« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

2013年5月31日 (金)
将棋(森内俊之名人防衛成功)

4勝1敗で、挑戦者の羽生善治さんを破りました。(今晩・名古屋)

森内俊之さんとは、荒木一郎さんのお宅で知り合いました。
無口な温厚な青年でした。結婚して、子どもを授かって、いっそう強くなったような気がします。
今晩の勝負を解説者は「研究と構想力」の勝負だと評していました。
圧倒的な強さだったようです。
嬉しいです。
「追記」
今朝(1日)の朝刊の解説記事が面白かった。
第5局で、森内くんは、コンピューターソフト「ボナンザ」が使った手(人間が使ったことのない手、定跡にない手として話題になった)を採用したそうです。
その柔軟性を評価されていました。
森内くんは、マジックを、ボクらと一緒にやっていました。
その遊び心が役立ったのでは、と、笑いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


雑談

三鷹の「風待文庫」に来ましたが、まだ開いていないので、近くのCofeeShopでちょっと一息。

(15:00オープン)
Cake
真夏です。バスも電車の冷房が入っています。

昨晩は、田舎の高校の同窓生15名が集まって、食事をしました。
一人づつ近況報告をします。
豪華客船「飛鳥」に乗って40日間、旅をした、という報告がありました。
中級クラスで二百数十万円だそうです。みんな、おー、とビックリ。
500名の乗船者すべて日本人、上級クラスになると、500万円とか、一千万円近くするらしい。8割がリピーターとか。お金持ちはいるものだ、とため息。
ボクの報告は、「絵はがきを作っているので買って使って欲しい」と「田布施まるごと公園化計画」
応援するぞーの掛け声あり、どーせ出来ねーだろー、と、言いたそうな掛け声でした。
「追記」
16:00になっても「風待文庫」は開かず。経営者の携帯に電話するも、返答ナシ。
心配しながら帰宅。メッセージを残しましたが、夜になっても連絡ナシ。???

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月30日 (木)
植物判定器(アプリ)テスト

今朝、散歩していて、分からない花があったので、撮影して「植物判定器」(iphoneアプリ)に投稿してみました。

1時間くらいして、回答が来ました。
これは便利と思いましたが、料金が85円ですから、度々というわけにいきません。今日の初回分は無料でした。
問い合わせたのは。下記の花です。
「ハコネウツギ」だそうです。
Utugi_2

| | コメント (1) | トラックバック (0)


橋下発言余波

毎日新聞(朝刊27面・東京本社版)

慰安婦発言「誤報」の主張
「橋本氏に反論する」
大阪本社編集局長の執筆です。
「天下の毎日新聞が、なんと、大人げないことか」とガッカリします。
相手も、揚げ足取りをやっているのですから、その土俵に乗ると、みっともなくなります。大きな記事です。新聞の品位を下げます。
なにより、読者はこんな記事を読みたいとは思っていません。
「無視」が利口だと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月29日 (水)
芝居(黒柳徹子さん)

Kuro_2

「ステラとジョーイ」
今日から3日間だけ、ルテアトル銀座 14:30分
ワケがあります。
ルテアトル銀座とホテル西洋銀座が今月でなくなります。(同じビルにあります)
最後のステージです。
黒柳さんは、この劇場で 25年間、喜劇をやって来ました。残念だと思います。
多分、劇場とホテルでは、収益性が悪いので、別な商業施設に生まれ変わるのだと思います。
さよなら公演は、高橋昌也さんとの二人芝居。
劇作家・バーナードショーと舞台女優・ミセス・パトリック・キャンベルとの往復書簡を元にした芝居だそうです。
今日、見てきます。

「追記」
Tetsuko
高橋昌也さん肺炎で降板。報道されていたようですが、知りませんでした。
代役は大森博史さん。
満席で追加公演が今晩。初日、昼夜2公演に。
笑いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月28日 (火)
植物判定器(アプリ)

散歩していて、知らない植物(花)に出会うと、名前を知りたいと思います。
携帯で写真を撮ると、名前を教えてくれるアプリを誰か作らないかなーと思っていました。
さっき、友だちが、こんなのがあるよ、と「植物判定器」というアプリを教えてくれました。iphone用アプリです。
アプリは無料ですが、1項目の判定料が85円は、いささか高い。

| | コメント (2) | トラックバック (0)


