« アンネのバラ | トップページ | 人材不足 »

2014年5月20日 (火)
恐ろしい記事と楽しい記事(朝日新聞)

朝日新聞1面
爆発した福島第一原発から職員の9割が撤退していたという。事故対応の指揮を執らなければならないマネージャーまでも逃げていた。韓国の船長や乗組員と同じだ。
なんと恐ろしいことか、このことを隠していたことも恐ろしい。
再稼働を目指す原発に、事故が起きたら、誰が対処するのか、規則はあっても、電力会社の職員は従わない可能性がある。その時、誰が処理に当たるのか、重要な問題が抜け落ちていると記事は指摘する。
怖い話だ。
こちらは山口東版。
Kiji
ボクらがやっている「田布施町まるごと公園化プロジェクト」が記事になりました。
カメラで撮ったので、読めませんが、デジタル版があります。
こちらです。

後ほど、TMKPのHPにも掲載します。

掲載完了しました。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505418/59674204

この記事へのトラックバック一覧です: 恐ろしい記事と楽しい記事(朝日新聞):

コメント

読売デジタル版に山口美食ガイドブックが完成との記事が
その中にこの頁でもよく書かれている「克うどん屋さん」が
載っていましたよ

投稿: おがわ | 2014年5月21日 (水) 09時59分

ありがとうございます。ボクらの仲間の田中克美さんがサラリーマン時代から研究に研究を重ね、創り上げたうどんと出汁。抜群です。

投稿: ねこ屋亭主 | 2014年5月21日 (水) 13時22分

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。