« 映画「世界の果ての通学路」 | トップページ | チャリティー展 »

2014年4月24日 (木)
偽善とか売名とか・・

モデルの知花くららさんが国連WFP日本大使に就任したそうです。昨年12月。
(毎日新聞「ひと」欄)
WFPとは、国連食糧計画といい、飢餓状態の人々に食糧を届ける仕事をしています。
活動を始めたとき、次のように批判されたそうです。
「華やかな世界に身を置きながら飢餓の窮状を訴えることは偽善的である」と。
知人の言葉で乗り越えたそうです。
「モデルをしているからこそ広報役の立場がある」と。
「謙虚さ」が美徳だった時代がありました。
伝統は残っていて、目立つことは売名だったり偽善だったり。
違います。
「有名性」を利用して人の役に立つことは、どんどんやるべき事なのです。
黒柳徹子さんはユニセフ親善大使をやっています。有名だから効果があるのです。
無名な人がやったら、効果は限定的です。
美徳の概念も時代とともに変化しています。
有名性を利用することが美徳なのです。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505418/59521471

この記事へのトラックバック一覧です: 偽善とか売名とか・・:

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。