« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

2013年3月30日 (土)
ソックス情報

吉岡幸子さんからのメールです。

今年は早いですよ~。もう満開です。
夕方あの猫さんがいました、逃げないんです。私が無視してニャアニャア鳴いてみたら倉庫の床下からソックス君が返事してくれました。姿は見せませんが居る事知らせてくれました。

Sakura_2

| | コメント (1) | トラックバック (0)


会食2件

今日は、昼と夜、2件の会食の予定がありました。

しかし、夜の部は、高齢者が多く、8名の内、3名の体調不良者が出て、中止になりました。
昼の部は、新築のお宅へ。
頑張り屋のYさん(女性)が家を建てました。
彼女が学生の時からの知り合いです。
銀行に入社、その後、商社に移り、経理部で働いています。
その間、結婚して離婚しました。男の子は高校生。
ものすごい頑張り屋で、その迫力のある生き方には感動さえ覚えます。
美味しい手作り料理で持てなしてもらいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


田舎の春

田舎の春が届きました。
ボクの家の周りの花たちです。
(岡部正彦さん撮影)
Tagawa1_2 Tagawa2 Tagawa3 Tagawa4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月29日 (金)
南スーダンの記事(毎日夕刊)

連日、夕刊のトップ記事です。
ネットでお読みください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月28日 (木)
南スーダン視察記事

毎日新聞夕刊に記事が掲載されました。

Photo_2
ネットでは、以下のサイトで読むことが出来ます。
途方もない問題を抱えているアフリカから帰ると、日本で起こっているいろいろなことが、ばかばかしくて、どーでもいいじゃん、と思えて、社会から落ちこぼれた感覚になります。
戦闘意欲が湧かず、だらだら過ごしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月27日 (水)
歯科衛生士

インプラントのメンテナンス(3ヶ月に一度)に行きました。

担当の歯科衛生士(女性)が、ボクが話した途上国の医療の話に刺激されて、フィリピンへ行く歯科医療ボランティアに参加する、という話は、ここで書きました。
「行ってきました」とその模様を写真パネルにして、口腔外科の廊下に展示してありました。
Eiseishi_3
「1回では意味がないので、継続的にやることを考えている」と言っていました。
嬉しい話でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月26日 (火)
ソックス情報

吉岡幸子さんのメールです。

あれから両猫さんに逢えません、ソックス君は夜食べに来るみたいですがー。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年3月25日 (月)
故郷の桜まつり

43thbanner
「第43回たぶせ桜まつり」
4月7日(日曜日)
田布施川畔
楽しい催し物がたくさんあります。
お出かけ下さい。
詳しくは、下記サイトで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


旅の雑感

南スーダンの首都・ジュバの空港には、X線の荷物検査装置がなく、入国時も出国時も、荷物を全部開られ、引っかき回されます。時間がかかるのに閉口します。

援助は、こんな所からやって欲しいと思いました。
帰路、カイロ空港で乗り換えました。
この空港は、タバコ臭くて、息をしたくなかったです。
何とかして欲しい。
韓国の仁川空港は、全体を見たわけではありませんが、素晴らしい空港でした。
成田は負けています。
大韓航空を初めて利用しましたが、清潔な素晴らしい飛行機でした。
JALは負けているのでは・・。
時差ボケがあります。
昨夜は、午前3時にぱっちり目が覚めて眠れませんでした。
身体が、南スーダン時間を覚えているようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月24日 (日)
サクラ

近所のサクラを見てきました。

Sakura1_3 Sakura2_2

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年3月22日 (金)
帰国

帰国します。

現地時間22日、15:45分発、カイロ経由で成田へ。
乗り換え時間を含めて約 20時間の長旅です。
成田へは23日、18:00着。
自宅へ帰りました。
風呂が気持ちよかったです。
南スーダンでは、マスク姿は見かけませんでした。
成田に降りて、この国はマスクの国だなぁ、と思いました。
早寝します。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年3月21日 (木)
取材の終わりに

