« 今日のこと | トップページ | 出版 »

2019年10月10日 (木)
主役交代の年

吉野彰さんのノーベル賞受賞で、自然エネルギーの蓄電がこれからの社会の主役になるだろうと、みんなが予感した。
同時に、関電の原発を巡るスキャンダルで、原発はもうダメだ、とみんなが予感した。
ボクらは今、劇的な交代劇を見ている。
今年が、原発が主役の座を蓄電に譲った年になったと歴史に書き残されるだろうと、みんなが思っている。




|

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。