« 田舎の猫たち | トップページ | 田舎へ »

2015年5月 3日 (日)
憲法記念日に

戦争をする国へなっていくことの怖さを、まだ国民が実感していないと思います。
目先の暮らしや経済に関心を、意図的に持たされているように思います。
怖さを実感してもらうためのボクの戦略的イメージです。
若者へ、自衛隊へ入るな、と呼びかけよう。
自衛隊は怖いところだ、君が殺されるかも知れないし、人を殺さなければならないかも知れない。そんな人生を君は望むはずはない。幸い、世の中は景気がよくなってきて、就職先はたくさんある。だから、自衛隊へ入るのは止めよう。
自衛隊員が減ってきたら政府は何を考えるか、それは「徴兵制」だ。
ここまで来れば、ヤバいぞ、と国民は感じるはずだ。そうなれば、9条の改正はできなくなる。国民投票で決まるからだ。
現職隊員にも除隊を呼びかけよう。
「君は人を殺したいのか」と。
余談。
フォークシンガー・高田渡(故人)が歌った「自衛隊へ入ろう」は、かなりヒットした。
反戦歌なのに、当時の防衛庁は、自衛隊の歌として使いたいとオファーしたと笑い話になった。
若いフォークシンガーたちよ、高田渡に続け!

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 憲法記念日に:

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。