Totto

今回、とても嬉しかったことは、「トットちゃんセンター」が、この国の、心が傷ついた子どもたちのために、有効に機能している事でした。

「ここがなかったら、ボクの今の人生はなかった」といってくれた青年もいました。内戦でゲリラに捕まり、子ども兵士にさせられていたいた子どもたちのトラウマケアセンターとしての役割を果たしています。

この施設は、皆様からの募金で1996年に出来ました。約3,000万円だったそうです。

ドナー(寄付者)の皆様への嬉しい報告にもなりました。

今後も、よろしくお願いします。

募金の送り先は、下記です。

みずほ銀行六本木支店

普通1546555

ユニセフ親善大使

黒柳徹子

郵便局からは

郵便口座00130-5-8060

ユニセフ親善大使

黒柳徹子

日本の子どもたちは、学校に行かされている、勉強させられている、と思っています。南スーダンの子どもたちは、いろいろな事情で、行きたくても行けないのです。

放送をご覧下さい。学校の教室には教科書もノートも、鉛筆一本見当たりません。ないのです。

「ボクは自分の名前が書けるようになった」と地面に木ぎれで名前を書いて見せてくれました。地面がノートの代わりにもなります。

Child

放送日は

5月5日(日曜日)14:00から15:55分

「黒柳徹子の南スーダン報告」(仮題)

テレビ朝日系列

| | コメント (1) | トラックバック (0)


マンゴーの木

この国(南スーダン)には、マンゴーの木が沢山あります。野生です。

産業に出来ないのだろうかと思います。
輸出とか、ジュース工場を作るとか。

Mango1_2 Mango2_2 Mango3_2 Mango4_2

ヤンビオで聞いた話では、道路が悪く、輸送中に傷つくので、輸出できないという事でした。
舗装された道路は1本もなく、穴ぼこだらけで、車はのろのろとしか走れません。
「国作りは道路から」と自衛隊が言っていましたが、ホントだな、と思います。
木の下を歩いていると、頭に落ちてくる事があるそうです。

ホテルの従業員がマンゴーを採っていました。竹の先に針金の輪っかがありますが、なかなか上手くいきません。
結局、たたき落としていました。
Mango5_5

| | コメント (2) | トラックバック (0)


黒柳徹子さん現地記者会見

Tv

会見の模様がジュバのテレビで放送されました。
(夜のニュース番組)
日本では、会見の模様がSANSUPO.COMに掲載されています。
(共同通信の配信)
「毎日新聞の記事」
写真
「Japan Times」

| | コメント (0) | トラックバック (0)


ソックス情報

吉岡幸子さんからの報告です。

ブルーベリー畑であの猫さんを見ました,ゆっくり歩いて大工さんの倉庫に入って行きました。あそこが寝ぐらですかね。
ソックス君は昨夜はダンボールで寝たようです、エサもしっかり食べていますのでうまく共存しているようです。                                                       

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年3月20日 (水)
7日目(20日)の取材

黒柳徹子さんは、午前中、現地メディアとの会見を終え、南スーダンを離れました。
20名くらいの記者が集まり、黒柳さんの活動の関心の高さをうかがわせました。
Kaiken
写真家の田沼武能さんも、黒柳徹子さんより数時間前に旅立ちました。
ボクたちテレビスタッフと新聞記者2名が残り、取材を続けます。
テレビスタッフは撮り残している風景カットなどを撮影、新聞記者は、それぞれのテーマで取材をしています。
風景写真2枚。
Cow_3  Naile_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)


6日目の取材(19日)

ヤンビオという地方の町での取材でした。

病院、小学校、市場などの取材をしました。
午後、首都のジュバへ戻りました。

Hospital1 Hospital2_2 Hospital3

Water

School Ichiba1 Ichiba2_2 Ichiba3 Ichiba4 Ichiba5
黒柳さんは、気に入ったプレートがあったので購入しました。
Ichiba6_2
この子は、黒柳さんと握手がしたいとずーっと付いて来ていました。
取材の終わりで、やっと念願が叶って嬉しそうです。
Mura_2
田舎の民家です。
放送日:
5月5日(日曜日)14:00からテレビ朝日系列にて。
「黒柳徹子の南スーダン報告」(仮題)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年3月19日 (火)
5日目の取材(18日)

