

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。