« ふるさと納税のお礼品(田布施町) | トップページ | 映画「ふたりの桃源郷」 »

2016年4月 8日 (金)
都知事のホテル代

一泊19万円、舛添要一くん、そりゃないだろう、都民の税金だよ。パリもロンドンもホテル代は高いが、常軌を逸している。
先月、黒柳徹子さんとネパールへ取材に行った。地震の被害がひどかったヌアコット郡というところへ2泊した。宿泊代1泊15ドル。(1,500円強)
警察の留置場くらいの広さ、ボクの部屋は便座がなかった。スイートルームなんてないから、黒柳徹子さんも窓がない同じ広さの部屋に泊まって、一言も文句は言わない。
首都のカトマンズの高級ホテルでも15,000円だった。
都知事の飛行機代も問題視されている。ファーストクラスを利用するから高い。
黒柳さんの場合も、オフィシャルの旅だから公表しよう。
ユニセフ親善大使という肩書きでの旅だから、国連職員としての旅費規程が適用され、ビジネスクラスとなる。そこで、差額を自分で払ってファーストクラスを利用している。
生きるか死ぬか、子どもたちの命の現場を、身をもって体験している人と、知識だけで生きている学者との意識の差を見せつけられている。
世界で一番貧しい大統領が来日した。南米ウルグアイのホセ・ムヒカ前大統領。
「他人のために何か出来たら、自分も幸せ」
舛添くん、恥ずかしくないかね?

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 都知事のホテル代:

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。