« シルバー川柳 | トップページ | 閉園 »

2015年9月 6日 (日)
難民

難民を受け入れたとき、想像してください。
住居、食料の提供、そして何より、あれだけの人(数千人)が排便、排尿をします。
放置すると、極めて不衛生、病気の発生にも繋がります。
一カ所にまとめて(キャンプ)面倒をみることになります。
難民の健康と命を守るには、想像を絶する大変さです。
日本も、お金を出すとか、スタッフを送るとか、協力して欲しいと思います。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505418/62227221

この記事へのトラックバック一覧です: 難民:

コメント

キャンプに入りきれなかったり、そこでの対応が不十分で、盗みを働いたりetc、助けたいと思う反面、抱える問題の重さ、難しいですよね。パリでは、毎日身近にゴミ箱を漁るジプシー親子、捨てられたマットレスを運んで、商店の軒下で暮らす人達が普通になってしまっています。パリ市と郊外の境目に溢れかえるジプシーのおかげで、商売を辞めた知人を何人も見ています。
これに加えて難民かあと思うと、移民である自分の立場も考えて、何とも答えのだしようがないというのが本音です。
そんな時、電車の中でバイオリンを弾く男の子がいて、それがものすごく上手かった。ジプシーの親子でした。お母さんが紙コップを持ってきて回ってきたので、お金を入れました。彼にもっと勉強させてあげたいなあと、才能を伸ばして欲しいなあと思ったのです。誰かが彼の才能に気づいてくれるといいんだけどな。

投稿: Miyuki.s | 2015年9月 6日 (日) 14時33分

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。