« LIVE | トップページ | 田舎の猫(今日) »

2015年1月15日 (木)
風刺画(シャルリーエブド)

転載して連帯の意志を示すか、攻撃的すぎると転載を見合わせるか、世界の主要紙の動向を毎日新聞が報じています。
そして最後に、毎日新聞が転載しない理由を述べています。(編集局長談)
「言論や表現は他者への敬意を忘れてはならない。絵画による予言者の描写を『冒とく』と捉えるイスラム教徒が世界に多数いる以上、掲載には慎重な判断が求められる」
朝日新聞には見当たりませんでした。
余談ですが、サザンの桑田佳祐が紅白で歌った「ピースとハイライト」が政権批判だと話題になっています。NHKがよく放送したよなと。
歌詞を読んでみました。
確かに、戦争に向かいそうな政権を批判し平和を希求する歌詞です。ヒゲを付けて登場したのはヒトラーを思わせるためだったようです。
感心したのはタイトルです。
「ピースとハイライト」
政権批判と平和を願う心を タバコと思わせるギャグは“うまい”と思いました。
これくらいの風刺歌がどんどん登場する日本であって欲しいと思います。
不満は、サザンの歌は、どれもBGMになって、訴える力がないことです。折角の歌詞なのに読んで初めて理解できました。
他に、面白い感想がネット上にはたくさんありました。
勲章を国からもらった男が政権批判もまた面白い、NHKは1年の恨みを紅白で果たした、などなど。
「追記」
桑田佳祐が謝罪文を発表しました。
ここにあります。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505418/60977340

この記事へのトラックバック一覧です: 風刺画(シャルリーエブド):

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。