100円コーヒー(セブンイレブン)

Seven_4

話には聞いていたので、試してみました。
苦い、ストレートでは、ちょっと苦すぎる。
飲む場所がない。紙コップに蓋がないので、車に置いても、持ち歩いても、揺れると飛び出す。
うーん、売れるかなー??
「追記」
蓋がない、は誤りでした。読者の方からご指摘をいただきました。(コメント欄)
写真、右上に蓋が見えます。
失礼しました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年5月27日 (月)
映画「三姉妹〜雲南の子」

China_3

中国映画。ヤン・ビン監督作品。ドキュメンタリー。

3,200メートルの高地の寒村で暮らす3姉妹の日常生活。ドラマ性のない淡々とした日常。ボクは、ちょっと物足りなかった。貧しい環境も、どこかで見たことがあって驚きもなく、撮影した季節が秋から初冬にかけての短期間だし不満。1年かけて撮ったら厚みのある作品になったろうにと、残念でした。
イメージフォーラム(渋谷)という小さな映画館ですが、満席で、ボクは、補助椅子で見ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月26日 (日)
住民投票不成立(小平市)

道路建設のために伐採される予定の雑木林を残して欲しいという住民投票は、投票率が35・17%で、市条例で定めた成立要件「投票率50%」に達しなかったため、投票は不成立、開票は行われない事になりました。
まか不思議な条例を作って妨害したのは市長です。
市長が当選したときの投票率は、正確ではありませんが、50%以下です。
民意を代表していないから失格市長です、という理屈になります。
スポーツの競技ルールを勝手に都合のいいように変えるのと同じ事です。
この国は、ヘンになってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2013年5月25日 (土)
映画2本

「くちづけ」
初日の映画館(立川・シネマシティ)はほぼ満席。
知的障害者が暮らすグループホームが舞台。
究極の人間愛を見たような感動を覚えました。
公式サイト

「少年と自転車」
施設に入れられた少年が必死で父親を探します。自転車に乗って。
「くちづけ」に通底する人間愛。DVDで見ました。
公式サイト

| | コメント (0) | トラックバック (0)


ツツジ

散歩の途中で。

Hana1_2 Hana2_2 Hana_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)


住民投票(小平市)

玉川上水脇にある雑木林を伐採して道路を作る計画に反対して、明日26日に住民投票が行われます。

投票率が50%を越えなければ開票しない、ということです。
その意味は、市民全体の意志の反映ではなく、特定団体の意志である、との考え方です。
散歩の途中で、投票を呼びかける人に会いました。
アップリケ風の手作りののぼりが印象的でした。
「ボンドで貼り付けただけです」と笑っていました。

Kodaira1_2 Kodaira2_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)


朝の訪問者(ネコ)

Neko_2

新聞を読んでいたら、気配を感じました。7時頃。
興味深そうに長い間、眺めていました。
昨日は、冷房が欲しいと思いましたが、今朝は、ストーブが欲しいと思います。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年5月24日 (金)
夏日

暑い一日でした。

家のまわりのブロック塀にツタを這わせてありますが、あまりにも茂ってきたので、半分くらいにカットしました。
汗だくだくでした。
写真は、グミの鉢植え。
Gumi_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月23日 (木)
橋下徹の断末魔(文春)

国連(拷問禁止委員会)が、日本政府に対して、橋下発言の見解を要求したそうです。
世界中が「とうてい受け入れられない」と言っています。
27日に、外国特派員協会で会見して、世界に弁明するようですが、彼の持論は、世界の誰にも受け入れられないでしょう。
この会見がまさに断末魔となり、The End.
恥ずかしい出来事でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月22日 (水)
女性手帳

「女性手帳」

内閣府に設置された「少子化危機突破タスクフォース」の発案で、妊娠や出産の知識を広める狙いという。

子どもを産んで欲しいという国の切実感です。
国を支えるために、です。
戦時中は「産めよ増やせよ」の掛け声のもと、命の生産を奨励しました。国民が、戦争で命を落とすので、命の増産が必要だったのです。
国民は、国のために子どもを産んだのです。
人口が減る、確かに、老人を支える若者が減少すると、国は困ります。
しかし、困ったら困ったなりに、少ない人口で国を運営することを考えればいいので、今までの繁栄を維持しようとするから、国が国民の生き方にまで口を出す事になります。
「生んでくれ」
女性は国の道具ではありません。
それなりの暮らしでいいのではないでしょうか。
さすがに、政府も、人の生き方に口出しすることになると気がついたらしく、この手帳は、希望者だけに配布する、と決めたそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月21日 (火)
木製ビビと

