« ラベンダー畑 | トップページ | 金メダル(羽生結弦くん) »

2014年2月14日 (金)
チョコレート

チョコレートを食べられたことでしょう。
毎年、この日に、アフリカの子どもたちのことを書いてきました。
今年もまた、思い出してください。
チョコレートはカカオ豆が原料です。そのカカオ豆は西アフリカのガーナとコートジボアールが主な生産国です。
ラグビーボールのような実の中に空豆くらいの種子があります。これが原料です。
カカオ農園では収穫に子どもたちが働かされています。単純な仕事ですから子どもでも出来るのです。ご飯一杯で、怠けるとムチが飛びます。奴隷のように使われるのです。
子どもたちは学校行くことができません。
いわゆる、児童労働です。
この農園に子どもを売る親もいます。貧しいからです。3千円程度だと言われています。
子どもの一生の値段が3千円です。
近年、チョコレートメーカーは、子どもを使役に使う農園からは豆を買わない、と言い始めています。なので、農園も、農園の中に学校を作ったりして、状況は改善されつつあるようですが、どうでしょうか?
おれは何個チョコレートをもらった、とか、ゲーム感覚でやり取りする若者のみなさん、チョコレートの裏には、こんなストーリーがあるのだと言うことを知ってください。
チョコレート業界最大のイベントです。
みんなが買ってくれたチョコレートのお金が、農園で働く子どもたちのためにならないシステムが悲しいです。大人たちがもうけるだけで、子どもたちが学校へ行けるようにならないのです。
きょうも、子どもたちは働いています。彼らは、こんな美味しいチョコレートを食べたことはありません。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505418/59130851

この記事へのトラックバック一覧です: チョコレート:

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。