« 若い歌手のライブ | トップページ | 面談効果 »

2016年5月 2日 (月)
寄付について

テレビ局はどこも熊本地震への寄付を呼び掛けています。
違和感があるのは、人に寄付をお願いして自分はしない事に対してです。
アメリカでは、マッチングプロジェクトという事をやる会社があります。集まった寄付金と同額を会社も出すというシステムで、視聴者から1千万円集まったら、テレビ局も1千万円提供し、合計2千万円を寄付します。メディアは仲介するだけ、というのは釈然としません。
視聴者から尊敬されるテレビ局であって欲しいです。
ダルビッシュ投手の元妻・紗栄子さんが500万円、子ども二人が 1,000円づつ、合計500万2千円を寄付したとSNSで公表したら、否定的な反応があったそうです。
「売名だ」
「配慮に欠ける」
「頭がおかしい、軽薄だ」
「震災を利用している」
これらの反応は無知な反応で「名前がある人(有名な人)は、それを利用して社会に貢献する」というのは世界の常識。売名行為は、大いにしてくださいと、もう何年も前に、国連が呼びかけをした事があったと記憶しています。
紗栄子さんが公表した事で、私も、と思う人がいるかも知れないのです。
批判気味の記事を書くメディアもありますが、記者の無知によるものです。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505418/63570103

この記事へのトラックバック一覧です: 寄付について:

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。