Bibi

大型の木製ビビは「風待文庫」(三鷹駅北口)で招き猫をやっています。
写真は、経営者の古厩志津子(ふるまやしずこ)さんとイラストレーターの中村みつをさん。
中村みつをさんと近くを通ったので寄りました。
田布施町(ボクの故郷)の絵はがきを作ろうと思い、中村みつをさんに依頼しました。
打ち合わせの結果、6月末までに3枚の原画完成、7月半ば印刷上がり、という計画を立てました。印刷所にも行ってきました。
順次、10枚程度まで増やしていきたいと思っています。
町民のみなさんへ使ってもらい、全国へ田布施町のPRを、という作戦です。
中村みつをさんから写真が届きました。
Kazemachi_2

| | コメント (1) | トラックバック (0)


ブルーベリー地方発送受付

Kamubira_2

ぼつぼつ、予約をいただいています。
生育は、今のところ順調です。昨年並みの収穫を予想しています。
昨年「ブルーベリーってこんなに美味しいの?」と驚いて食べていただいたのは、女優の根岸季衣さんでした。
味には自信があります。
注文、お待ちしています。
下記サイトを参照して下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


たぶせ和ろうそく(NHKで放送)

ボクの田舎(山口県田布施町)で、仲間とハゼの実ロウ復活委員会」というグループを作り、ハゼの実から和ろうそくを作る活動をしています。
NHKで取り上げられるようです。(多分少し)
放送日は以下です。
5/23(木)20:00~21:00 
NHK BSプレミアム『BS歴史館』
再放送は翌週金曜日の朝8:00~9:00です。

写真は、「たぶせハゼろうまつり」
今年は8月4日(日曜日)です。
感動します。お越し下さい。

Haze_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月20日 (月)
呆けたネコ

今日は寒いです。 ボクの飼い猫、「海」です。
さっきから、火のないストーブの前に座っています。
まもなく14歳になります。
Kai_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)


「ビビの手ペン入れ」

昨日行った蒲生マリコさんの人形展で、面白い小物があったので紹介します。

「ビビの手ペン入れ」
01_2
ネコ好きの方、ビビファンの方、取り次ぎます。
2,000円です。(送料込み)
注文生産(蒲生さんの手作り)ですので、時間がかかると思いますが、作ってくれます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年5月19日 (日)
近所のネコ

夕方帰宅すると、近所のネコに1匹や2匹、出会います。
これは「メグ」という飼い猫です。
ひっくり返って触ってくれと催促します。
Megu1_2 Megu2

| | コメント (0) | トラックバック (0)


今日の行動(その2)

人形作家・蒲生マリコさんの個展「村にサーカス団がきました」へ。

Mariko1 Mariko2_2 Mariko3_2 Mariko4_2

恵比寿にある画廊「Malle」
蒲生マリコさんのHP

蒲生マリコさんには、「ビビ人形」と「席取りビビ」の制作をお願いしました。 抜群の構想力、丁寧な仕上げ、日本一の人形作家です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


今日の行動(日曜日)

ダンスショー

「ダンス、ダンス、アラウンド・ザ・ワールド」
荒木一郎 プロデュース・脚本・演出

Araki3_3 Araki1_2 Araki2_2

人間のすばらしさを、世界を巡りながらダンスで表現する1時間40分。
ロボットが登場して、人間は地球を管理する能力がない、我々が地球を管理する、と言います。人間が反論します。そして、人間のすばらしさをロボットに見せつけるのです。
ダンスの中にマジックも組み込まれて、見応えのある舞台。
こんな楽しいことやっているから、荒木さん、年取らない。羨ましい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月18日 (土)
橋下徹の居直り

