健康

2017年3月22日 (水)
世界水の日

今日22日は、国連が決めた「世界水の日」です。6億人の子どもたちが水の不足に苦しんでいるそうです。気候変動による干ばつが影響していると言われています。何キロも先まで水くみに行くのは子どもたちです。一日に、水くみに何時間も費やすので学校に行けません。そんな子どもたちをたくさん取材しました。
トランプ大統領は、環境予算を削り、途上国を援助する予算も削り、ひたすら軍事費を増やします。核も削減しないといいます。
この大統領は、早く辞めさせないと世界はひどいことになります。「弾劾」してほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 2日 (水)
TPP(環太平洋パートナーシップ協定)

友人の孫のA君は外国で高校生活を送っている。身長が190センチを超えたそうだ。
友人は言います。
「日常食べる肉類に成長促進剤が含まれているからだと思う」と。
怖い話だ。
TPPが成立すると、この種の肉類が日本に自由に入ってくる。
政府は言う。
「絶対にない」
信用できるだろうか?
人間は食べ物で生きている。食べ物にはナーバスでいようと改めて思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月31日 (月)
カラダの日

午前中、インプラントのメンテナンスへ。
歯茎の状態も清掃もまずまずで、OK。
午後、健康診断の結果説明を聞きに。
中性脂肪が若干高いだけで問題なし。
引き続き、接骨院へ。
右腕の上がりが悪い(痛い)ので、数日前より通院。
田舎にいるときから痛かった。農作業が原因だと思われる。
眼科にも行きたかったが、日が暮れたので、今日は終わりに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月 9日 (月)
背中の痛み

MRIの写真を見ながら、説明を聞いてきました。
首の骨が神経を圧迫している様子がよく分かりました。
薬でかなり改善しているので、これを続けようという事になりました。
3ヶ月分の薬を処方してもらいました。6月終わりまで飲んで改善したら止めていいと。
猫が布団に乗るからだと思い込んでいました。猫に謝らないといけません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年4月27日 (水)
背中の痛み

田舎の3月は寒かったから、猫が2匹、時に3匹、布団の上で寝ていました。身動きできない状態で背中が痛くなった。東京へ戻ってマッサージに行っても痛みは取れなかった。
「内臓と関係があるかも知れません」
マッサージ師の言葉が気になっていて、昨日、近くのクリニックへ行った。
問診から、内科の医師は言いました。
「これは内臓とは関係ありません。整形外科です。メールを書きますから隣の整形外科へ行って下さい。」
隣の部屋の整形外科医が言いました。
「ボクが疑うのは首と肋骨です。写真を撮りましょう。」
数枚のレントゲン写真を見ながら
「頸椎が神経を圧迫していて起こる神経痛です。連休明けにMRIを撮ってから治療方法を決めます。薬でいくか、リハビリでいくか。とりあえず今日は、ビタミン12と血流をよくする薬を出しますから飲んで下さい」
リハビリとは機械で首を引っ張ることらしい。
ボクは、内臓と関係がないとわかれば安心だし、それでいいと思っていましたが、なんだか、大事になりました。まあ、治った方がいいから、医師に従ってみようと思います。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2016年3月25日 (金)
板挟み

虫歯を治療して欲しいと、行きつけの歯医者に行った。
中央線沿線では、一番いいといわれている歯医者で、院長も誇りを持っているように見える。
虫歯は左上。右側は上下何本かのインプラントで、かみ合わせがゆるい。
院長曰く「意図が分からない。きちんと隙間なく、かめるように直してきてくれ。そうしないと左ばかりで噛むようになる」と。
インプラントに反感を持ているように感じる。
困ったなぁ、と思いながら、今日、インプラントをやってもらった口腔外科へ行って、仕方ないので、言われて通りを伝えた。やっぱり、部長先生は怒った。
「インプラントの支柱が到達している部分が、1本だけ、建築で言うと、固い岩盤ではないので、負荷がかからないように隙間を空けてあるのだ。その歯医者は、インプラントのことが分かっていないのだろう」
これをそのまま、また、ボクが歯医者に伝えなければならないのか、と気が重くなったが、部長が追っかけて言った。
「よし、ボクが手紙を書く。何という歯医者だ」
ボクは歯医者の名前と電話番号を伝えた。
「1週間後には、手紙が届くと思うから、そのあとで、治療に行ってくれ」
誇り高い二人の医師の間でボクは板挟み。
患者は辛い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月28日 (日)
東京マラソン

所用で銀座へ行きました。
マラソンが通過していて、道が渡れませんでした。
(地下通路を利用)
銀座は閑散として、経済的には相当打撃だったろうと思います。
Img_7383 Img_7384

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月20日 (土)
予防注射

B型肝炎、破傷風の予防接種をやりました。
水を沢山飲め、風呂に入るな、という指示なので、今晩は早寝。
冷たい雨が降っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


足のマッサージ器

昨日、移動途中、時間があったので、東急ハンズを覗いたら、欲しかった足のマッサージ器の実演販売の呼び込みに引っかかって、テストをしました。
これは、素晴らしい、と思いましたが、高い。
パンフレットの表示定価が157,000円、お兄さんが小声で、89,000円にすると云いました。
Epson221 Epson220
考える、と云って、帰ってきました。
欲しいなぁ、と悩んでいます。
使えば、田舎で使います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月15日 (月)
風邪

微熱があるらしく、身体のあちこちが、チクチク痛い。
今日は、家で事務作業。
バレンタインデー、チョコレート2箱、せんべい1箱、いただきました。
西アフリカのシエラレオネやガーナのカカオ農園で働かされている子どもたちの状況は改善しているだろうか、とこの時期には、必ず思う。
気合いで風邪を撃退するぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月11日 (木)
立川にて

羽田から立川へバスで着いて、まず、どこへ立ち寄ったか、それは寿司屋でもなく、そば屋でもなく、マッサージ屋でした。
背中がパンパンに、板のようになっていて、痛くて、仰向けに寝られない状態でした。
なぜか、労働をしたせいではありません。猫です。
夜、布団の上に2匹、ときどき、母さん猫が脇の下で寝ます。3匹の猫が身体にくっついていると身動きが出来ません。硬直して寝ています。寝返りも打てません。
「ものすごい張りですね」
痛いのを我慢してほぐしてもらいました。
楽になったような気がします。風呂に入って、消炎剤を塗って寝ます。
猫のいない布団は淋しいけど、遠慮なく寝返りを打ちながら寝よう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月 9日 (土)
不健康

天気がいいというのに、喉が痛くて、便秘。耳鼻咽喉科へ行って喉の奥の写真を撮ってもらい、薬を処方してもらいました。赤く腫れていました。
昨日から便秘で気分が悪い。ついに薬を飲みました。
友人の椎名由紀くんが送ってくれた本「呼吸法でガンは流せる」を読みました。
十数年にわたる自分の身体の不調を呼吸法で復調させた経験から、これは人にも教えようと、腹式呼吸を体系化し、何冊も本を書きました。呼吸アドバイザーとして大活躍中。
呼吸法によって、免疫力を高め、綺麗な身体を保ち、病気にならない身体作りを目指します。
ガンを克服した人の事例が沢山紹介されています。
便秘にも悩まなくなるそうだ。
Epson212_1
KKベストセラーズ (1,400円+税)
これを読んだあと、便秘が解消しました。これは、多分薬のせい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月 9日 (月)
健康診断

立川市が提供する無料健康診断を先週受診して、今日、結果を聞きに行きました。
「どこも悪いところは見当たりません。中性脂肪のデータも正常になっています。」
よし、もう1年、頑張ろう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年10月17日 (土)
ねんりんピック

このイベントを知りませんでした。今日から20日まで、今年は山口県で催されます。
60歳以上の人の健康と福祉を目的としたイベントという。県内各地でいろいろな行事が催され、田布施町では、ウオークラリーが行われたらしい。
田布施町出身のタレント・松村邦洋くんは、この催しのメイン会場(山口市・維新公園)でテレビ(多分、YAB)に出演していたらしく写真をLineで送ってくれました。
Img_6832  Img_6831
ボクは午前中、大岩公園のラベンダー畑の草刈りをしました。
快晴で、猫たちも気持ちよさそうでした。
Img_6824_2  Img_6828  Img_6826  Img_6829
最後の白猫が居ついていて、どの猫も、怖がって逃げます。性格は良さそうな猫なのですが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 2日 (月)
膝の違和感

去年から続く膝の違和感については、一度、ここに書きました。
レントゲンを撮ってもらいましたが、どこも悪くない、何故痛いのか分からない、と医者に言われました。
先日、テレビCMで、室井滋さんが犬を連れて散歩していて、急に膝を抱え、膝の痛みには「アクテージAN錠」というのを見ました。うーん、効いたら儲けもの、と買ってみました。3日目です。なんだか、快調になった気分、嬉しい気分。春の訪れと同じくらい嬉しい。肩こりにも、腰痛にも効果ありと書いてあります。
薬の含有物質を見ると、ほとんどビタミン。食事での摂取が不完全なのかなぁ、と思ったり・・・。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2015年1月22日 (木)
ひざに違和感

