« コスモス | トップページ | 首相の趣味は「右翼」 »

2013年10月24日 (木)
人間の味覚

阪急阪神ホテルズの食材偽装は、7年間、7万9千人の人が食べたという。

 これだけ長い間、発覚しなかったのは、我々の味覚は不確かで、それを判別する味覚の訓練がされていないと、無理なのでしょう。

 料理人は、それを見越して「絶対分からない」という自信を持っていたのでしょう。これが料理人としての誇りだったりして・・?

 ホテルの言い訳はこうです。

 「厨房のスタッフとメニューを書く営業スタッフの意思の疎通が悪かった」

 そんなバカな事がありますか。

 

 手ごねハンバーグは既製品

 芝エビは安いエビ

 津軽地鶏もウソ

 九条ネギも普通のネギ

 霧島ポークもウソ

 うーん、ボクも見抜けないだろうな。最初から疑いを持って食べれば、ちょっとヘン、くらいは感じるかも知れない。

 鮮魚という表示で、冷凍を使っていた、というのもあった。

 これは見抜けるかも。高級レストランで、これは冷凍だな、と感じたことは何回かあります。

 ボクは瀬戸内海育ちで、生魚を食べて育ちました。

 人間の弱点を突いた卑怯な犯罪は、後味が悪い。

 

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505418/58444776

この記事へのトラックバック一覧です: 人間の味覚:

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。