ヤンビオから車で1時間、ヌザラという町へ行きました。

避難民のための学校
州の病院、などの取材をしました。
教室は草葺きの小屋、イスは煉瓦や丸太。

Idp1 Idp2_2 Idp4_2 Idp5_2 Idp6_4  Idp7_2 Idp8_2 Idp9_2

風景写真。大きな木は、マンゴーの木です。沢山の青い実がぶら下がっていました。

Idp10_2 Idp11_2 Idp13_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月18日 (月)
子どもトランジットセンター訪問

「トランジットセンター」とは、主にゲリラに誘拐され、脱出に成功した子どもたちが、一時的に止まって、親を探したり、親戚を探したりします。トラウマのケアなども行っています。

写真に登場する子どもたち全員が、筆舌に尽くしがたい経験をしています。
目の前で両親を殺されたり、人間としての尊厳を傷つけられたりしています。
それでも、過去を忘れ未来を見つめて生きていこうとしています。
ある少女が聞きました。
「お金がなくても勉強する方法がありますか?」と。
ちょうど、この州の教育大臣がボクらの取材を見に来ていたので、聞きました。
「あなたのような孤児は無料で学校に行けます。孤児でなくても、5ポンド(1ドル強)を払えばだれでも小学校に行けます。5ポンドが払えない人は、窓ふきなどの仕事を学校でしてもらっています。」
嬉しそうに、少女は聞いていました。
涙が出そうなシーンでした。
放送をお楽しみに。
写真集です。

(後半の4枚は、番組とは関係ありません。田舎の風景の中の子どもたちです。)

Yambio1_2 Yambio2_2 Yambio3_2 Yambio4_2 Yambio5_2 Yambio6_2 Yambio7_2
Yambio8_2 Yambio9_2 Yambio10 Yambio11_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月17日 (日)
移動日

首都のジュバから西北へ、飛行機で1時間のヤンビオという所へ移動します。

ホテルでネットが使えなかったら、2日間、更新が出来ません。
(使える、と聞いていますが、行ってみないとわかりません)

| | コメント (0) | トラックバック (0)


3日目の取材

3日目(16日)の取材場所は下記でした。暑い一日でした。42度くらいあったようです。

1)Way Staytion(隣国へ逃れていた帰還民の一時定住所)

 面白い事がおきました。9人の子どもを持ったお母さんをインタビューしていました。9人の子どもと聞いた黒柳さんはビックリしました。
すかさず、お母さんは「1人あなたに上げる」と言いました。
2人で大笑いになりました。陽気な逞しいお母さんでした。
2)ラジオ局の取材に行き、黒柳さんがラジオ番組の出演し、インタビューされました。
3)ストリートチルドレンのケアをしているNGOを訪問しました。
 
以下、写真です。

161_2 162_2 163 165 166_2 167 168_2 169

| | コメント (0) | トラックバック (0)


同行記者の記事

今回の視察には、2人の新聞記者も同行しています。

毎日新聞と共同通信です。
2人の記事をネットで読むことが出来ます。
毎日新聞・福島祥記者の記事。
共同通信・吉田昌樹記者の記事。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月16日 (土)
閑話休題(南スーダン)

iphone の写真です。

アフリカの夜明け。
Asa
部屋のベッドには、蚊帳があります。
ボクは使っていません。蚊取り線香を焚いて寝ています。
Kaya_2
泊まっているホテルの庭に、ネコがいました。
Neko

| | コメント (0) | トラックバック (0)


写真(2日目)

ネットの速度が遅く、ここへ写真をアップするのに、かなり時間がかかります。
昨晩は、眠くなって寝てしまいました。
16日、朝6時です。
何枚か、写真をアップします。
「トットちゃんセンター」
1996年、皆様の寄付によって出来ました。
トラウマをケアするセンターとして機能し、数々の若者が救われ、旅立ちました。
黒柳さんがインタービューしている青年は、子ども兵でした。この施設に駆け込んで、助けられ、学校へ戻り、大学を卒業しました。
子ども兵時代の話は、迫力があり、胸に迫りました。表現力豊かな青年でした。

