« 中国土産 | トップページ | 春の花 »

2015年3月15日 (日)
映画

「風に立つライオン」
さだまさしの原作の映画化。彼が必死で宣伝していたので、見てきました。
大沢たかお主演、彼がやりたかった作品らしい。
力が入り過ぎ、もっと自然な演技の方がリアリティがあったと思う。英語も、上手に見せようと切れの悪い納豆のようで、早口なので、下手な英語になっていて、分からなかった。
大沢たかおの役は、
ケニアとスーダンの国境にあるロキチョキオ(ケニア)の野戦病院で働く青年医師。
スーダンの内戦で運び込まれる患者の命を救う。
行った事がある場所だったので、興味深く見ました。
公式サイト。

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画:

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。