« 猫の捕獲作戦 | トップページ | ソックス(猫)情報 »

2012年12月28日 (金)
クリスマス考

尊敬する大先輩・廣淵升彦さん(国際ジャーナリスト)は、毎年この時期になると、怒り狂います。クリスマスをはしゃぐ日本人に立腹して。

いわく、クリスマスはキリスト教の宗教行事である。図書館がクリスマスツリーを飾る。大多数の日本人が関係のない宗教の行事に、公費(税金)を使っていいのかと。今年のNHKの「ニュースウォッチ9」はスタジオに大きなクリスマスツリーを飾り、キャスターが紹介までした。これは暴挙である。公正を旨とするNHKが一つの宗教へ肩入れする、これは思慮の浅い行為だ。世界平和のためには宗教に対する鋭い感覚がなくてはならない、と。
鋭い指摘に、なるほど、とうなずきます。

廣淵升彦さんのブログを紹介します。

Facebookへ次のようなコメントをいただきました。紹介します。
いそのゆきこさん(イギリス在住)から。
英国では今やクリスマス休みと言わず、クリスマス、おめでとうとも言わず、季節のご挨拶のカードが多いです。学校ではクリスマスに関する行事は一切禁じられています。伝統的にキリスト誕生劇をどの学校でもしていたのが、今や一切ありません。多民族、多宗教になった故の配慮です。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505418/56412888

この記事へのトラックバック一覧です: クリスマス考:

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。