« 大岩公園 | トップページ | 猫たち »

2018年3月27日 (火)
今日の事「証人喚問と新刊書」

期待はしなかったが見てみようと午前中からテレビの前。
なんとひどい証人喚問か。総理夫妻の関与がなかったということを印象づけるための証人喚問かと思いました。野党も追及に迫力がなくダメ野党を印象づけただけでした。
総理夫妻の案件だから、こんなことになった。国民全部が知っていることを、そうじゃなかったと言い続ける奇妙さ。この国はドーなってるんだと思う。
馬鹿馬鹿しさに、隣町の本屋へ頼んでいた本を取りに行きました。
その本はコレです。
Img001
孤独の楽しさを、自分の経験や他人の例を挙げながら語っていきます。
深い思索が出来る、品性は孤独が作る、などなど。
なるほど、と感心しながら、午後、日向ぼっこをしながら全部読みました。
彼女とは古い友だちです。去年だったか「家族という病」という本がベストセラーになりました。また新刊か、頑張るなぁ、と感心します。元NHKのアナウンサーで、野際陽子さんの1年後輩です。NHKを退職してテレビ朝日で「モーニングショー」の司会をやりました。その時、一緒に仕事をしました。
午後の証人喚問も、少し見ましたが、見るに値しないと思いました。
官僚って、情けないなぁ、と哀れを催しました。
自殺者が出ても、首になっても、悪いヤツだけが生き残る。
官僚にだけはなるまい、と決意した若者もいるのではないか、と思う。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505418/66544806

この記事へのトラックバック一覧です: 今日の事「証人喚問と新刊書」:

コメント

悪い奴だけが生き残る、、、
夢も希望もない社会です。
少なくとも私はそう思いました。

投稿: ちあき | 2018年3月27日 (火) 23時02分

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。