« 予防注射 | トップページ | 爆破予告(立川市庁舎) »

2016年2月21日 (日)
映画「サイトウ・キネン・オーケストラ 小澤征爾」

ホールでオペラグラスを使用しても指揮者の表情は見ることが出来ない。
テレビカメラ数台で収録されたコンサートは、指揮者やプレーヤーの表情を細かく映し出す。
指揮者の両サイドにはマイクがセットされていたようで、指揮者がバイオリンに向かって身体を投げ出す時、足も同時に式台を叩く。その音も収録されている。音源だけ聞いたら、何の音か分からないだろう。静かなとき、指揮者の息づかいも聞こえる。
ベルリオーズの「幻想」は激しい。バイオリンの弓が、時代劇の険のように交錯する。
弦が切れて宙に舞っている。最初は1本だったが最後には3本切れて宙に舞っている。
すごい迫力。感動します。2007年の収録。
もう1曲はマーラーの「巨人」2008年の収録。
NHKエンタープライズの制作。
毎日1回の上映。朝早かったが、見てきました。
(グラミー賞をもらった作品ではありません。)
0655

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505418/63244017

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「サイトウ・キネン・オーケストラ 小澤征爾」:

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。