« 良心 | トップページ | へつらい人間の末路 »

2018年3月 9日 (金)
朝日新聞の戦略(?)

朝日新聞は、書き換え前の決裁書を入手して持っていたのでしょう。
本日の紙面で、 細部にわたって書き換え個所を指摘しました。
まず「疑いがある」と報じて、財務省や国会の動きを観察していたのでしょうか。意図的に国民に醜態をさらけ出させたようにも思えます。
疑問が二つあります。
その1)
「検察の捜査に支障があるので出せない」という財務省の言い分です。
日本は検察国家ですか?国会より検察の方が上位にあるのですか?
その2)
前・佐川理財局長(現・国税庁長官)は、資料は廃棄したので無いと言いました。
大嘘をついていた事が判明しましたが、なんの罪にもならないのですか?
国会は「ウソつき百貨店」。

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 朝日新聞の戦略(?):

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。