« 猫のこと | トップページ | 快晴 »

2020年10月26日 (月)
ニュース雑感

「政府は必ず嘘をつく」はジャーナリスト堤未果の著作です。
アメリカの大学教授の著作には、トランプは就任してから2万回の嘘をついたと書かれているそうです。
菅総理も、相当な嘘つきだと、昨日の朝日新聞が書いていました。
近著「政治家の覚悟」には、人事は恣意的にやってはならない、それをやると、反発を招き、信頼を失うと書いてあるそうだ。
そして今、彼がやっている事を考えると、相当な嘘つきだと言わざるを得ない。
別な記述もあると紹介されている。
組織を統率し、自分の意のままに動かすのは人事である、と。
これが本音であろうと思われる。
いずれにしろ、彼は「小もの」だ。
彼の政治は、携帯電話の値下げとか、不妊治療の保険適用とか、国民に口当たりのいい各論政治だと批判され、大きな構想力はない。
早めの退場を願いたい。




|

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。