去年から1ヶ月以上、ひざに違和感がありました。痛くて歩けないほどではありませんが、痛いのです。湿布や消炎剤を使いましたが、改善しませんでした。
気になりながら、病院に行くほどでもない状態でした。
雨の今日、暇だったので、クリニックへ行きました。レントゲンを撮ってもらいました。
写真を見ながら医師は、
「骨も靱帯も大丈夫。何故痛いのか分からない。こんなことはよくあるよ。」
これで終わり。
仕方ない、このままの生活が続きます。
昨年は山仕事をしました。平坦なところはなく、いろいろな角度を歩きます。
そんなことが影響しているのだと思います。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年12月27日 (土)
口腔外科

2ヶ月に一度の点検(インプラント)をはるかに過ぎて今日、行きました。
毎回、注意事項があります。磨き方です。今日も、歯ブラシでは掻き出せない詰まりを清掃する練習をさせられました。フロスという糸を使って。
大変です。
口腔を清潔にすることが健康に寄与するという事がだんだん分かってきたようです。
歯周病菌などの菌が体内に入ると、肝臓などの臓器にダメージを与えるそうです。
口腔を清潔にすることは、長生きの秘訣でもあるようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月 2日 (木)
エボラ出血熱

悲惨なユニセフの報告です。

「ギニアやリベリアなどの西アフリカで、エボラ出血熱で親を亡くした数千人規模の子供たちが、感染への恐怖から親族による引き取りを拒否されている。ギニア、リベリア、シエラレオネの3カ国ではエボラ出血熱による死者が増え続けており、少なくとも3700人の子供が孤児になっています。孤児になった子どもは路上生活をすることになります。」

「エボラ出血熱」とは。

人類が発見したウイルスのなかで、最も危険なウイルス。死亡の確率は50%〜80%。
血液、唾液、排泄物などの飛沫が感染源になる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月18日 (金)
難病

「ギランバレー症候群」
10万人に一人の難病。運動神経が侵され、両手両足に力が入らなくなり、動くことが出来なくなる。食べることも話すことも。
古い友人・かぜ耕士さんが、苦しかった5ヶ月間の入院生活とリハビリについて語ります。
トークショー「涙をこえて」
今晩19:00 西日暮里「プロモボックス」
かぜ耕士さんは、作詞家です。
「涙をこえて」(作曲・中村八大)は、合歓ポピュラーソングフェスティバルでグランプリを受賞、その後、NHKの「ステージ101」で使われ、いまや、合唱コンクールの定番曲になっています。
ラジオパーソナリティーとしても活躍。ニッポン放送の「たむたむたいむ」は6年間(1973〜1979)放送され、高校生に絶大な支持を得ました。
今晩、出かけてきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月31日 (木)
人間ドック

5時に起きて、準備(採取するもの2種類)をして、新宿の検診センターへ来ました。
少し早く着いたので、新宿西口を散策しています。
高層ビルの一角の植え込みに喫煙場所があって、何人かの愛煙家が、職場に入ると吸えないからと、大急ぎで、必死に煙を吸い込んでいる姿を見ました。
JT(日本たばこ)は、タバコ工場を4カ所くらい閉鎖すると、今朝の新聞にありました。
JTを支える人は少なりました。
さー、検診を受けてきます。午前中で終わります。
「感想」
昨年、著しい洞性徐脈と診断され、心臓内科で精密検査を受けました。
「なんでもないよ」と言われ安心して1年暮らしました。
今年もかな、と思いましたが、その兆候はありませんでした。
去年の検診は、何だったのだろう。
バリュウムを飲むのが辛いので、去年から胃カメラにしました。
「ここが少し赤くなって盛り上がっているので、一応、生体検査のために細胞を取ります」
カメラで見ていましたが、ボクには、その変異が分かりませんでした。
カメラを抜いて、検査技師が言いました。
「問題ありませんが、一応採りました」
支払いは、5千円追加になりました。
うーん。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年7月15日 (月)
ボケ防止

日曜日の「天声人語」に面白い事が書いてありました。
思い出したので、紹介します。
ボケ防止には「教養」と「教育」が必要だと。
「教養」=今日、用がある。
「教育」=今日、行くところがある。
納得して、笑いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月16日 (土)
副作用

昨晩の異常な眠さ、今朝からの倦怠感、これは、黄熱病の予防注射の副作用だと思います。
気力減退、ソファーに横たわっていると、猫がエサをよこせと、覗きに来ます。
Kai_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月15日 (金)
黄熱病

アフリカ諸国へ行かれた方はご存じでしょう。

「黄熱病」の予防注射は、入国に際し、義務になっている国がほとんどです。
一度、打てば10年間持続します。
ボクの場合、その10年が過ぎているので、きょう、打ちに出かけます。
特殊な注射ですから、厚生省の検疫所まで行きます。(東京・八重洲)
「追記」
黄熱の予防注射は、副作用があるので、打つ前に医師の口頭のよる問診があります。そして「では、やりましょう」となります。
料金11,000円也。
「マラリア予防薬」
これは、飲み薬です。
医師に依頼しました。
「マラリア予防薬が欲しいのですが・・」
「え?飲むの?」
「はい、飲もうと思います」
「うーん、じゃ出しましょう」
なぜ渋々かといえば、副作用が凄いのです。
肝臓にものすごい負担がかかり、けいれん、錯乱、幻覚、妄想などの副作用の可能性があります。
続けて医師はいいました。
「なるべく飲まないで、蚊取り線香とか、スプレーで予防して、夜は外出しないようにして生活する方がいいよ」
迷います。
ボクは近年、飲んだことがないのですが、今回は、現地の様子を聞くに付け、不安になってきたので、買いました。飲むかどうか、まだ決めていません。
6錠9千円の高価な薬です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月26日 (月)
洞性徐脈(どうせいじょみゃく)

人間ドックからの報告(検査データ)が届きました。
「極端な洞性徐脈が認められるので、循環器科を受診してください」という記述があり、受診の結果を報告するように医師の診断結果とコメント用紙が返信用封筒とともに同封されていました。
脈拍が極端に遅いのです。(昨年までは50台、今年は40台)
「自覚症状はないしなぁ」と案じていましたが、先週、循環器科へ行きました。
「診断の第一歩はこれから」と言って、24時間の心拍数の記録を取る計器を付けてデータを取りました。
今朝、そのデータを持って、再度循環器科を訪ねました。
医師、データを見ながら、
「問題ないね。治療の必要はないよ」
安心しました。
脈が遅いのは、心臓に鼓動を打たせる信号を出す部分が病気なので、ペースメーカーを埋め込む事になるようです。
ひとまずよかったです。
循環器科は初めてなので、人間ドックのデータから心配事を質問しました。
「大動脈の動脈硬化」とありますが・・。
医師、データを見て、
「あなたの身体はこうですよ、とアナウンスしているだけで、年齢相応だから問題ないよ」
こう簡単に片付けられると、ホントか?と疑ってみたくなりますが、まぁ、信じることにして、昼ご飯をお腹いっぱい食べて帰りました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年11月14日 (水)
半日人間ドック

あす、半日人間ドックへ行ってきます。

水も飲めない状態でサッカー見てました。
ドキドキしましたが勝ててよかったです。
追記(15日)
行ってきました。結果は10日後に郵送されてきます。
指摘されたことがありました。
脈拍が、もともと遅いのですが、今年は、更に遅くなっているので、病気かも知れない、と。
データが届いたら、循環器科へ行ってみようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月12日 (金)
ハゲの力(無髪力)

勇気の出る記事を見つけました。(毎日新聞10面 発信箱)

要約します。
アメリカを代表する有力企業の最高責任者(CEO)はみんな“ハゲ”で、見事にピカピカ光っている。アマゾン、マイクロソフト、ゼネラル・モーターズ、ゴールドマン・サックス・・・。
学術誌に研究があるそうです。
髪のある男性の写真と、その写真を加工してスキンヘッドにした写真を男女344人に見せて印象を聞いたら、スキンヘッドの方が人気があったそうです。
より男らしい、自信に満ちている、親分肌で身長が高く見える、など。
事実をありのままに晒す度胸が強さとして認識されるのだろうと。
アメリカのコンサルタントの言葉。
「スキンヘッドはなぁ、と尻込みする人は、短いスポーツ刈りをすすめます」と。
そうです、時の人、山中伸弥さんの頭、あれです!東洋の、うちに秘めた強さを感じさせます。
山中伸弥スタイルが流行るかも知れません。
ボクは勇気をもらいました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年6月 4日 (月)
口腔外科へ

3ヶ月に一度のインプラントのメンテナンス。
また、磨き方が悪いと怒られるだろう。イヤだなー。
快晴の立川市。

「報告」
歯科衛生士さんが、清掃をしてくれた後、手術をしてくれた担当医師の講評。
レントゲン写真を見ながら、
「いいねー、よく管理しているねー、田川さんの性格が出てるねー。いいよ、このまま、このまま。
最近、インプラントの悪口をいうメディアが多くてねー、特にNHK、そりゃ、下手な手術をすればダメだけど、しっかり噛める幸せって、いいよね。どう、仕事は?」

今日は、褒められて帰りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月13日 (日)
東京スカイツリーは発がんタワー(?)