アメリカ国務省が、橋下発言を「言語道断で侮辱的」と非難しました。

これに対して、彼は、居直って言いました。
「朝鮮戦争やベトナム戦争で(アメリカは)女性を同じように利用していた。(批判されことは)光栄だ。沖縄の現状をどんどん伝えていきたい」
口喧嘩では意味がない。
具体的行動を挙げて、アメリカを非難して欲しい。韓国で、ベトナムで、そして沖縄で、米兵は何をしたの?もし、ホントに、ボクらが知らない非道さがあって、それを世界に知らしめることが出来れば、橋下発言が生んだメリットになるかも知れない。
しかし、沖縄の現状を知っていて、いままで言わずに、非難されてから、腹立ち紛れに言うのは、政治家の資質としてヘンではあるが、まあ、真実をばらせるのだったら、やってみて欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


東京へ

きょう、東京へ戻ります。

好天に恵まれ、予定の作業を終えました。
6月半ばから夏の間、長期に滞在します。
ネコが気がかりですが、エサは、かなり大量に置きました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年5月17日 (金)
バラの園

ネコのエサの面倒をみてもらっている吉岡幸子さんの庭を初めて見せてもらいました。
バラが咲き乱れ、ターシャ・テューダの庭を連想させます。
これだけの面倒を、一人で、とビックリしました。
Garden1_2 Garden2 Garden3 Garden4 Garden5

| | コメント (3) | トラックバック (0)


橋下発言

友人の吉村峰子さん(南ア在住)からのブログへのコメントです。
橋下さんの発言が英語、フランス語、中国語などにどんどん翻訳されて世界に出回っているのを見て、本当に狼狽しています。」
アメリカ政府も「発言は言語道断で侮辱的なものだ」と激しく批判しています。
恥ずかしくて、ボクは、力が抜けて、脱力状態です。
政治家の無教養さに。
これで、野党の連携はできなくなり、自民党の圧勝でしょう。
仕方ない。せめて、安部晋三が、発言で失脚してくれないか、と願っています。
この人も、橋下に近いから・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月16日 (木)
ネコ情報

茶色ネコが2匹いることは確認しました。
この2匹がいるからソックスが来ない。エサを置かなければ茶色は来ない。
茶色がいなくなればソックスが現れるかもと考えました。
ところが、夜ご飯を食べていたら、外で、ニャーニャーネコが鳴きました。
茶色ネコが「エサを寄越せ」と鳴いているのです。
Neko1_2 Neko3_2 Neko2_2
それでも与えない、は出来ないので、カリカリと牛乳をやりました。
ボクを警戒しながら食べていなくなりました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年5月15日 (水)
アンネのバラ

アンネのバラが咲きました。急激な気温の上昇で、急に開花を始めました。
色が変化します。

Rose1_2 Rose2 Rose3

| | コメント (0) | トラックバック (0)


海上兵器展示会

NHKニュースから。

シンガポールで、海上兵器の展示会が開かれているという。
最近「軍縮」という言葉を聞かなくなった。誰も関心がなくなったのか?
世界が軍備拡張に走る。
これだけの兵器生産にお金をつぎ込むのなら、アフリカの「飢餓」は簡単に解消する。
人間は、悲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


橋下市長を応援する暴走老人

石原慎太郎の発言。(橋下発言について)

「軍と売春はつきもので、歴史の原理みたいなもの」
反省して、何とかしよう、どうしたらいいだろうか、と考えるのが知性ある人間。
橋下市長は、ツイッターで自説を展開しているらしい。
どーしたんだ、日本は・・。
高市早苗の発言もすごい。
過去の戦争で「侵略」という言葉はしっくりこない、と。
この人も、頭がどうかしている。過去にこんな発言もあったそうだ。
「あたしは、(戦争の)当事者とはいえない世代だから、反省なんかしていない」
我々は、歴史を切り離して、自分の世代だけでは生きられないのですよ、高市さん。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年5月14日 (火)
慰安婦は必要だった(橋下発言)

酒に酔っ払って、理性を失った時の会話じゃないの、と驚きました。

以下、記者会見での発言です。
兵士の性的エネルギーを放出させるのに、慰安婦は必要だった。アメリカの兵士も、もっと風俗業を活用してほしい。日本には、法律の範囲内で認められている中で、性的エネルギーを合法的に解消できる場所はあるわけだから、もっと活用してほしい。
橋下さん、売春禁止法を知らないわけないでしょう。
お金での性行為は禁止されています。日本の風俗業には、慰安婦に相当する女性はいません。それをやれと言っているのですか。法律を破ってでも。
大きな問題は、人権問題です。
売春禁止法の根底に流れる精神は、人権問題です。
お金で「性」を売る、これは人間の尊厳に関わることです。
売春を公認している国もありますが、日本は「それはやらない」と決めたのです。
そう決めた背景に、慰安婦問題の反省もあったかも知れません。
橋下さん、あなたは間違っています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年5月13日 (月)
ネコ情報

