« 移動日 | トップページ | 5日目の取材(18日) »

2013年3月18日 (月)
子どもトランジットセンター訪問

「トランジットセンター」とは、主にゲリラに誘拐され、脱出に成功した子どもたちが、一時的に止まって、親を探したり、親戚を探したりします。トラウマのケアなども行っています。

写真に登場する子どもたち全員が、筆舌に尽くしがたい経験をしています。
目の前で両親を殺されたり、人間としての尊厳を傷つけられたりしています。
それでも、過去を忘れ未来を見つめて生きていこうとしています。
ある少女が聞きました。
「お金がなくても勉強する方法がありますか?」と。
ちょうど、この州の教育大臣がボクらの取材を見に来ていたので、聞きました。
「あなたのような孤児は無料で学校に行けます。孤児でなくても、5ポンド(1ドル強)を払えばだれでも小学校に行けます。5ポンドが払えない人は、窓ふきなどの仕事を学校でしてもらっています。」
嬉しそうに、少女は聞いていました。
涙が出そうなシーンでした。
放送をお楽しみに。
写真集です。

(後半の4枚は、番組とは関係ありません。田舎の風景の中の子どもたちです。)

Yambio1_2 Yambio2_2 Yambio3_2 Yambio4_2 Yambio5_2 Yambio6_2 Yambio7_2
Yambio8_2 Yambio9_2 Yambio10 Yambio11_2

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505418/56979424

この記事へのトラックバック一覧です: 子どもトランジットセンター訪問:

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。