ネットでこんな記事を見つけました。(一部引用)

東京スカイツリーの地元は経済効果に大喜びでも、数十年後には電磁波による高いガン発症が予想されます。東京タワー周辺・数kmの円エリア内は、明らかにガン発症率が高いのです。東京スカイツリーの送信電波の強さは、東京タワーどころではないのです。電磁波の危険性こそ、もっと知るべきです。岩手・宮城の震災瓦礫の放射能影響の比ではありません。

引用元:
http://bit.ly/KUes2b

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年5月 3日 (木)
過剰診療?

「ヘルペス性角膜炎」と診断され、立川の眼科で紹介状(治療状況、投与薬品などのデータ)をもらって田舎の眼科へ行きました。
「もうだいぶよくなっています」といい、「明日も、見せてください」という。えー?毎日?と驚きましたが、従いました。昨日のことです。そしてまた「4日にも見せてください」という。4日は休みだが、勝手口が開いているから、そこから入ってくれと。
うーん、と唸っています。これって、過剰診療では?

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年3月22日 (木)
子どもの肥満で親権剥奪(アメリカ・オハイオ)

「世界それホント?会議」(動画)を更新しました。
アメリカ・オハイオ州では子どもが太っていると親権を剥奪される
http://bit.ly/GJ6YT2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 3日 (土)
口腔外科へ

インプラントの危険性がマスコミで取り上げられています。しかし、これは完璧な自分の歯の感覚だし、いいものだと、人にも勧めたりもしています。
今日、3ヶ月に一度のメンテナンスに行きます。
1時間くらいかけて、ここが磨けていない、などと注意をされながら、清掃します。
厳しくチェックされるので、気を取り直して、磨くことになります。
行ってきます。

「結果」
歯間ブラシを使うように、の指示。
一部、歯周病があるので、治療するように、の指示。
歯周病菌がインプラントに悪影響を与えるのだそうです。
来週、歯医者さんを予約しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月30日 (月)
カイロ

Kairo_2昼間は暖かかったですが、夜は冷えます。特に足の先が氷のよう。
カイロを張りました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月12日 (月)
人間ドックへ

半日人間ドックへ行ってきます。(新宿)

【余談】
働いている頃は、12月24日(クリスマスイブ)に人間ドックへ入ることにしていました。
誘われて街の雑踏に出るのがイヤだったからです。レストランはほとんどセットメニューだし、資金源として誘われる事も多かったし。
リタイアしてからは、誘って欲しくても誰も誘ってくれません。なので、24日でなくていいのですが、12月というのは、習慣になっていて、毎年12月に人間ドックへ行きます。
バリュウムはなんとかならないかと思います。鼻から入れる小型の胃カメラがあるそうです。(オリンパス製品かも)今日は撮影技師が女性で優しかったので、少し救われました。
結果は10日後に郵送で届きます。何事もないことを願っていますが・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月16日 (水)
インフルエンザ

今朝、近くのクリニックでインフルエンザの予防注射をしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月10日 (月)
電磁波の恐怖

携帯電話が発する電磁波でポップコーンを作る映像がYouTubeにある、と聞いたので、探しました。あるは、あるは、各国で実験されています。
手品か、と思いましたが、どうやらホントのようですね。
電子レンジと同じというわけです。
「電磁波が脳に影響を与えている」という研究はされているようですが、どのような影響かは、はっきりしていないようです。
直接耳に当てないで、コードを使い、マイクで話すのがいいようです。


| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年9月30日 (金)
福島産牛乳を飲まない子は非国民


(29日参議院予算委員会)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 7日 (水)
歯の磨き方

3ヶ月に一度のインプラントの点検に行きました。
歯の磨き方を指導されました。
どれくらい磨けているか、数字で示されます。
100%=磨けていない、汚い。
0%=完璧に磨けている。
ボクの数値は35.5%
インプラントを健康に維持するには20%が目標だそうです。

歯間が磨けていないと指摘。歯ブラシ(電動)を縦に使いなさい、と。
縦に使うと、歯磨きペーストと唾液がだらだらと流れ落ちるので避けていました。
「歯磨きペーストをつける必要はありません。研磨剤などの余計なモノが入っているだけですから。どうしても使いたかったら、磨いた後で、ペーストを使って磨きなさい」

歯の健康、大事です。
たった数分のことです。頑張りましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 9日 (火)
突然、耳が聞こえなくなった!

目覚まし時計が鳴った。ベッドに起き上がったがなんだかヘンだ。何か違和感がある。
なんだ、左耳が聞こえないじゃないか、と驚く。
つばを飲み込んでも、水を飲んでも、状況は同じ。ヤバイなぁ、と狼狽えた。初めての経験だ。
ブルーベリーの出荷を終えて、食事をして、隣町のクリニックに耳鼻咽喉科があるのを確認して、出かけた。診察は午後1時から、と言われ家に戻った。まだ左耳に薄皮がかかったようで、非常に気持ちが悪い。何もしないで待つのも辛いので、草刈りをした。少しは改善したかも、という感じになった。
午後1時、診察室。山口大学から派遣されている若い医師。
「鼓膜に異常はありません。聴力テストをします」
結果は、なにも異常なし。
「ストレスや疲労が原因で耳管が弱ることがあります。大丈夫です」
夕方には、正常に聞こえるようになっていました。
いや、不安な一日でした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年7月11日 (月)
セシウム牛肉

今回の出荷以前の牛は、全国で消費されている可能性が大きいといいます。
稲わらを集めた飼い主も、セシウムを吸い込んでいるでしょう。そのことも問題にして欲しい。
この地方の野菜も「セシウム野菜」に違いありません。
怖いことです。
魚も危ない。検出されない、というのはゼロではないのです。この測定器では、という意味だそうです。怖いことです。
放射能は放出され続けているのですから、日本列島全体が放射能汚染されます。
ストレステストの項目を見ましたが、甘い。
原発の破壊は、自然災害だけではない。
テロリストは何を考えているか分からない。もう1機、原発が破壊されたら日本は住めなくなります。暑くても、生産力が落ちても、原発は再起動して欲しくない。自然エネルギーでまかなえるまで、我慢します。

避難して職を失った人々、教室がなくて廊下で勉強する児童たち、原因はすべて原発です。
それでも原発を続けろと言えますか?

| | コメント (0) | トラックバック (1)


ネッククーラー

Neckcool写真は「Neck cooler」です。水に浸して首に巻くだけ。熱中症予防に、立川市福祉保健部高齢福祉課から届きました。そうか、オレは「高齢福祉課」の世話になる歳なのか、と笑いました。
元気な人は、みんな実感がないから笑いますよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 6日 (水)
のど風邪

昨日から咳に苦しんでいます。
一昨日の劇場で冷風が吹き付ける席だったのが、原因だと思います。
うがい、トローチで、しのいでいます。
みなさんも、気をつけてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月28日 (火)
ペンだこ

Photo写真は、映画監督の大林宣彦さんの「ペンだこ」です。パソコンではなく、万年筆での執筆。水もたまっているようです。いま「この空の花」という脚本を書いていて、8月から撮影開始。長岡の花火と戦争をからめた映画だそうです。
きょうの番組審査で一緒です。
いまどき「ペンだこ」とは珍しいと思い、写真を撮らせてもらいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月27日 (金)
歯磨き

昨日、インプラントの3ヶ月点検で口腔外科へ行きました。
「磨き方が悪いです」と歯科衛生士さんにしっかりダメ出しをされました。
歯を真っ赤に染めます。ゆすぐと磨けていないところが赤く残ります。
1本1本指摘されました。

ボクの電動歯ブラシは、一回ボタンを押すと2分間作動します。その2分間で上と下を磨いて終わりにしていました。
衛生士さんがいいました。
「私の電動歯ブラシはone push3分動きます。3分では磨けないので、もうone pushします。合計6分で上だけ磨きます。上下12分かかります」
電動歯ブラシは1分間に3万回以上振動します。それを12分間とは・・・。
いや、まいりました。
「今度来るときに歯ブラシを持ってきてください」と。
磨き方を教えてくれるらしい。
せめて倍の4分にしようと、今日から実行です。

先日「世界それホント?会議」の収録でフランスの歯ブラシの話題を取り上げました。
いろいろな形の歯ブラシがあります。背の部分で舌の掃除が出来るようになっているのには驚きました。(写真参照)

