« 人間ドック | トップページ | ネコ情報 »

2013年10月31日 (木)
ヘンな判決(NHK受信料)

NHKの受信料に関する東京高裁の判決。
「受信者が拒んでも、NHKが契約を結ぶよう通知してから2週間で契約は成立する」
テレビが壊れたからと支払いを拒否した男性に11万円の滞納受信料を払うように命じた判決です。
テレビ受信機を購入すると、頼みもしないのに、勝手にNHKは電波を発射して、お金を払え、と言います。
「放送法」という法律に「テレビを設置した者はNHKと契約しなければならない」という条文に依拠した判決です。
しかし、この法律がもともと憲法違反なのです。
契約の自由は基本的人権です。
勝手に、欲しくもない商品が宅配便で送りつけられ、さぁ、お金を払ってくれ、と言っているのと同じです。
この裁判が確定すると、契約する自由は奪われ、強制徴収される事になります。
裁判官の頭脳を疑う判決です。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505418/58490332

この記事へのトラックバック一覧です: ヘンな判決(NHK受信料):

コメント

NHKについては、こんな記事も気になります。

http://mainichi.jp/opinion/news/20131102k0000m070109000c.html

投稿: | 2013年11月 2日 (土) 20時59分

やりたい放題の政権、だれか止めなければ、と思います。

投稿: ねこ屋亭主 | 2013年11月 2日 (土) 22時16分

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。