« 大飯原発運転差し止め | トップページ | 今朝の猫 »

2014年5月22日 (木)
感動の判決(大飯原発差し止め)

ホントに心から感動しました。早起きして判決文を読みました。
原発を人格権(個人が肉体も精神も健康で安全に生きる権利)をベースに論じた批評に出会った事がありません。
ヨウ素剤を配布され、避難訓練をさせられ、恐怖と隣り合わせのストレス生活は、基本的人権を侵害していて憲法違反ではないかと、思い続けていました。
何のために?
っそれは、安い電力を確保するために、ガスや石油を買って国の富を失わないために、です。
それは間違いだと判決は明言しました。
判決を引用します。
「原発は電気の生産という社会の重要な機能を営むものだが、その稼働は、憲法上は人格権の中核部分より劣位におかれるべきものだ。大きな自然災害や戦争以外で、この根源的権利が極めて広く奪われる事態を招く可能性があるのは、原発の事故のほか想定しがたい」
さらに、電力会社の‘コスト低減’の主張について、
「コスト問題に関連して、国富の流出や喪失の議論があるが、たとえ本件原発の運転停止で多額の貿易赤字が出るにしても、国富の流出や喪失というべきではなく、豊かな国土とそこに国民が根を下ろして生活していることが国富であり、これを取り戻せなくなることが国富の喪失だと当裁判所は考える」
我々が、平和で健康に生きる権利がすべてに優先すると断じたこの判決は、画期的です。
樋口英明裁判長の年齢が分かりませんが、多分、定年間際だと思います。
国に反逆する判決を書いたら、その裁判官は一生冷や飯を食わされるというのが司法界の常識だと聞きました。若い裁判官には書けない判決です。英断です。
この判決を無視しようとする政府の態度、裁判は裁判、政府は政府、それは法治国家ではない。

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 感動の判決(大飯原発差し止め):

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。