Img_0925   Img_0926_2

歯が汚いと出世できないのはアメリカの話。
フランスでも、同じ程度に歯は重要視されています。
「見た目はどうでもいい」は日本の話、成熟した社会では「見た目」は重要です。
歯の矯正は16歳までにやれば保険が適用されます。国家が見た目の重要性を認めているのでしょうか?
「世界それホント?会議」の公開をお楽しみに!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月18日 (水)
茶葉のセシウム

福島原発から250キロも離れている神奈川県の茶葉から規制値(500ベクレル)を超えるセシウムが検出されました。
驚くことに、この「茶葉」を乾燥させて「煎茶」にすると、セシウムは5倍以上(3,000ベクレル以上)の濃縮されたそうです。
(毎日新聞)
これについて、生産者は、次のように言っています。
「この煎茶を煎じて飲むときは、濃度が1/10から1/20に低下するから健康被害はない。水の規制値以下だ」と。
学者のコメントは、こぞって(危険を主張する学者もいるはず)、500ベクレルのお茶を飲んでも健康被害はない、と言います。
農林省は規制値の見直しを主張して厚生省と対立しています。

ボクは、いま、山陰のお茶を飲んでいます。
神奈川の茶葉生産者は、お気の毒ですが、安全だと言われても、気分はよくありません。彼らを助けるために、我慢をしてまで神奈川県産を飲む気にはなれません。これは、すべて国の責任です。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月14日 (土)
歩く

Photo_2田舎にいると歩きません。車です。
散歩しました。1時間。久しぶりに歩いたなぁと感じました。夏日です。
白い椿があるんですね。初めて見ました。いつもの散歩道ですが。
梅雨に一枝ちょうだいして、挿してみようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 9日 (水)
花粉症が治った器具

TwitterやFacebookを見ていると、花粉症で悩んでおられる方がいっぱいです。
「ボクはこれで治った」というもの(器具)を紹介します。
ここに書くと宣伝になるので、一人一人にメールでと思いましたが、面倒なので、紹介します。
電磁波防止ペンダント「Q-Link」(キューリンク)というものです。文字通り、パソコンの電磁波から身を守ろうと購入したものですが、期待もしていなかった花粉症がピタリと止まりました。
効能に「花粉症に効果あり」とは一言も書いてありません。しかし、予期しないこの効果が嬉しかったので多くの人にを吹聴しました。着用した多くの人が、花粉症なり鼻炎が改善しています。
3年前の出来事でした。それまでは、シーズン前に注射を試みたりしましたが、効果はなく、常に鼻炎カプセルと目薬を携帯し、鬱陶しい春を過ごしていました。
その辛さを知っているので、黙っているのもと思い、参考までに紹介しました。
ネット販売だけだと思います。サイトは下記です。
もう一度言いますが、宣伝をしているワケではありません。
http://www.qlink.co.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 8日 (火)
FGMとは?

「FGM」とはFemale Genital Mutilationの頭文字をとったもので、日本語に訳すと「女性性器切除」となります。
アフリカ(特にスーダン)を中心に行われている女性の性器の一部を切除してしまう慣習です。現在世界で1億~1億4千万人の女性がFGM/Cを受けており、毎年300万人の女性がその危険にさらされていると推定されています。健康面で長期的な影響を及ぼし、心にも深い傷を負わせる悪習です。

「砂漠の女ディリー」(原題・DESERT FLOWER)ワリス・ディリー著 草思社
著者のワリス・ディリーはニューヨークで活躍するソマリア出身のスーパーモデルです。13歳でFGMを受けます。その後の彼女の人生の記録です。
映画にもなりました。
「DESERT FLOWER」(デザート・フラワー)
 残念ながら、ボクは、見落としました。
 5月に徳山(山口県)で上映予定があるので、帰省の時、見ようと思っています。

 FGM根絶を目的としたセミナーが開催されます。(ユニセフ主催)
 会場は広いので、もし、参加のご希望があれば、空席を確かめてみます。
 一人でも多くの方に知ってもらった方がいいので。
 3月12日(土曜)13:00~15:30
 ユニセフハウス(港区)品川駅から行きます。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月10日 (木)
体重計

Img_0806_2   Img_0807
体重計が壊れたので、購入しました。(オムロン・Karada Scan)
体重以外にも、MBI 、体脂肪率、皮下脂肪率、基礎代謝、骨格筋率、体年齢(総合判定)が表示されます。
体重計に乗り、写真上部にあるハンドルを握って立つと、体内に電流が流れ、体内の電気抵抗を測定し、それによって各データが表示される仕組みです。

テストで使ってみました。衣服を着たままですので、正確ではありませんが、体年齢=64歳と表示されました。
お前(体重計)は偉い、と褒めてやりました。


| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年1月11日 (火)
パソコンマウスで腕が・・

先週末、夜、突然、右腕が、肩から手首まで、けいれんして動かなくなりました。
ふくらはぎに起こる「こむら返り」と同じ状態です。
痛い、痛い、どうすれば治るのか分からないまま、ストーブで暖めながらジーッと耐えるほかありませんでした。5分くらいで、やっとほぐれてきました。
原因は、マウスに違いない、と思っています。
その日は、かなり長い時間、カチカチやっていました。
パソコンを使われる方の参考にと思って書きました。
それ以来、ノートパソコンで、マウスを使わないでやっています。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年11月21日 (日)
ダイエット

ホテルで、自分の全身ヌードを鏡で見て、そのみっともなさに愕然とし、よし、ダイエットだと決意。
今朝は朝食なしで、昼食もなしで、水だけで自宅へたどり着きました。
土産に買ってきたキムチを見て、妻が言いました。
「今晩は焼き肉だ」と。
仕方なく、黙って食べました。しかも、大量に。
明日から頑張ります。

「鏡ダイエット」というのを聞いたことがあります。
これは、かなり効果あると思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月22日 (金)
ガンで入院してるんだよ・・

広告業界の大先輩Mさんから電話。
「ブルーベリーを送ってもらって、お礼を言わないでいるのが気になってね、実は、膀胱ガンを6月に手術してね、それが再発して、2度目の手術をして、いま病院なんだ。転移はないから大丈夫だろう。君はその後、元気かね?」
ぼくらの年代になると、数ヶ月連絡しないと何が起こっているか判りません。
「食欲はあるから、退院したら食事をしよう」

俳優の村上不二夫さんも膀胱ガン、何回か手術をしましたが、元気元気。どうやら再発する部位らしい。
みんな元気で生きていて欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月19日 (火)
医師の診断

田舎にいたとき、近所の、多分80歳前後のおばあさんが亡くなりました。
喪主(長男)の説明です。
7月頃から、暑さがこたえたのか、食が細くなっていき、最近は、杯に一杯程度になった。
総合病院へ検査入院させ、あらゆる検査をしたが、どこも悪くない、とのデータが出て、退院するように言われた。どこかの施設に入れようと思い、探している数日間に「誤燕肺炎」を起こし亡くなった。

「最近の医師は、ほとんどデータで診断する」という話を聞いたことがあるので、この事だな、と思いました。患者に触りもしないで診断する、と。
データに異常がなくても、食べられない、と言うことは異常です。
じっくり患者と話して解決策を見つけるのが医師の役割だと思います。
技術の進歩で各部位のデータは正確に取れますから、ここは検査に任せて、データに出ない何かを見つけるのが、現代の医師の役割です。
データだけ診て、どこも悪いところはない、と判断するのだったら、医師は不要です。
医師の皆さん、メカニックにならないで下さい。
データだけでの判断は機械修理工の世界です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年9月10日 (金)
歯の治療

今年2月に1本だけインプラントの手術をしました。その後、もう3本やろう、ということになって、合計4本やりました。抜糸の時、感染して化膿し長引きました。やっと今日、上部構造が出来て完成する予定でしたが、噛み合わせがまずく、作り直すことになりました。完成は2週間後になります。

知人の紹介で、かなり安くやってもらっていますが、インプラントは高額治療です。
家族はボクがインプラント治療をやっていることを知りません。言えば非難されることは分かっていますから、黙っています。
「歯医者へ行く」といって出かけますから、虫歯の治療に行っているのだろうと思っています。
さて、死んだときが問題です。
身内が骨を拾うとき、チタンは焼けずに残りますから、必ずばれます。
息子が言うでしょう。
「なんだよ親父は、何歳まで生きるつもりだったんだ。こんなに沢山インプラント入れてさ。使ったのはせいぜい3年くらいだろう。ばかばかしいよな」
悔しいから、もう少し、生きてやる、と決意。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年8月31日 (火)
検便

汚い話で恐縮です。
田舎にいるとき気になりだしたことがありました。
「便が黒い」
東京へ戻っても続きました。
便が黒いのは、血液が混じっているということ。
「腸にポリープか?」と思いました。
気になるので、先週、近所の診療所へ検便を依頼しました。
今朝、結果を聞きに行きました。
「異常なし」