House3 House1_2  House2

「自衛隊」
350名の自衛隊員が、道路建設をやっています。
事業の説明を受ける黒柳さんと、近所の子どもたちとゴミ拾いをする隊員たち。
ゴミを1箇所に捨てる習慣がないそうで、自衛隊は、この地域にゴミ箱を何個も設置して、指導していました。

Self1_2  Self2_2  Self3_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年3月15日 (金)
二日目の取材

ネットが丸一日、使えませんでした。
やっと開通しました。
きょうは、子ども病院、自衛隊、トットちゃんセンター、の取材で、中身の濃い取材になりました。番組のヘソが出来た感じがします。
トットちゃんハウスは、皆様の寄付金で出来た施設で、子ども兵などで、トラウマを持つ子どものケアをしていて、多くの若者が育っていきました。
後ほど、写真をアップします。

Hospital2  Hospital_5

iphoneの写真です。 ジュバで唯一の子ども病院。栄養失調の子どもがほとんど。遠くからきます。 この病院には2名の子ども専門医師と他に4名の医師がいるという説明でした。 この国の医師は、人口8万人に1人だそうです。

ニコンで撮った写真です。
順番を待つ母親と子ども、病室の子どもと黒柳徹子さん。

Hospital1_3  Hospital4_3  Hospital2_4  Hospital3_2

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年3月14日 (木)
ジュバ到着

みんな元気に到着しました。

黒柳さんは、東京を出たときの出で立ち。
Juba_2 Juba1
今日は、取材はしません。セキュリティブリーフイングなど、打ち合わせです。 (現在、現地時間、午後1時)

| | コメント (1) | トラックバック (0)


ソックス情報

吉岡幸子さんからのメールです。
南スーダンのジュバで受け取りました。
お疲れ様です 今(午後4時)ソックス君に出会いましたよ 庭の机の下で日向ぼっこしてました。元気でした、嬉しかった!!
昨夜はダンボールで休んだようです。ヤレヤレ安心しました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)


ナイロビ(ケニア)より

ナイロビ空港まで来ました。

2時間半待って、1時間半のフライトで南スーダンの首都ジュバに着きます。
時差6時間、あさ6時です。
全員、元気です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年3月12日 (火)
南スーダンへ

13日から23日まで、世界で一番新しい国(2011年7月独立)南スーダンへ取材に行きます。ユニセフ親善大使・黒柳徹子さんの同行取材です。
自衛隊も300名くらいの隊員が道路作りに活躍しています。
放送は5月5日(日曜日)14:00から。
「黒柳徹子の南スーダン報告」(仮題)
ネット状況が分かりませんが、このブログの更新、滞ると思います。
現地は40度の高温だそうです。
頑張ってきます。

| | コメント (7) | トラックバック (0)


根岸季衣さんの新曲

ボクが出かけた根岸季衣さんのライブ(2/23日・銀座タクト)で披露された新曲がYouTubeへアップされました。

「Back on the way」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月11日 (月)
WBC乱闘(カナダ対メキシコ)

カナダが勝っているのに(6対3)セーフティバンドをしたのは、けしからん、とメキシコが怒り、ボールを打者にぶっつけたのがきっかけで、大乱闘に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


災害2周年

午後2時46分、立川市の防災行政無線のスピーカーからサイレンが鳴り、黙祷のご協力をお願いします、とのメッセージが流れた。

建築現場の大工さんの金槌の音も止まって、辺りが静かになった。
メディアが特集を組んで、知らなかったことをたくさん知らせてくれ、忘れかけた記憶を呼び覚ましてくれた。
メディアはこの災害を「風化させてないけない」と書き、しゃべる。
その通りだが、その責任はメディア自身にあることを忘れないで欲しい。
報道し続けることが重要なのだと。
復興予算の配分や使われ方が、地元の要求とかけ離れている。
道州制を主張する人たちがいる。なるほど、地元のことは地元で決めることが必要なんだな、と、道州制が理解できるような気がしてきた。
「追記」
朝日新聞の特集
いま伝えたい「千人の声」その後
昨年の1周年の特集で取材した人々の一部の方を再訪し、記事にしています。
みなさん、苦しい中でも、笑顔が戻っているようで、嬉しく読んでいます。
PRですが、昨年の「千人の声」から言葉を拾って、朗読と歌で楽曲を作り、HPで公開しています。
「千の声」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月10日 (日)
黄砂