Neko_2

このネコが居ついているようです。
もう1匹、茶色がいます。
ソックスは、追い払われた可能性が高いですが、もう少し、観察します。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2013年5月12日 (日)
田舎は美味しい

Sakuranbo

佐藤錦、参ったか!
美味しい!
岡部吉美さんが届けてくれました。自宅の庭になったそうです。
コンポートも。よく種を抜いたなー、と驚き、ばくばく食べたら申し訳ないような気分。
隣のおばちゃんからは、レタス。美味しい。
イチゴジャムも。美味しい!
夕方、隣のおばちゃんからもらった。
美味しい!
Ichigo

| | コメント (0) | トラックバック (0)


参院選公約(自民)

原発の再稼働を明記するそうだ。

「国が責任を持って再稼働させる」
この“責任を持って”という意味がわかりますか?
福島の原発事故で、事故が起こったら責任の取りようがないことは、証明されました。
も一度、聞きます。
「責任を持つ」とは、どういう意味ですか?具体的に説明してください。
出来ないでしょう。
国民を誤魔化す言葉です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月11日 (土)
ブルーベリー畑など

Bb_2

ブルーベリーは順調です。
明日から草刈りをします。
茶色のネコは見かけましたが、ソックスはみかけません。
鳴き声がしました。ソックスでは、と思いましたが、姿は見えませんでした。
もちろん、大声で呼びましたが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


田舎へ

きょう、田舎へ行きます。

農園の草刈りが主な仕事です。1週間で戻ります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年5月10日 (金)
ひとりで点滴に行った猫

「猫新聞」より。(投稿・吉田あい子さん)

推定14,5歳の猫(もともと捨て猫)の話です。
内蔵機能が弱り、5キロの体重が半分になり、食も細く、点滴でかろうじて生きている状態だったそうです。
飼い主が、買い物の帰りに、点滴の予約に行ったら、先生が言いました。
「さっき、玄関にちょこんと座っていたので、ドアを開けたら、診察室へ入ってきました。それで、点滴にきたんだと思い、いつもの処置をして帰しましたよ」
自宅と病院は100メートルの距離だそうです。
先生の話は続きます。
「付き添いなしで猫ちゃんが診察に来たのは初めてです。交通事故に会わなくてよかったです。帰りは私どもで送っていきました」
その後、この猫は、静かに昇天したそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


憲法96条改訂ーアメリカは?

安倍晋三の歴史認識については、アメリカで批判が高まり、彼の意見に誰も賛成する者はいない、と報道されています。靖国問題、慰安婦問題、侵略問題、などについてです。

日本では、まわりに誰も直言出来る人がいなくなっている、と新聞が書いています。
誰も止められない、やりたい放題、言いたい放題ではないのか。
孫崎亨さんの「戦後史の正体」などによると、日本の政治はアメリカに操られ、アメリカの意志のままに進んできたと書かれています。
となると、アメリカは、安倍晋三を失脚させる作業を始めているかも知れません。
そこで、憲法96条の改訂から、9条の改訂、国防軍の創設、など、戦争が出来る国への変革を、アメリカはどう思っているだろうか、気になります。
メディアの怠慢です。このポイントはかなり重要です。
アメリカの役割を肩代わりしてくれるから好ましいと思っているのか、反対に、日本軍が強くなると、アメリカに刃向かう可能性があるので危険だと思っているのか。
発言が出てこないと書かないのでは、情けない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月 9日 (木)
美人歌手とイラストレーター

