« 仔猫 | トップページ | 猫の写真(今日) »

2014年9月 4日 (木)
どうした?朝日新聞

慰安婦問題で虚偽報道を認めました。32年もの前の記事で、この内容が真実であるかのように、我々は思い続けてきました。
池上彰さんが連載している「新聞ななめ読み」で、遅きに失したけども、虚偽を認めたことは是としながら「読者への謝罪」がないのはおかしい」と批判したら、朝日新聞は掲載を拒否しました。
池上彰さんは、今後、連載の拒否を通告、各方面から批判の声があがりました。
朝日新聞社の社員も痛烈に自分の会社の行為を批判し始めました。
結果、掲載に至り、池上さんも連載を続けることになりました。
(本日の掲載)
人の批判をする人が、自分を批判されたら、もの凄く怒る場合がよくあります。
日本のリーディングメディアを自称する朝日新聞。
「みっともない」
もう1件、週刊新潮の広告の「売国」と「誤報」の文字を黒塗りにしたそうです。
(地方は明日の発売なので、広告は明日)
先週号は、広告自体の掲載を拒否したそうです。
「みっともない」
黒塗りにした方が、なんだなんだ、となり、売れ行きはよくなると思います。
しかし、他人の広告を勝手に黒塗りにしたりしていいのだろうか?
このような場合における協定があるのでしょう。
なければ、表現の自由の侵害です。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505418/60257901

この記事へのトラックバック一覧です: どうした?朝日新聞:

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。