« 飢餓 | トップページ | 国益と人権 »

2021年12月 9日 (木)
外交ボイコット

ウイグル人が抑圧されているというニュースに、心が痛みます。
新疆ウイグル自治区の首都・ウルムチへは、何回か行きました。
1988年にタクラマカン砂漠にある「楼蘭」へ探検に行きましたが、中国人スタッフの中に、何人かウイグル人がいました。
やさしくて親切でした。ウルムチの役所も、漢人とウイグル人と半々に雇い、仲良くやっていると聞いていました。
なので、拘束や拷問などのニュースを聞くと、ホントか?と疑います。
アメリカやヨーロッパ諸国が、抗議にために外交ボイコットをするという。
確たる証拠を持っているのだろうと思う。
「内政問題に干渉するな」と中国は言う。
干渉しなかったら、ポルポトの虐殺やルワンダの大虐殺など、悲惨なことが起こる。
日本も、様子見をしないで、人権問題には、明確にNOを表明するべきだ。

|

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。