イラストレーターの中村みつをさんから、歌手の多田周子(ただしゅうこ)さんを紹介されました。

多田周子さんの「Mikan」という最新CDの歌詞カードに絵を提供したという関係です。
CDの装丁と歌詞カードの中の絵を紹介します。

Mikan Mikan2_2 Mikan4_2 Kikan5_2

美人に頼まれると、こんな奇麗な絵を描きます。
中村みつをさんは、現金なイラストレーターです。
「解説」
現金なヤツ=急にやる気を出したり、機嫌が良くなる人。

CDは、懐かしい日本の歌。ふるさと、浜辺の歌、夏の思い出、みかんの花咲く丘、蘇州夜曲、宵待草、など11曲。
やさしい歌声が身体にしみ通ってきます。
やさしくなれます。

「中村みつをさんの反論メール」
あれれれ。これは、ちょっと辛い。
決して現金なやつではないですよ。
もちろん美人とかもないしね。
「ビビ」も「みかん」も他も、気に入った仕事はいつも全力投球です。

「反省」
褒め言葉のつもりでしたが、度が過ぎました。
反省です。


| | コメント (0) | トラックバック (0)


春の話題

Tanpopo_3

「タンポポの知恵」
花が咲いた後、綿毛ができるまで、1週間から10日かかります。
その間、茎は、横たわります。(寝ます)風で倒れたり、動物の足に引っかかったりしないように。
綿毛ができ始めると、茎はどんどん長くなって、立ち上がります。遠くへ綿毛を飛ばすためです。茎の長さは、花の時の5倍以上になります。
この写真から、その三つの状態を観察することができます。
賢い植物です。
Ghakusei_2
「眠る画学生」
散歩道、近くの美大の学生だと思いますが、画用紙を抱えて寝ていました。
春です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)


企業の好決算

トヨタ、富士重工、東芝、それぞれ、好決算を発表しました。発表する社長の表情は晴れやか。こぼれそうな笑みを押し殺しているのが分かります。

そのニュースを見ながら、「後ろめたさ」はないのだろうか、と思いました。迷惑をかけていないだろうかという反省です。
従業員に対して、下請け企業に対して、そして、消費者に対して。
せめて、儲けたお金を、何に使うのか説明して欲しいと思います。
説明責任(アカウンタビリティ)です。それが発表されれば、すっきりし、納得します。
ボーナスとして従業員へ、下請け企業へは報奨金として、消費者には、価格を下げる、など。
「儲けた金は、どう使おうと勝手」では、社会的責任を負った企業としては失格。
尊敬される会社になるには、説明責任が必要です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月 8日 (水)
出版「人間万歳」(田沼武能さんのエッセイ)

Tanuma_2

昨晩、田沼武能さんからいただきました。
「人間万歳」岩波書店
人間が好き、という田沼武能さんが撮った写真にまつわる心温まるエッセー。
どうしてこんなに元気なのだろうか、と圧倒される84歳。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月 7日 (火)
チャリティー展と報告会

中村みつをさんが仲間と開催しているチャリティー展へ行きます。

中村さんと会う約束をしました。久しぶり。
その後、昨日放送の番組スタッフと黒柳徹子さん、写真家の田沼武能さん、などと報告会・反省会をやります。
番組を見ていただいた方から、暖かい感想をいただきました。
ありがとうございました。今晩、みんなへ報告します。

「チャリティー展」

Mitsuo1_2  Mitsuo2_2

「チャリティ展」は、楽しいです。一人1点、いろいろな作風の作品を楽しめます。ネコの絵が、なんと多いことか。犬はゼロ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月 6日 (月)
原発輸出は「徳」に欠ける(毎日新聞)

毎日新聞「風知草」山田孝男

(要約)
「先様がよくて、こちらも助かるならいいじゃないか」という考えには同意できない。
自国の経験に学び、友好国の安全も親身に考える徳に欠ける。
原発には二面性がある。繁栄も生み出すが、時として国土喪失に至る。戦争並みの危機を招く装置である事も明確になった。
国内では事故に懲りて、原発離れを探り、中東では稼ぎ優先の原発ビジネス。二枚舌も使いようだが、徳望ある「新しし国」にはふさわしくない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月 5日 (日)
チャリティー展(イラストレーター)

Mutsuo_2

イラストレーターの中村みつをさんが、仲間とチャリティー展を開催します。
中村みつをさんからのメールです。

東日本大震災被災地支援「チャリティー展」のお知らせです。
ぼくは「山猫さんの手紙」という作品を描きました。
Neko
ギャラリーまぁる


| | コメント (0) | トラックバック (0)