自己判断。
ブルーベリーの色が原因ではなかったのか。
田舎では、毎朝、100グラムから150グラムのブルーベリーを食べていました。
畑に行けば、無意識にもぎ取って食べます。
東京へ帰ってからも、食べていました。
そういえば、冷蔵庫にブルーベリーがなくなった先週末ごろから、便の色が少し改善してきました。

梨元くんが死んだし、自分も近づいているという意識が不安を誘います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月 7日 (金)
ブラジャーと乳がんの関係

ネットで見つけた面白い(失礼、興味深い)記事です。
(中国の黒竜江晨報という新聞から翻訳)

2010年5月5日、ブラジャーを1日12時間以上着用する女性は、全く着用しない女性と比べ、乳がんのリスクが21倍も高くなることが米国立癌研究所の研究で分かった。
記事によれば、同研究所がブラジャーの着用時間と乳がんとの因果関係について調査した結果、習慣的に長時間ブラジャーを着用する女性は乳がんなど乳房の病気にかかりやすいことが分かった。1日12時間以上着用する女性は全く着用しない女性の21倍、就寝時も着用する女性は同100倍も罹患率が高まるという。形が崩れるのを気にして就寝時もブラを外さない女性は要注意だ。

調査はまた、世界の女性の約80%がサイズの合わないブラジャーを付けていると指摘。締め付けのきついブラジャーを長時間付けることにより、乳房のリンパの流れが悪くなり、乳腺の正常な細胞ががん化する可能性が高まることから、身体に合ったブラジャーの着用を推奨している。

(田川コメント)
ブラジャーをしない樹木希林さんは、乳がんになって手術をしました。しないからならない、というものでもないようです。
アフリカに取材に行ったことがあります。
ガンになる前です。
悪路を何時間も走りました。希林さんが言いました。
「ブラジャーしてくればよかった」
相当ぶらぶら揺れたのだと思います。
あれが病気の原因?まさか。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月29日 (木)
オーストラリアのタバコ事情

日本では、タバコの値上げ案が発表されました。マイルドセブン300円→410円に、といった具合で、すべてのタバコが100円程度の値上げです。
しかし、日本のタバコ行政は世界でも一番遅れているように思います。
国民の健康面への配慮は一切なく、いかに税収を上げるかだけです。
国民がガンになってもいいから、タバコを吸って欲しいと思っているのです。

シドニーに住んでいる友人の柏弘一さんから、昨日、こんなメールが届きました。

「オーストラリアは、全てのタバコにブランド名を記する事を禁止するようです。つまり、タバコの箱には健康を害するという情報しか印刷することができなくなります。実質上、タバコ会社を閉鎖に追い込む様な処置ですね。世界で始めての試みだそうです。」

本日、追加情報がきました。

「昨日のタバコの件、本日、正式発表となり法案とする議会の発表がありました。(法案ー条例ー法律という運びですね)これに対して、タバコ会社は国に対して訴訟を起こす模様です。(ブランドが表示できないなら消費者に売りようがないという事です)下記、テレビ局のヘッドラインです。参考までに。」
http://www.sbs.com.au

更に参考資料。
「世界それホント?会議」では、以前、柏弘一さんの情報を基に、オーストラリアのタバコ事情を報告しました。ご覧下さい。
http://world-really.cocolog-nifty.com/blog/2009/05/post-1543.html
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月25日 (木)
口腔外科での会話

ボク「友だちの田舎で、80歳になるおじいさんが新車を買って、村人に笑われたそうです。何歳まで生きるつもりだ、と。ボクも、これでインプラントが〇〇本だから、あいつは、いつまで飯が食えると思ってるんだろう、入れ歯でいいのに、と笑われるかもしれない」

医師「そんなことないですよ。80歳の人でも、死ぬまで美味いものが食いたいとインプラントやる人いますからね」

ボクが行っている口腔外科のインプラント費用はリーズナブルです。
紹介できます。(宣伝しているわけではありません)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月22日 (月)
目薬の正しいさし方

ボクは2種類の目薬を使用しています。緑内障を予防する眼圧調整点眼液、もう一つは、白内障予防点眼液。
さし方を間違っていました。
正しいさし方が毎日新聞に載っていました。(製薬メーカー・ファイザーの調査)
さした後、目をパチパチさせるのはダメ。液が漏れるので効果半減。
目頭を押さえてしばらく目を閉じておく、が正解。適切な点眼をしている人は5.8%。
1滴が、目の中に溜める適量で、それ以上入れても流れ出るだけで無駄。これも知らなかったです。
2種類以上の目薬をさす人は、間隔を5分以上あける必要がある、これも知らなかった。
ボクの通う眼科では、5秒もすれば、次を入れていい、と言いました。
ファイザーの調査では、90%以上の人が不適切だったそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2010年3月 9日 (火)
美容院で

今年の初めだったと思います。いつもの美容師が「あれ?」と言いました。
「どうした?」と聞いたら「髪が増えた」と言いました。
今日も言いました。
「やっぱり増えてる。ハサミに引っかかるようになったもん」と。
今日は雪が降っていてお客さんが少なく、手持ちぶさたの美容師が集まってきてボクの頭を観察しながら「どうしたんですか?」と聞くから「これだよ、これしか原因はない」と言って、いかがわしい(?)ペンダントを見せました。
Q-Link(キューリンク)です。宣伝をしているわけではありません。
花粉症が出なくなりました。腰痛が緩和されました。ボクにとっては神様のようなペンダントです。
何んの効果ない、という人もいますから、個人差があるのだと思います。
髪がふさふさしてきたら、笑って下さい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年2月12日 (金)
新型インフルエンザ

立川の診療所にもワクチンが届いたようで、予約して来てくれ、と連絡がありました。
来週行ってきます。

雪の予報でしたが、今回は外れました。
今日は、いまからアメリカからの来客(ネットで、いろいろ情報をいただいている方)に会ってきます。寒いミシガンから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 7日 (日)
病気見舞い

ジャーナリストのBさん(77歳)のお見舞いに行ってきました。(東京渋谷・日赤医療センター)
人工透析をやっている身体にインフルエンザが襲って体調を崩し、心臓や肺の調子が悪くなったようで、一時ICUにいたそうです。現在、回復基調にあります。
ボクは Bさんに叱咤激励され、挑発され、ここまでやってこられてという感じがする恩人です。
ベッドの上で、Bさんが言いました。
「我々は、何を残してきたんだろうか?」
過去の総括をしたことがないので、この問いかけには「うーん」と唸るだけで、何も答えることができませんでした。
「また来ます」と言って別れましたが、今度行くときは、答えを考えて行かなくてはなりません。
滅多に人を褒めることのないBさんが、帰りがけに言いました。
「君も年を取って、深みのあるいい顔になったなぁ」と。
嬉しかったので、帰ってすぐ、鏡を見ましたが、変わり映えしない、昼行灯のような、いつもの顔があるだけでした。自分で、好きではない顔です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年2月 2日 (火)
水素水

Img_8527近所の肉屋さんが勧めるので買ってみました。飲んでみました。少し酸素の取り込み(呼吸)が楽になるかな、と思うくらいで、すごい自覚症状はありません。
何と2リットルのペットボトルが600円です。高すぎますね。普通の水が200円前後ですから、3倍です。
テレビでも宣伝しているのを見ました。
テスト試飲で終わりにします。

水素水の効用は、体内で生成された活性酸素(老化の原因だったり、病気の素になったりする)を中和するのだそうです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月20日 (水)
歯の治療

昨年末、歯痛に悩み、1本抜きました。
その跡をどのように治療するか、抜歯した医師は「その内、相談しましょう」と言いましたが、ボクはインプラントにしよう、と決めていて、今日、行きつけの総合病院の口腔外科(数本インプラントをやってもらいました)へ行きました。
医師、
「ひどいもんだねー。まるで吉兆だね」
名古屋の歯科医がインプラントに使うチタンのネジを、失敗した患者から抜き取って使い回していた事件のことです。
「ボクらは、清潔な手術室で新しいネジでやりますからね」
ひどい医師がいるものです。怖い話です。
来週の木曜日に手術をすることにしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月15日 (金)
肥満者優先席

ブラジルのサンパウロの地下鉄には「肥満者優先席」があります。
「世界それホント?会議」の最新版です。
ウソのようなホントの話です。
見てください。
http://world-really.cocolog-nifty.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 8日 (金)
使用方法が分からない1点

Img_8416Img_8418Img_8417「寒さしのぎの3点セット」といっていただきました。(快気祝いの日)
レッグウオーマー(膝小僧まで隠れて、すごく暖か)
帽子
さて、次の1点は、何でしょう。一晩考えましたが、わかりませんでした。
丸い輪になっています。腹巻きか?と思いましたが、小さすぎます。
恥を忍んで、いただいた方へ電話しました。
「あぁ、あれは、ネックウオーマーです。首を温めます。耳が冷たいときには、帽子の下に着用できます」
納得。
寝るときは首巻きをしていますので、これに代えます。
ありがとうございました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)


