« 田舎の猫 | トップページ | 流行語 »

2016年2月24日 (水)
著作権(料理・ファッション)

レストランで料理が運ばれてくると、写真を撮ってから食べ始めるのが習慣になっているようです。特に若者はそうします。
「撮影禁止」のレストランもあるそうです。シェフの自信作を真似されたくないのでしょう。
法的には、料理に著作権はありません。ないから、これだけ豊かな料理が氾濫しているのです。寿司に著作権があって、寿司屋を開業するのに、著作権料を払わなければならなかったら、これだけ世界には広まらなかったでしょう。
ファッションにも著作権がありません。だから、誰にも遠慮することなく、デザイナーは自由に表現できるのです。ボクらは、その楽しさを享受しています。
料理とファッションの国フランスへ出かける日本人がテロ以来激減していて、パリ市長が日本語で、料理とファッションを楽しみに来てくれと、ツイートしている、という記事を読んだので。

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 著作権(料理・ファッション):

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。