Kousa_2

(13:40分撮影)
ここは北京か?
ものすごい黄砂です。
ひと昔前、砂漠の緑化という言葉をよく聞きました。日本からもボランティアが出かけて植林を、というニュースがありましたが、最近は、さっぱり。あの運動はどうなったのでしょうか?
中国は、公害で、体制が崩壊するかも知れない、と思います。
防衛費より公害対策。
命は平等です。誰もが長生きしたいと思っています。それを裏切る政府は民衆によって倒されるのではないでしょうか?
「追記」
気象庁は、これは「黄砂」でなはいと発表しました。強風で巻き上げられた埃だそうで「煙霧」(えんむ)と呼ぶのだそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)


震災2周年

メディアが一斉に、復興の様子を報道し始めています。
遅々として進まない状況に、心が塞ぎ、この国はなんという国だ、と怒りがこみ上げてきます。
特に、放射能被害の方々の状況には、絶望感を感じます。
にもかかわらず、安倍内閣は、故郷を追われた人々の気持ちを無視して、再稼働をすると宣言しました。
作家の大江健三郎さんは、かつて「我々は侮辱されている」と政府を非難しました。
そして、昨日、「さよなら原発大行動」で「もう1台の原子炉も再稼働させない。そのために働く」と決意を述べました。
思考の深度が浅い総理を持つと、国民は不幸になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 9日 (土)
北朝鮮の狂気

ヤクザ国家、ならずもの国家、協定や国際ルールも無視するのだから、ヤクザと同じ。

以下、ヤクザの発言集。
全面戦争の一切の準備を終えた
侵略者の本拠地へ核先制攻撃の権利を行使する
ソウルだけでなくワシントンも火の海にする
南北不可侵の合意は全面破棄する
板門店の南北直通電話は断絶する
朝鮮戦争休戦協定も白紙
国連の制裁決議には、中国も、堪忍袋の緒が切れて、賛成した。
北朝鮮よ、ついでだ、言ってみろ、「北京も火の海にする」と。
ミサイルは、攻撃目標を定めて発射できる準備が出来ているという。
日本が攻撃目標になっているかも知れない。
その場合、目標は原発だろう。
無防備だ。これをやられたら日本は壊滅する。
最大の防御は、原発がない事、つまり脱原発だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 8日 (金)
お笑い・WBC投手の夜の行状

写真週刊誌「FRIDAY」を買いました。

Sugiuchi_2
写真は、杉内俊哉投手(巨人軍所属)。
宮崎キャンプ打ち上げの日。
グランドでは覇気がないが夜は覇気がある、と皮肉られています。
山本浩二監督も、巨人軍の選手だから、きつく叱るワケにもいかない、ましてや、巨人軍の原監督も、自分のことがあるので(不倫行為で1億円脅し取られた)責められないだろう。
杉内投手、どんな顔をして家へ帰るのだろうか。彼には妻子がある。
ボクが気になるのは、この写真。
手引きがないと、まず撮れない。
ホテルの部屋のカーテンは、入室したときは、必ず閉まっています。
カーテンを開けて、カメラポジションから、よく見える位置で抱き合う、との打ち合わせがないと撮れないと思います。
杉内くん、学習不足、やられましたね。
成績が悪ければ、野次られるだろう。グランドで頑張れ!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年3月 7日 (木)
ソックス情報

吉岡幸子さんからのメールです。

いま、あの猫ちゃんに出会いました。ソックス君よりは小さくてソックス君が負けてしまうようには思えません。牛乳が無くなっているときは、食事に来ているんだと思いますよ。最近はどちらもダンボールには寝ていないようです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)


猫の絵はがき

読者の方(原田久美子さん・京都)から猫の絵はがきをいただきました。
素敵なので、紹介します。
Hagaki1_2 Hagaki2_2 Ehagaki3_2
左:いわさきちひろ
中:韓国のイラストレーター
右:Yayoi Fujiwara

| | コメント (0) | トラックバック (0)