格差社会は死者を増やす(ブログ紹介)

山梨大学助教・近藤尚己さんの研究「格差社会は死者を増やす」という論文が、イギリスの医学誌に発表され話題を呼びました。
その取材記事の後編がニフティの「心、ひろがるブログ」で公開されました。
ボクも、一緒に取材に行きました。
http://kouken-int.nifty.co.jp/blog/2010/01/vol19-3bac.html
医学に、人間の身体を診る以外に、このような研究分野(社会の健康診断)があったのかという発見と、格差は健康にもよくないのか、やっぱりな、という二つの驚きを見つけていただけると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 5日 (火)
快気祝い

Kaiki1Kaiki2Kaiki3「快気祝い」のつもりが「誕生会」になりました。
明日の誕生日を祝ってもらいました。
写真左)フランス料理を楽しんでもらいました。
    料理人の金子和男さんは、どんどん空になる皿を見て嬉しそうでした。
写真中央)手製の「バースデーケーキ」をいただきました。
写真右)ハゼロウのクレヨンとわざと紛らわしく作ったチョコレート。
    誕生祝いにいただきました。

メニューは以下でした。
抜群に美味しかったです。

生ハムとリエット(パテ)のカナッペ
鴨とフォアグラの盛り合わせ
アイナメとチヌのカルパッチョ
足赤海老風味のスープ
舌平目、平貝、足赤海老のムニエル
皇牛ハラミステーキ

デザート
自家製アイスクリーム(ブルーベリー)
シャンパーニュ地方のビスケット
ごま摺り団子
コーヒー

(フランスパンは、ボクが焼きました。)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年1月 1日 (金)
初詣

TakahataFuji高幡不動尊へ、運動がてら初詣に。いや、すごい人でした。願いは、もちろん健康。健康であれば、他の願いは実現できる、と悟りました。(悟りが遅い、という声も・・)
帰りのモノレールから富士山のシルエット。

富士山で初笑い。
黒柳徹子さんの話です。
夜遅く、山梨県のどこかの宿へ着きました。
翌朝、女中さん(差別用語?)が部屋に来て、窓を開けてくれました。
その窓の向こうにすばらし山が見えました。
ビックリした黒柳さんは聞きました。
「あの山は、なんという山ですか?」と。
女中さんは、投げやりに答えました。
「フジサンでございますよ」と。
黒柳さんは、そこでやっと、山梨県に来ていたんだ、と気づいたそうです。

そのあとで、帳場を通りかかったら、みんなが笑っているのが聞こえました。
「黒柳徹子って、相当バカね。あの山、なんという名前かって聞いたわよ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月24日 (木)
水素水

Img_8301「水素水」なるものを薦められました。アンチエージング飲料水。
愛飲されておられる方がありましたら、効果のほどをお知らせ下さい。
水素が体内の活性酸素と結びついて水に戻すという作用のようです。
写真は「ナチュラリープラス」という会社の製品で、1日1本、30日分で1万円。
有名スポーツ選手が数多く愛飲しているそうです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月23日 (水)
ゆず湯・1日遅れ

Yuzu木になったまま放置しては木に負担がかかるだろうと思い、今日、すべてもぎました。
来客があったので、持ち帰ってもらいましたが、まだ残っていて、捨てるのはもったいないし、風呂に入れました。
半分に切って入れればよかったのですが、後の掃除が大変だと思ったので、丸いまま入れました。
手抜きはいけません。香りませんでした。身体に効果はなかったと思います。
しかも、柑橘類にいわれていますが、開花が早く、長期間木についていたので、しなび気味でした。
何事も、投げやりはいけません。反省。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月17日 (木)
社会格差が健康に悪影響

Prkondo社会格差が過剰死亡者(死ななくてもいい人が死ぬ)を生む、という論文を発表をして話題になった近藤尚己助教(山梨大学)に会いに行ったのは先月末でした。
その時のインタビューがニフティの「心、ひろがるブログ」で公開になりました。
今回は、その前編です。ぜひお読み下さい。
http://kouken-int.nifty.co.jp/blog/
(注)
(近藤先生を紹介した縁で、ボクも一緒に行きましたが、ボクがインタビューしたわけではありません。文章化したのもニフティのスタッフです。念のため。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月16日 (水)
歯痛

昨晩から歯が痛くて、鎮痛剤を服用しても改善せず、朝一番で歯医者へ。
「この歯が炎症を起こしています。抜きましょう」ということで、抜歯しました。
あとは、インプラント以外に治療法はなさそうなので、年が明けたら口腔外科へ行こうと思っています。
あちこちに故障がでます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 8日 (火)
人間ドック

半日人間ドックへ行ってきました。ここへ毎年行って、胆嚢のポリープと石は、何年も前から分かっていて放置していたのですから、何のためにここへ、と思いますが、今年も行ってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月27日 (金)
社会格差が死亡者を増やす

Kondo社会格差が広がると健康に影響が出て、死ななくてもいい人が死んでいく(過剰死亡)という論文をイギリスの医師会誌に発表して話題を呼んでいる学者がいます。
山梨大学医学部の近藤尚己助教です。(写真)
きょう、甲府にある大学まで、ニフティのスタッフと会いに行ってきました。
このインタビューはニフティの「心、ひろがるブログ」で、来月9日に公開されます。
http://kouken-int.nifty.co.jp/

格差がストレスを生み、自律神経やホルモンの働きを乱し、免疫力を下げたり、血圧や血糖値を上げたりするのが原因だという。
格差は、健康面からも国家的に考えなければならない重大な問題だと先生は指摘します。
この格差は、低所得者だけの問題ではなく、高所得者においても、死亡率は増加するのだそうです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月12日 (木)
胃カメラ

最初の入院の時、胃の具合も悪いと感じたので、胃カメラで診断してもらいました。結果、胃潰瘍とピロリ菌が発見され、クスリを投与されました。その結果が気になっていたので、きょう、別の町のクリニックで検査してもらいました。
ピロリ菌ゼロ。
潰瘍完治。
完治跡と一部盛り上がっているところ(胃炎)があるので、生体検査へ。
26日に結果を聞きに行きます。
カラー写真を4カットもらい、どこが完治跡でどこが胃炎か、丁寧に説明してくれました。
最新式の鼻から入れるカメラを持っている所はないか、ネットで探しましたが、立川近辺では見つかりませんでした。喉からねじ込む旧式カメラでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月29日 (木)
マスクの理由

Hanoiベトナムの女性は外出の時、必ずマスクを着用します。インフルエンザのためでもなく、大気汚染のためでもありません。
さて、マスクの目的は?
答えを考えてから以下のページへ飛んでください。
正解があります。(写真は平間節さん撮影)
http://world-really.cocolog-nifty.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 7日 (水)
退院後初めて外来(病院)へ

退院の時指示された外来日が今日でした。
診察室へ入ったら、先生がニコニコしていたから、こりゃ、大丈夫だと思いました。
事前に採血をしたそのデータを見ながら「いいですね」と。
「6ヶ月後にMRIをやってみましょう。ガリガリ石を引っ掻きだした際、壁に傷がついたりしたら、そこが治って、管が縮む場合があるので、多分大丈夫と思うのですが、一応検査しましょう」
2月の終わりに、スケジュールが入りました。
一安心です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年9月29日 (火)
エコナ製品

確か、我が家にもエコナ製品があったぞ、と思い、探しました。
ありました。マヨネーズ1本、食用油(揚げ物に使っていた)1本。
花王のサイトを開いて、問い合わせ電話に電話しました。
「送れば代金を返金してくれるんですか?」
「商品券になりますが、相当額をお送りします」
というわけで、荷造りをして送り返しました。(着払い)

でもヘンだなぁと思うことがあります。
サイトには「使っていただいて問題ありません」とあります。
「グリシドール脂肪酸エステルという物質がガンを発生させる可能性があるので、低減させた製品が出来るまで販売を中止をさせていただきます」
販売中止をしておきながら「使っても問題ない」という論理に納得がいきません。
「使うな」と、どうして言い切らないのでしょう?
少しでも損失を減らそうと思っているのだ、と感じたので、抵抗する意味で、面倒でも荷造りをした次第です。
消費者より企業が大切、と思っている企業は必ず没落すると思います。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年9月27日 (日)
気力

今日の相撲はすごかったですね。気力と気力のぶっつかり合い。
「気力」とか「技術」とか、計数化できないものの大切さを思い知りました。
「大切なものは、目に見えないんだよ」とサン・テグジュペリは言いました。(星の王子様)
国技館にいた鳩山総理にも「国民のための政治をしよう」という気力がみなぎっているのでしょう。

