« 雨の一日 | トップページ | 戦争の概念 »

2015年2月17日 (火)
曾野綾子さんの弁明

朝日新聞朝刊。
私はアパルトヘイトを 称揚したことはありませんが、「チャイナ・タウン」や「リトル・東京」の存在はいいものでしょう。
私見。
これらの街は自然発生的に出来たもので、政府が一部地域に閉じ込めたのではないと思います。意味合いが全然違うでしょう。
掲載した産経新聞に疑問を感じました。学者の意見が掲載されています。
山田健太(専修大学教授)さん。
「人権への配慮は報道機関の倫理であり、記事でも外部執筆者コラムでも、人種隔離を肯定する言論を載せるべきではない。」

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505418/61151684

この記事へのトラックバック一覧です: 曾野綾子さんの弁明:

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。