« ソックス | トップページ | 東京へ行く準備 »

2013年2月 5日 (火)
僧侶の役割

「朝日新聞・文化欄」

存在感の薄くなった僧侶が危機感を抱き、葬式以外にも役立つはずだと、活動を始めたという記事。
長い歴史の中で、死を真正面から受け止め、答えを出してきた仏教の教えは、人生の終末を迎えた人に、心の救いを与えることが出来る。僧侶は終末カウンセラーの枠割りを積極的に果たすべきだ。寺に来て欲しいと。
葬式と法事以外に接触のない僧侶が、いまから、果たして、檀家のカウンセラーになり得るだろうか、ボクは疑問だ。
先輩のメディア評論家の正木鞆彦さんは、昨年亡くなりましたが、葬式も戒名も不要だと言い残し、生前、自分で予約した、慰霊塔式墓地に埋葬されています。(横浜市営)
多くの人の心が、お寺から離れています。
仏教に心をつなぐ努力をしなかった仏教界全体の責任でもあると思います。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505418/56702480

この記事へのトラックバック一覧です: 僧侶の役割:

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。