春到来

Mitsumata_2 Xmas_2
春は、一気に、いろいろな花が咲きます。
ミツマタとクリスマスローズです。
ブルーベリーの花は5月です。
昨日、今年の注文をいただきました。第1号です。
本格的出荷は、7月の後半、梅雨明けからです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年3月 6日 (水)
TPP

茶番劇ではないですか?
アメリカとの交渉で「聖域」を勝ち取ったと意気揚々と帰国した安倍総理。
「聖域」を勝ち取って大喜びをしているのはアメリカでした。
日本がアメリカへ輸出する車には、今まで通りの関税をかけ続けることを了承したのです。アメリカは自国の自動車産業を保護するために「聖域」を作ったのです。
思い返してください。政府は、工業製品をどんどん輸出して豊かな国になるためには、参加が必要といい、自動車産業は、参加しないと大変な不利を被るといい、参加推進の旗振り役でした。
見事にアメリカにやられた、と思います。
政府は、農産物の関税との引き替えに、と言っていますが、果たして、今後、農産物の関税が据え置きになるかどうか、不明です。
だんだん明白になってきました。このTPPは、明らかに日本の国力を低下させます。
これは、政府の大失策だと思います。大問題です。
新聞は、もっと大々的に取り上げるべきです。
車産業はどう反応しているのか、取材するべきです。
「車業界に失望感」(毎日新聞)
これくらい、誰だって書けます。
「条件が同じでなければ、韓国メーカーと戦えない」(大手自動車メーカー幹部・朝日新聞)
こんなことも取材しなくても書ける。
怠けるな、メディア、です。
安倍政権は、ヤバイ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 5日 (火)
撮影実習

京王線沿線にある「百草園」(もぐさえん)という梅園へ行きました。
快晴で暖かでした。
満開でした。
Mogusaen1_2 Mogusaen2_2 Mogusaen3_2 Mogusaen4_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)


別な猫

Cha
磯田ゆうりさんからのメールです。別な猫がいるようです。縄張り争いをしなければいいが、と心配です。
ソックス君ではない猫ちゃんがいました!
この距離で逃げなかったので人慣れしていますね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)


公共事業

ボクの田舎(山口県田布施町)は、人口16,000人の田舎町です。ボクの実家がある部落は山の中で、混雑するような道路は1本もありません。
この背景をイメージして、次の話を読んでください。
昨晩、電話がありました。
山口県柳井土木建築事務所です。光市から柳井市へ抜ける県道があります。曲がりくねって危ないというみなさんの意見があるので、バイパスを計画しています。その計画の中に、田川さん所有の山林と雑地があります。計画を作るのに、取りあえず測量をさせて欲しいというお願いです。」
若い青年が地図を見ながら説明してくれるのですが、場所が特定出来ませんでした。が、まあ、測量ならしていいよ、と答えました。
場所が特定出来なかったにせよ、ボクの実家の周辺にバイパスの必要な道路はない、と不思議に思いました。
電話を切って、ははぁ、これは補正予算13 兆円の使い道か、と気がつきました。
混んでもいない道にバイパスを作る、もっと使い道があるだろう、これがバラマキかぁ、と考え込みました。
多分、県庁から、公共工事の予算が付いたから、道を作る場所を探せ、と命令が来たのでしょう。そうとしか、考えられません。
山口県は、道路がいい県として有名です。
まだ、必要もない道路を作ろうとしているのです。
これがアベノミクスですかね?。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 4日 (月)
犠牲者の氏名公表問題

アルジェリアの人質事件で、政府は、初期の段階で、犠牲者の氏名を非公表としていました。

その是非について、朝日新聞は、社内の「報道と人権委員会」で論議された内容を公表しています。(本日、9面)

