« 今日の出来事 | トップページ | 今日の出来事 »

2013年11月10日 (日)
柿(その2)

今日の「天声人語」(朝日新聞)は「柿」がテーマ。その中から。

川柳「熟れし柿の少しも減らず少子国」

島田洋七が話す「がばいばあちゃん」の中にこんな話があります。
学校から帰った洋七がばあちゃんに言います。
「腹減ったぁ」
ばあちゃんが答えます。
「◯◯さんの家の柿が食べ頃じゃ」
若い世代に人気がないのだそうだ。
皮をむくのが面倒。それが理由らしい。
みかんも皮も面倒。丸ごと口に入れられるイチゴや種なしブドウが人気だそうだ。
美味しいモノを食べたいという意欲のない人とは付き合いたくない。
美味しい料理は「面倒」の塊だ。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505418/58547683

この記事へのトラックバック一覧です: 柿(その2):

コメント

柿を子供も孫もあまりたべたがりませんね。
皮をむいてやってもダメ。
私は大好きです。種無し柿も食べ易いのですが、
私はタネの回りの実が好きです。ついでに、干し柿も好き!
我が家も、ご近所もこの辺りは、今年は柿の実はたわわですよ。

ネコ達はお心ずくしの「ネコ部屋」でおヤスミになりましたか?

投稿: 平田 賀津子 | 2013年11月10日 (日) 12時24分

猫部屋で寝ています。猫砂を2つ置きました。両方に入って遊んだ形跡(足跡)はありますが、なにもしていませんでした。

投稿: ねこ屋亭主 | 2013年11月10日 (日) 19時47分

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。