« 東京へ | トップページ | 弾丸提供の緊急性はウソ? »

2013年12月24日 (火)
日本の外交力

「弾丸が欲しい」
日本が平和国家として守ってきた決め事を、緊急性が高いと、ノーズロでそれに応える政府。
「緊急性が高い」「人道的見地から」
蓋然性が低い事象でも、起こったらどうする、と国民を脅し、憲法も法律も、決め事も無視する。もはや法治国家ではない。
「弾丸は渡せないが、経済支援はする」
今までの政府だったら、そうしたでしょう。
外交力です。
秘密保護法案にしても、現存の法律で守り切れるとアメリカを説得する外交力がないから、国民の意志を無視することになります。
積極的平和主義とは、人を殺さないこと、人権を無視しないこと。
勘違いが多すぎる。
「Stop the Abe」

岩国錦帯橋空港にいます。
アメイジング・グレイスが流れています。
この曲は、奴隷船の船長が、自分の人生を悔いて、牧師になり、作った歌です。
最大に尊重されるべきは「命」です。
日本の政治家へ「Amazing Grace」を送ります。

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本の外交力:

コメント

同感です。あと3年間もこの政権が続くと思うと背筋が寒くなります。明らかに誤った方向に進んでいます。
沖縄の辺野古も、力尽くで押し切ろうとしています。
はやく何とかしないといけません。

投稿: ねこ屋亭主 | 2013年12月24日 (火) 18時52分

日本に住んでいないから、ということを言い訳にしたくないのでですが、外から見ていると、どう考えても今の政権が日本の本来あるべき姿を歪めていると思います。

昨日も、こちらの友人に「これまで日本の憲法で、日本の”自衛隊”は誰も殺していないし、殺されていない」という話をして、心底尊敬されたばかり。でも、これで、日本の弾丸が使われて、人が殺されたら、もうこの事実も過去のものになりますね。

天皇陛下の昨日の会見を読んで、「戦争」を取り上げていらっしゃったことに、心からの感謝を覚えました。皇后陛下の五日市の自由民権運動への言及と併せて、ご夫妻の現政権への痛烈な批判だと捉えました。

投稿: 吉村峰子 | 2013年12月24日 (火) 16時00分

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。