視聴おんれい

本日の番組をご覧いただき、ありがとうございました。

録画をしていただいたみなまさ、ありがとうございました。
沢山の感想をいただきました。
ありがとうございました。
教育が国の基本です。子どもたちは、学校へ行きたい、勉強したいと思っています。一人でも、子どもの笑顔が増えるように、ご協力をお願いします。
ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


番組紹介

Asahi_2 Mainichi_2

朝日新聞(左)も毎日新聞(右)も「試写室」という欄で紹介してくれました。
嬉しいです。
今日は、不幸なことに、同じ放送時間帯に、国民栄誉賞の授与式が後楽園球場であります。長嶋茂雄さん、松井秀喜くん、それに、安倍晋三。
それに天気がいい。トホホであります。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2013年5月 4日 (土)
映画「ハーブ&ドロシー」

この映画も友人の本間ちひろさんの推薦。TSUTAYAにあったので、見ました。

NYに住むアート収集家夫婦のドキュメンタリー。郵便教員のハーブと図書館の司書として働く二人は、自分たちの給料で買え、しかも、自分たちのアパートへ入る事を条件に2,000点のアートを収集します。
有名アーチストの無名時代の作品が多くあります。いま、それらは、全米の美術館に寄付され、一般に公開されています。
爽やかな映画です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


空港で荷物が消える(ローマ)

アリタリア航空はヤバイ!

荷物抜き取りで49人逮捕!

| | コメント (0) | トラックバック (0)


毎日新聞の変化

Mainichi_5


「みどりの日」にちなんで、題字から広告、更に、下段の書籍の広告も、自然モノを選んでタイトルを緑にしています。
面白く楽しいと思います。
最近、紙面構成に余裕がでてホッとするなぁ、と思っています。
いままでは、余白がなく、活字を詰め込んで、1面が真っ黒、という感じでした。
内容さえ良ければ、紙面デザインなんかどうでもいい、という感じでしたが、変化が出てきたように思います。
いいぞ、毎日新聞。
ボクの住んでいる立川は、最終版ではないのが、不満。
朝日は最終版が届くのに、なぜ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月 3日 (金)
黒柳徹子さんの記事(赤旗日曜版)

Akahata_3

赤旗日曜版(5月5日)
黒柳徹子さんの南スーダン報告。
1面全部を使った大きな記事です。3週続きます。
(紙面が大きすぎて、読める状態に出来なくてすみません)

| | コメント (0) | トラックバック (0)


映画「おじいさんと草原の小学校」

友人の本間ちひろさんが、ブログで推薦していたので、TSUTAYAで借りてきました。

ケニアが舞台のイギリス映画。
実話に基づいたドラマだそうです。アフリカの風景に中で静かに進行する素敵なドラマです。
2003年、ケニアは、小学校無償制度を発足させます。
84歳の老人が入学を希望しますが拒否されます。しかし、老人は諦めません。
字が読めるようになりたいのです。英国からの独立運動に身を投じ、投獄された過去が描かれます。彼の過去が「教育は力」という信念を育みます。
理解のある女性校長が入学を許可しますが、中央政府の反対で、校長は左遷され、おじいさんも学校に行けなくなります。
最後に、おじいさんは、ナイロビの政府機関に乗り込み、教育の大切さを訴えます。その後、おじいさんは、実話です、ニューヨークの国連で教育の大切さを訴えたそうです。
84歳のおじいいさんは、最高齢の小学生としてギネスブックにも登録されているそうです。
爽やかな映画を見ました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)


安倍首相・中東歴訪の意味

ロシアに続いて、サウジアラビア、UAE、トルコの中東歴訪は「資源外交」とマスコミは呼んでいます。原油やガスは、問題なく購入できているのに、なぜ資源外交なのか、ヘンだな、と思っていました。

