« 東京へ | トップページ | 表現の自由 »

2015年6月26日 (金)
自民党の狂気

「文化芸術懇話会」 マスコミ対策を考える会を自民党の有志が立ち上げたという。
政権に批判的な報道を規制すべきだ。
マスコミを懲らしめるには広告収入がなくなるのが一番。経団連に働きかけて欲しい。
悪影響を与えている番組を発表し、そのスポンサーを列挙すればいい。
ゲストで招かれた百田尚樹は
「沖縄の二つの新聞は潰さなければいけない」と言ったという。
これはもう、独裁国家だ。
こんなことは、人に知られないように、こっそりやることだ。
堂々と委員会を作ってマスコミ規制を論じるなんて聞いたことがない。
「文化芸術」なんて言葉を使うな。
狂っている、クレイジーだ。
自民党内のリベラル派の動きも監視され、会合を潰されたという。

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自民党の狂気:

コメント

産経新聞が朴槿恵大統領の不祥事を報じた時、産経新聞のソウル支局長は名誉棄損で起訴され、出国を禁じられました。

産経新聞と敵対している共産党の志位和夫委員長も、産経新聞ソウル支局長の不当起訴に関して「言論と報道の自由は守られなければなりません。言論による体制批判には言論で応えるというのが民主主義社会のあるべき姿です」と、韓国を非難しました。

狂っているのは韓国です。

投稿: パレ・フーゴ | 2015年7月 2日 (木) 20時17分

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。