一度、書いたことがあると記憶しますが、
緒方貞子さんがUNHCR(国連高等弁務官)の事務総長を辞される時のインタビューで、
人間にとって一番大切なことは何ですか、と問われ「短い言葉ですがRespectです」と答えられました。生きている人間に対する敬愛です。鳩山総理がいう「友愛」に通じます。
Respectも友愛も目には見えません。でも見えないものが大切なのです。

田舎から、ハチミツと新米を送ってもらいました。
「これを食って元気を出せ」と。
いつもの散歩道の半分を歩きました。昨日よりは今日の方が、という感じで回復しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月26日 (土)
妻のこと

同じ病院にいましたから、少なくとも、午前と午後の2回は病室へ顔を出して雑談していましたが、一人になって寂しくなったらしい。息子にそんなことを言っていたそうなので、今日も出かけてきました。
「焼きさすが食べたい」と言っていたから、それと、ゆで卵1個(ボクが朝食べた残り)を持っていきました。
今日は、タクシーを使わず、リハビリのつもりで、バスを乗り継いで行きました。
歩きは、ゆっくりしか歩けませんが、疲れはなかったです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)


病院のこと

他の病院を知らないので、比較はきませんが、ボクが入院していた「災害医療センター」は気分のいい病院でした。
昨日の退院時、ボクは外科病棟(7階)にいたので、5階の消化器内科へ挨拶に行ってから帰ろうと思っていたら、若い内科医(チームで仕事をしている)がボクの病室に来てくれました。
「退院おめでとうございます。今後、不都合が生じたら、必ず、この病院に来てくださいね。消化器内科でもいいし、外科でもいいし、みんなよく分かっていますから」
ボクは、その優しさが嬉しくて、適当な言葉が見つからず、ひたすら「ありがとう」を繰り返すだけでした。
看護師さんたちの訓練された的確な行動と優しさは感動です。

この病院は、国立病院なのですが、独立行政法人になって(されて)多分、自分で利益を確保しなければならないのだと思います。
機材が古いのが気になりました。
(胃カメラ)
新しいものは、鼻から入れる小さなチューブのカメラがあるそうですが、ここは、昔からの口からねじ込む大きなチューブのカメラでした。
(胆道スコープ)
業者からレンタルしました。
そのレンタル業者から、待てど暮らせど届きませんでした。入院が長引いた一つの原因です。
民主党政権になって、我々はどうなるんだろう、と不安を語る医師もいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月25日 (金)
22日ぶり

「あれも食いたい、これも食いたい」と思っていましたが、自由になんでも食べられる状態になったら「別に」となり、自分で拍子抜け。
22日間はさすがに長く、ちょっと動くと疲れます。
ちょこっとなにかをやり、横になって休み、また、ちょこっとなにかをやり、というような状態です。
皆様にご心配、ご迷惑をかけました。
一日でも早く元気になるように努力します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月24日 (木)
あす、退院します

今日、午前中に造影して写真を撮りました。
「石なし」の医師の声に、「やったー!」と叫びました。
長い病院生活でした。
「退院療養計画書」に「無理にないようにお過ごしください」とあり、「疼痛などありましたら外来を受診してください」とありましたが、これを最後にしたいものだと思っています。

妻は、まだ、ワーファリン(血液をサラサラにする薬)の量を調節しながら、廊下を歩く練習を続けています。
他の階に行く許可は出ていないので、ボクの病室まで来ることは出来ません。

ボクは家に帰っても、一人なので、料理をする気力もなく、毎日「卵かけご飯」になりそう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)


突然の訪問客

テレビ界で働くS女史が突然病室に現れました。
テレビ界は、すごいことになっているらしい。
おしゃべり好きな女史の話を、ボクは寝っ転がって目をつぶって聞いていました。
「宇宙船地球号」「歴史クイズ」など終わる番組多数。どこのプロダクションも大赤字で、倒産する所も出そうだと。
俳優さんたちの話も沢山話してくれました。
ボクが大好きだった女優の中川安奈くん(中川一政画伯の孫で、後に、舞台演出家の栗山民也さんと結婚)、今年、蜷川演出の舞台で倒れて最後の3日間、舞台を休んだそうです。
もう元気になっているそうです。
半身不随になっても講演などで活躍している真屋順子さんの話は感動的でした。

[閑話休題]
日本で一番短い講演というのが伝説的に語り継がれています。
それは、中川一政画伯の講演です。
「絵は、絵の具と筆で描きます。終わり。」


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月22日 (火)
秋の風景

HospitalSn3j0036_2Sn3j0028「写真説明」
左)ボクが入院している「災害医療センター」
中)昭和記念公園のコスモス。今年は台風が来なかったので綺麗に咲いています。
右)同上 まだ、ちょと早いかも。
(写真は、息子・禎(タダシ)撮影)

| | コメント (0) | トラックバック (0)


大笑い

看護師のSさん「田川さん、病院の食事はまずいですか?」
ボク「うーん、長くなったからね、飽きて食べられないね。みんな同じ味だから」
Sさん「何を食べていただいてもいいですよ」
この見透かされた質問に、ボクは、ヤバイ、隠れて食べていることがバレてるな、と感じました。
ボク「ときどき、持ち込みを食べてるんだよ」
Sさん「読みましたよ」
ボク「エー!?どこで?」
Sさん「お家です。この人、パソコンを持ち込んだりしているし、なんかヘンだと思って、検索してたら引っかかりました。絵本は買って読んでいました。名前が平仮名だったので気づきませんでしたが、ネットで一致しました」
ボク「なんだ、バレてたのか。他の人に言わないでね。それにしても、絵本の読者だったとは嬉しいなぁ。ありがとう」
Sさん「生ものは危ないですが、他のものは、なにを食べていただいてもいいですよ」
嬉しく楽しい朝のひとときでした。

(追記)
Sさんからの追加助言です。
何を食べてもいい、というのは誤解を受けそうなのでと。ご親切感謝です。
「田川さんの状態は、チューブを通して胆汁は腸ではなく体の外に出している状態ですので、脂肪の多い食事メニューは避ける必要があります。」

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年9月21日 (月)
規則破り

病院から病室へビラが配られています。
「持ち込み食品を食べないでください。食中毒の発生を防ぐため」

これだけ入院生活が長くなると、毎食出る病院食が食べられなくなります。食材や調理方法が違っても味が同じなのです。料理は生命維持に必要な作業だということが実感できます。

いままでに内緒で持ち込んだ食品リスト。
加島屋(新潟)の瓶詰め(鮭ほぐし、松前漬け)毎食、お世話になっています。ご飯がすすみます。
茶巾寿司(京樽)
おはぎ
いなり寿司(豆狸)見舞い客の差し入れ
醤油
梨、オレンジ、和菓子(京都)

隠れて食べるのもスリルがあって楽しいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年9月19日 (土)
退院の予定

昨晩、内科医の訪問を受けました。
「少し、ゆっくり事後観察をさせてください。連休中は病院にいていただいて、連休後、造影をして写真を撮り、異常がなければ退院、というスケジュールを考えています」
連休中は、検査部門が休みですから、こうなるだろうな、と想像していました。
家に帰っても、一人だから、まぁいいか、と思っています。
妻は、どんどん元気になって、ボクの洗濯物も一緒にやってくれています。
(各病棟に洗濯機と乾燥機があって購入したカードを差し込めば自動で仕上がります)


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年9月18日 (金)
今日の報告

ボクは外科病棟にいます。けさ、ナースステーションの前を通ったら、若い医師が電話で「田川一郎さんのオペはキャンセルになりました」とどこかへ連絡していました。
昨日の内科の医師が「手術なしでいける」と報告したのだと思います。
その内科医が様子を見に来てくれました。
石を引き出すとき、ガリガリやったので、出血が気になっているらしく、便の色を聞かれましたが、
昨日から点滴だけで、食事をしていないので、便通がありません。
今晩から食事が出ますので、便も出ると思います。
きょうは、そんなところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月17日 (木)
バンザイ

夕方から、胆道スコープを使っての検査が行われました。
医師も、障害物は石に違いない、との確信を持つようになっていたらしく、気合いが入っていました。
途中は、睡眠剤で眠らされていましたので、よく分かりませんでしたが、総胆管を押し広げるくらいの大きさの石を、粉砕して取り出したようです。
その時の痛さは拷問のようでした。
終わってから医師は盛んにその痛さを謝っていましたが、手術をしなくても良くなったので、我慢のし甲斐があったというものです。
病室へ帰ったら看護士さんが、「ずいぶん長くかかりましたね」といったので、相当時間がかかったのだと思います。
傷ついている総胆管や他の臓器(膵臓)が落ち着くまで、点滴治療が続きますが、退院は、そう遠くないと思います。
バンザイを叫びたい気分でいます。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年9月16日 (水)
内科医の説明

医師:突起物周辺の生体検査は、ガンではありませんでした。あす、それが石だと想定して、もう一度、引っ張り出すことをやってみます。砕くことも考えます。内科的に出来る限りのことをやりますが、あまり乱暴なことはできません。管に傷がついたりするからです。それでダメなら、手術になります。手術のスケジュールは取ってあります。

