« カメラ講座 | トップページ | カラス探し »

2013年2月19日 (火)
食べ残しゼロ運動(中国)

朝日新聞夕刊

News_2
宴会で料理を余るほど注文しないと「ケチ」と思われる習慣があり、年間2億人分の食糧が廃棄されいているそうです。
「食べ残しゼロ運動」は全国に広がっていて「光盤行動」(食べ残しのない皿運動)と呼ばれているそうです。
日本でも、一時、話題になりましたが、コンビニ弁当の廃棄や食品会社の期限切れの廃棄など、依然、大量の食品が廃棄されていると思います。
最近、年齢と共に、食べる量が減り、外食時ですが、例えば、カレーとかオムライスとか、ご飯の量を少なめにと言えて、それに対応してくれる店が増えるといいな、と思います。
それに、持ち帰りです。ほとんどの店が、持ち帰りを拒みます。店の外に持ち出した食品で事故が起きたら困る、という心配からでしょう。
自己責任でいいと思います。
「もったいない」の元祖は日本です。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505418/56800905

この記事へのトラックバック一覧です: 食べ残しゼロ運動(中国):

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。