昨晩の「報道ステーション」で、歴訪の旅が、原発を売り込むセールスの旅だったことが分かりました。
福島を逆手にとって「福島を経験した日本が、技術力は一番高い」と。
広島と長崎で、何十万人も殺され、福島で、何十万人もの人々を故郷から追い出しました。
放射能被害の残酷さは、世界で一番、日本人が知っています。
その危険性を知りながら、大型商談だとトップセールスをする安倍晋三を、ボクは、人間性を持った人間か、と疑います。
武器を売って儲ける商人を「死の商人」といいます。
原発は、人を殺すことが目的ではありませんが、その危険性を大きく孕んでいます。なので、ボクは、原発商人を「死の商人」の仲間に入れます。
自動車だって、交通事故で、人を殺すではないか。確かに、そうです。しかし利便性の方が何百倍も高いので、我々は、自動車を作り続け、売り続けます。
原発だって、同じ理屈だよ。危険度はあるが、利便性の方がはるかに高い。
これが、経済をベースにした安倍晋三の論理だと思います。
放射能被害の非人道性は、自動車事故に比べるわけにいきません。
電気を作る事は、原発でなくても出来る、それは証明済みです。
それは高い。そんなことはありません。福島事故で、今からの処理には天文学的なお金がかかります。
自然エネルギーの技術を売り込んだ方が、どれだけ人類にとって幸せか、経済的効果ではなく、人間の生存という観点から行動して欲しいと切に願います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月 2日 (木)
往生際の悪い猪瀬直樹

謝罪会見をしておきながら、FacebookやTwitterで、四の五の言っているらしい。

「ほんの一部の発言を大きく取り上げられた」と文句を言っているようです。
何回も指摘するように、その発言にニュース性があれば、当然大きくなります。
メディアの特性を知らないあまりにもナイーブな発言。
知事辞任、オリンピック候補地取り下げ、などの激しい意見もあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


黒柳徹子さんの記事(朝日新聞)

Asahi

(朝日新聞15面「私の視点」)
〜子どもの権利・思いやりの心が希望を生む〜
ネット(朝日新聞デジタル)では、会員登録して料金を払わなければ読めません。
なんという・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月 1日 (水)
椎名誠さんの新刊

Cnabook

「ぼくがいま、死について思うこと」(新潮社)
者者から、今日届きました。
「死」について本格的に書いたのは初めてだそうです。
最初の1章とあとがきを読んだだけですが、年齢が近く、もうボツボツだよなぁ、とぼんやり思っているので、ぐさりと来ます。
あとがきに、日本は幸せな国ではないと。なぜなら年間3万人以上の人が自殺する現実があると。
特に、生徒のイジメによる自殺は、教師や報道するマスコミなどの大人が悪いと。
ボクも、そう思います。
途上国の子どもたちで、自殺するという話を聞いたことがありません。
貧しい中で、懸命に前向きに生きようと目は輝いています。
人間はみんな「前向きに生きる力」を持っています。その力がゼロになって自殺する生徒がいます。それは、教育の責任です。
椎名さんは、言います。
イジメなんて、ほんの人生の「点」でしかない。自分は喧嘩して戦ったけど「逃げる」方法だってあると。
死なないですむ世界の実現のためにも、お読みください。

| | コメント (1) | トラックバック (0)


番組PR(読売新聞)

5日放送の番組が紹介されています。

(今日の読売新聞)

| | コメント (0) | トラックバック (0)


無知の極み(猪瀬知事)

イスラム研究者・飯塚正人さん(東京外語教授)のコメントは厳しい。(朝日新聞)

イスラムの国はけんかばかり、は事実ではない。トルコはどこと喧嘩しているというのか。発言の背景に「イスラム=テロ、暴力」という偏見があるとイスラム圏の人は感じるだろう。(中略)
「長生きしたければ、日本のような文化を」という発言があったが、数多くの世界文化遺産を誇るイスタンブールの人々にとっては「無知の極み」としか言いようがない。
開催候補地のイスタンブールもマドリードも「コメントしない」と静観状態です。
しかし、これからイスラム社会が、何らかの反応をするとボクは思います。
猪瀬知事は「これでおしまいにしたい」と言いましたが、このような態度が、また反発を呼ぶのではないでしょうか。
ボクは、アメリカの小学校の給食メニューを見たことがあります。
1週間、肉類は「鶏肉」だけで、豚肉も牛肉も使っていません。
多民族国家のアメリカでは、宗教によって、豚を食べない人、牛を食べない人、がいるからです。
それを認めないと国が成立しないからです。
子どもの頃から、給食を通して、自然に、他者を認め、リスペクトする世界観を会得します。
日本人は、学習によってそれを学びます。
猪瀬知事は、学習不足、というか、学習以前の、常識とか教養とかの欠如で、「無知の極み」が最も適切な表現だと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »