« 募集!草刈りボランティア | トップページ | 寒さ強烈 »

2015年2月 9日 (月)
自動小銃とハンバーガー

世界中で最も多く使用されている自動小銃はカラシニコフ社製のAK47(製品名)です。ロシア製、安価で操作が簡単ということらしい。カラシニコフという人が開発しました。

イスラム国のPR映像で黒覆面の兵士たちが持って行進しているのがソレです。

最も多くの人を殺している銃だと思います。

これが「売れに売れている」のだそうです。ウクライナ問題で欧米はロシアに対して経済制裁を科しているので、それらの国へは輸出ができません。なのに昨年は倍の売り上げがあったそうです。アフリカとアジアが市場。今年も増える見込みだという。

カラシニコフ社のキャッチコピーは「世界の平和に貢献する」。

カラシニコフがこの世になかったら、これほどの戦争はなかったかも知れない、と言う人もいます。

キャッチフレーズは「カラシニコフがなかった世界は平和になった」が正解かも。

カラシニコフが売れなくなる時代がくることを願います。


マクドナルドが売り上げを減らしています。

中国での腐った肉の使用から国内での異物混入問題が続きました。

謝罪会見に登場した役員たちの態度の悪さが決定的だなと感じました。

異物混入問題は、公表事案ではないが、ネットで拡散したので仕方なく、と言う態度でした。

なんと言うことか、と腹が立ちました。いままで小さな事故をどれだけ隠してきたのかと邪推しました。

雪印乳業が大規模な食中毒事件を起こしたことがあります。(2000年)

脱脂粉乳に毒素が発生していたのです。対策が遅れて被害が広がり、発表も遅れました。その時の社長の発言がこの会社を潰しました。

会見を10分だけ延長すると言ったことに記者が怒りました。

「そんなこと言ったってねぇ、わたしは寝ていないんだよ!!」

これだけの大事件を引き起こし、なんという言いぐさか、と国民が怒りました。

経営者の思い上がりが、会社の業績を左右します。

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自動小銃とハンバーガー:

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。