3名の有識者が、非公表は間違っている、と指摘。政府が非公表であっても新聞は公表すべきだと結論づけています。

以下、その要約です。

報道は、正確な事実に基づかなければならない。その事実の中には「誰が」という情報が含まれる。

氏名がなければ、情報を検証する手立てがなくなる。

単に数としてしか扱わないのは、死んでいったひとの尊厳を否定することになる。

私たちは、その名を記憶し、その無念の思いや怒りを共有しなくてはならない。

死者は語れない。我々が代わって語らなければならない。

匿名は、虚構や隠蔽を生じさせ、真実を遠ざけることがある。

記者が遺族に配慮して、手控える必要はない。

遺族の方が、辛い中でも、取材に応じておられる。その語りで、亡くなった方の人となりや人生が私たちの心に染み渡ってくる。悲しみや怒りを共有することが出来る。それが大切だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


WBC野球中継

ブラジル戦(土曜)
中国戦(日曜)
両日とも見ました。放送局はテレビ朝日。
視聴率が気になるので、調べました。
以下です。
土曜日 14.8%(19時前)、25.4%(19時以降)
    全日 11.1(1) ・ゴールデン 24.2(1)・プライム 24.3(1) 
    ※()は順位
日曜日 11.8%(19時前)、23.2%(19時以降)
    全日 9.7(1)・ゴールデン 23.0(1)・プライム 20.8(1) 

土日とも、テレビ朝日が、民放で1位です。
快進撃が止まりません。
ボクが在籍していた時代は、万年4位で「振り向けば12チャンネル」などと、自虐的ギャグを飛ばしていたものです。
夢のようです。
逆に、常勝フジテレビが無残な姿で、あのTBSにも負けることがあります。
今週の「週刊現代」の特集です。
「フジテレビ、オワタ」の全舞台裏
フジテレビがなぜダメになったのか、分析されています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 3日 (日)
ソックス情報

吉岡幸子さんからのメールです。

ソックス君は暖かくなって来て良く庭で日向ぼっこしてるみたいですね。ベッドのパッドが赤くなっているので、怪我したのかと心配しましたがよくよく見てみると離れに塗ってあるベンガラみたいです。庭門の敷居でお昼寝するんでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


鳥の話

Hato  Nejiro_2

庭に来るハトとメジロです。
エサを置いて家に入ると、もう、飛んできて食べ始めます。
どこで、見ているのか、鳥のエサを見つける能力には驚きます。
「カラスの教科書」(松原始著 雷鳥社)を読んで知りました。
鳥の体温は40度、人間より高い、飛ばなくても、基礎代謝(アイドリング状態)にもエネルギーが必要、しかも、飛ぶためには身体を軽くしないとならない、飛んでは食べ、食べては飛ぶ、を繰り返し、一日中食べていないと、死んでしまう、らしい。
「明日のために今日も食う」それは人間のことで、鳥は違うらしい。
「次の1時間のために今食う」これが鳥。
ヘビは体温が低い。
1.5メートルのガラガラヘビは、1年間に、リス2匹、おやつにネズミが2,3匹あれば足りるそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年3月 2日 (土)
武器輸出三原則

「ウイキペディア」より。

武器輸出三原則は、共産圏と国連決議による武器禁輸措置をとられた国、及び紛争地域への武器輸出を禁止したものであり、他の地域への武器輸出は「慎む」とされているため、武器輸出そのものを禁止しているわけではない。しかし、日本は原則として武器および武器製造技術、武器への転用可能な物品の輸出をしていない。


最近、新聞を読むのが怖いです。
アメリカが製造する戦闘機の部品を輸出するという。
この戦闘機は、戦争をします。また、飛行機が輸出され、他国で戦争に使われます。
日本は、間接的ですが、戦争に荷担します。
「国際紛争を助長しない」というのが、武器輸出禁止の精神なにの、です。
どんどん、戦争に荷担する国になっていきます。怖いです。

もう一つ、怖い話。
「エネルギー計画有識者会議」
15人のメンバー中、脱原発派は2人。
この政府は、怖い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 1日 (金)
ソックス情報

Socks_2

近づくと逃げるので、遠くから撮りました、と磯田ゆうりさんが送ってくれました。よーく見てください。画面真ん中の石の前で日向ぼっこをしています。
撮影日は「先日」と書いてありました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)


暖かい一日でした

外出していました。
強風で電車が徐行運転をしているらしく、遅れていました。
春一番だったのか?
汗が出ました。
南スーダンの取材番組は5月5日の放送になりそうです。
夜になって、雨が降り出しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »