« 台風 | トップページ | 最近の「へー、そうなんだ」 »

2018年10月 7日 (日)
楼蘭探検隊30周年

10月3日に集まった隊員の集合写真が朝日新聞から届きました。
Ahiro2331
テレビスタッフと新聞記者以外に、学者にも参加してもらいました。
歴史学者、考古学者、地質学者、動物学者など。引退された先生もおられますが、若かった学者は、大学の副学長になったり、活躍しています。
お笑いは、隊員の面倒をみるドクターが産婦人科医だったことです。楼蘭に憧れていて、何でもするので連れて行って下さい、と志願したのだそうです。当日参加していました。もう引退していますと言っていました。
前列左から2番目が、隊長の轡田隆史さん、当時、社会部のスター記者(論説委員だったかも)。ボクが副隊長を務めました。
新聞記者も多士済々。社会部、学芸部、科学部、写真部、出版部、送信部。現役が1人だけいました。
当時は、テレビ局にも新聞社にも、お金がサブサブありました。懐かしい。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505418/67248428

この記事へのトラックバック一覧です: 楼蘭探検隊30周年:

コメント

 素敵ですね。
ロマンを求めて番組を作られた方々に大拍手です。
実際の放送は見ていませんが、田川さんが書かれた「楼蘭からの手紙」を読んでから砂漠に消えた古都楼蘭のファンになりました。
 本からの情報だけで想像します。
大冒険のスペクタクルの汗臭さと、打って変わって静寂な夜空を瞬く星達のささやきがきこえそうな砂の国。
 男たちの血を湧き立たせたロマンを、映画にしてください。
大ヒット間違いない。
 

投稿: 河内みすず | 2018年10月 9日 (火) 00時34分

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。