« 今晩の猫 | トップページ | 美味しいー! »

2020年7月27日 (月)
テレビ局の内情

コロナウイルス騒動で、どこの企業も苦しい。テレビ局もそうらしい。
以下は、ボクの想像です。
高額出演者のギャラが制作費を圧迫するので自局アナウンサーへ交代させる。
噂が出ているのが、フジテレビの小倉智昭さん、安藤優子さん、テレビ朝日の徳永有美さん、など。
改編期に交代があったら「ギャラ」の目線で見ると、テレビ局の苦しさが分かると同時に、この人たちは、ギャラの値上げ要求をしてきたのだな、と分かります。
長く続けたいと思う出演者は、これくらいでいい、とギャラの頭打ちに納得して、長寿番組になっていきます。

高額な出演料を払って有名タレント起用しも、一向に人気が出ない、という場合があります。
これで分かることは、番組はスタッフが頑張って面白い素材を提供しなければ、いくら司会者が有名でも、視聴率は上がらない、ということです。
有働由美子さん、小川彩佳さんなど、スタッフの頑張りが足りないので、可哀想です。

そんな視点でテレビを見るのも、一つの楽しみです。

|

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。