« チャリティー展 | トップページ | 頼りない大臣 »

2014年4月25日 (金)
TTP 交渉

とんでもない事になっています。
「聖域は守る」と何回言いましたか?安倍晋三です。自信ありげでした。
しかし、アメリカは牙をむいて襲いかかっています。
日本の農業を壊滅させます。特に畜産を。
大量生産する豚や牛を日本人に食わせたいのです。

1年くらい前に東京で知り合った青年は酪農学園大学(札幌)を卒業して、畜産を志しています。
ボクは彼を勧誘しています。ボクの田舎の田布施に来なさい、そして、畜産で町おこしをしてほしい、と。本人もその気になっています。
しかし、TTPの行方次第では、新しく畜産事業を立ち上げるなんて、とても出来る環境ではなくなります。
今朝、彼にメールを書きました。TTPの行方を注視しよう、と。
TTPの正体がやっと分かってきました。日本をアメリカのマーケットにしようとしているだけなのです。

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: TTP 交渉:

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。