« 武器輸出三原則 | トップページ | ソックス情報 »

2013年3月 3日 (日)
鳥の話

Hato  Nejiro_2

庭に来るハトとメジロです。
エサを置いて家に入ると、もう、飛んできて食べ始めます。
どこで、見ているのか、鳥のエサを見つける能力には驚きます。
「カラスの教科書」(松原始著 雷鳥社)を読んで知りました。
鳥の体温は40度、人間より高い、飛ばなくても、基礎代謝(アイドリング状態)にもエネルギーが必要、しかも、飛ぶためには身体を軽くしないとならない、飛んでは食べ、食べては飛ぶ、を繰り返し、一日中食べていないと、死んでしまう、らしい。
「明日のために今日も食う」それは人間のことで、鳥は違うらしい。
「次の1時間のために今食う」これが鳥。
ヘビは体温が低い。
1.5メートルのガラガラヘビは、1年間に、リス2匹、おやつにネズミが2,3匹あれば足りるそうです。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505418/56878070

この記事へのトラックバック一覧です: 鳥の話:

コメント

子供の頃、飼っていたインコの体温を測ったことがあります。
40度を超えそうな勢いで、体温計の赤い線がぐんぐん登っていったのには驚きました。

投稿: Miyuki.S | 2013年3月 9日 (土) 04時21分

miyukiさん、お元気ですか?いまや、鳥の専門家ですね。がんばれ!

投稿: ねこ屋亭主 | 2013年3月 9日 (土) 11時47分

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。