どうも、手術になる公算大のようです。
また、あす、報告します。

[追記]
夕方、内科医の訪問を受けました。
「レンタル機材が明日届くことになりました。胆道スコープです。カメラが付いていますので、突起物が石なのかポリープなのか、ほぼ見分けがつきます。石だとしても、深く食い込んでいる場合、危険を伴うので、手術に頼ることになりますが、この機材を使って検査をやります。あす、午後になります。」

手術をするにしても、それが何であるのかが、分かっていることは、重要なことだと思いました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)


検査

ボクは今日、CT検査(昼前後)と内視鏡の検査(夕方)の2つの検査をやることになりました。
レンタル機材はまだ届かないようで、長い連休をどうするか、医師も悩んでいるのではないかと思います。内気な医師で、異物が何であるのか、経験のない事柄に直面して戸惑っているのではないか、と推測しています。説明を求めてみます。

妻は、大部屋の窓際がいいと言い、空くのを待って、昨晩も個室に泊まりました。
けさ、窓際のベットが空いたので、移動しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月15日 (火)
妻の様子

午前中に覗いたら、すべてのチューブが取れて、身軽になっていました。
廊下で歩行訓練を始めていました。
ボクは、1時間、病院の回りを散歩してきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月14日 (月)
妻、一般病棟へ

今日、ごご、一般病棟へ移りました。取りあえず、個室へ入れられていました。
看護士さんが料金を気遣って、6人部屋へ移りますか?と聞きました。
本人曰く「一晩だけここにいたいです」
そう言ってボクの顔を見ましたので「よく頑張ったので、一晩だけいいよ」と許可しました。
1泊1万円の部屋です。

ボクの検査用のレンタル機材(胆道スコープ)が、まだいつ届くか分からないらしく、その日にちが決まったら、どういう検査をするかお話しします、と連絡がありました。
医師も待ち時間を気遣って「外出してもいいですよ」と言ってくれますが、誰もいない家(猫はいますが)へ帰っても仕方がないので、ここにいることにします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


妻と息子の会話

Img_8032昨夜、息子と一緒にICUへ行ったら、妻はベッドから降りて車椅子に乗って食事をしていました。当初は10本以上もあったチューブも半分くらいに減っています。
「タダシ、私の入れ歯はどうした?」
「なくなるといけないので家へ持って帰ったよ」
「歯がないから、お粥だけで、おかずが食べられないんだよ。持っておいで」
「洗面所に置いておいたら、猫が見つけて、床に落として、手玉にとって楽しそうに遊んでいたよ」
「バカだねぇ。ちゃんと洗って持ってきなさい」
息子を怒る元気が出たので、退院は、ボクより早いんじゃないかと、思ったりしています。
ボクは、ただ不安の中で、検査を待っているだけです。
読むものが欲しいと言うから、今朝、週刊誌を2誌とビートルズのCDを3枚届けました。
ビートルズのCD(写真)は、9日に世界同時発売されました。デジタルで、リ・マスターされたもので、14枚発売されました。
日本版2,600円。輸入盤1,600円。
輸入盤がお得です。
ボクはパソコンに取り込み、ipodにも同期させました。


| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年9月13日 (日)
突然の来客

Img_8030午後、西麻布のレストラン「エピス金子」のご夫婦が、ひょっこりお見舞いに来てくれました。たまげました。
好物の「いなり寿司」と自家製の「ピーマンとヨーグルトのスープ」をもって。
久しぶりに味わうプロの味、美味かったです。病院食はスキップしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


ICU

この病院には、救急救命センターがあるので、ICUは、大忙しです。
大部屋に10台くらいのベッドがあり、奥に個室が3部屋あります。妻は、最初の2日間、大部屋にいましたが、いまは個室に移りました。
昨晩面会に行ったら、ベッドに横座りになって歯を磨いていました。
「食事したの?」
「お粥とおかずをちょっとだけ」
驚異的な回復力に見えました。
今朝は、昨晩、睡眠が取れなかったらしく眠そうだったので、すぐ出てきました。
スタッフの説明だと、便通がなく、下剤を飲んで、深夜苦労したのが原因で睡眠不足ということでした。
もう、2,3日で一般病棟に移るでしょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年9月12日 (土)
病院食

Img_8028_2朝食のメニューを紹介します。
(脂質調整食)
全がゆ(300グラム)
味噌汁(豆腐入り)
卵焼き(1/20切れ)
カブ煮
梅干し(減塩)
ヨーグルト

お粥の300グラムは半分残しましたが、その他は、全部食べました。
早く、美味しものが食べられる身分になりたいものです。

妻は元気いっぱい。酸素マスクの中で笑顔を見せながら話をしています。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年9月11日 (金)
夕方の妻の様子

午後6時30分の面会時間にICUへ行きました。
広いICUの部屋で、上半身を起こした妻の姿を見て驚き、ボクは思わず拍手をしながら近づきました。
彼女は少し手を持ち上げて握手を求めてきました。
酸素マスクを付けていますが、会話も出来るようになっていました。
「ずいぶん早い回復だなぁ」
「気力だって、看護士さんにそう言われたよ。あなたも、頑張りなさい」
ボクが励ませれて帰りました。

ボクの主治医が夜遅く(午後8時)病室へ来ました。
「いま、内視鏡の精度のいいヤツを業者に発注しています。先日のよりもっと小さいコードで患部まで入ります。」
機材のレンタルを待っているということでした。
「迷惑をかけないように急ぎます。黄疸が収まるのも、待たなくちゃなりませんし」
国立病院でも、精度のいい機材はレンタルなのかぁ、とビックリしました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)


妻の様子

ICUの面会時間は7時、14時、18時の3回。ほんのわずか。
今朝、面会してきました。昨日と変わらず、でした。
睡眠剤を投与していますので、ということでしたが、呼びかけると返事をしていました。
心臓の手術で怖いのが、脳梗塞だそうです。手術したことで、どこかの血管にあった血の塊などが剥がれて脳に届き、血管を詰まらせることがある、と聞かせれていました。
「後遺症は、どうでしょうか」とスタッフに聞きました。
「脳の血管は元気になって調べないと分かりませんが、両手足は動いています」
とりあえず、ホッとしました。

ボクは、午後から外出許可を貰ったので、数時間、自宅へ帰ってきます。
胆汁を体外へ出すのに、鼻からチューブが挿入され、溜まる袋をぶら下げての外出ですが、タクシーで往復しますから、なんとかなるでしょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年9月10日 (木)
病室からPCを開通させました

前回の入院時には、痛みに耐えるのが精一杯で、携帯を使ったりパソコンを使ったりする気力はありませんでしたが、今回は、暇があるのと、連絡を取らなければならないことがあって、なんとしても病室でパソコンを使えるようにしたかったのです。
どうしたか、ですが、イーモバイルという会社と契約しました。(スティックをUSBへ差し込めば、インターネットにつながります。速度も、まあまあです。契約作業は愚息にやらせました)
なので、みなさんへ連絡も出来ますし、返事も発信することが出来るようになりました。
沢山のお見舞いメール、読みました。
ご心配かけてすみません。
取りあえずの報告です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 3日 (木)
再入院

血液のデータが悪い、具体的にはビリルビンの値が異常に高い、総胆管に石が詰まっている可能性が高いので、MRIで確認して、その石を内視鏡で取り除きましょう、との結論。外来でも出来ますが、出来れば入院してください、といわれ、あす、入院することにしました。
胆嚢の摘出をしたとき、胆管にあった石が見つからなかった、という報告は執刀医から聞いていましたので、いずれ石を探して取り除かなければと思っていました。
そう長くはかからないと思います。家にいるより、病院の方が安全ですから、そうします。

妻は、10日に心臓の弁の手術をすることになりました。
きょう、心臓外科の先生が本人には説明したそうです。
手術のやり方が3種あると。
立ち会った愚息からの電話だと、
今の弁を修復する方法、これは、また5年10年経って、老朽化して、今回と同じことになる可能性がある。70代以上の人には、この方法は勧めないそうです。
もう一つは、人工弁を入れる。これは、一生もの。若者はすべてこの方式だそうです。
ただし、血液をサラサラにする薬を飲み続けなければならない。定期的に診察が必要。
第三の方法は、考慮外だと言っていました。
本人は、人工弁がいい、と言っているそうです。
月曜日までに決めればいい、ということなので、あす、病室へ行って相談します。


| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年9月 2日 (水)
検査

エコーの装置を口から飲み込んで、食道から心臓の裏側のエコーを撮る検査をやりました。
睡眠薬で眠らされてやったようで、何ともなかった、と。
「これで、明日のカテーテル検査も度胸がついた」と言っていました。

さて、明日は、退院後ボクの初めての外来診察の日。
どーも、切った跡周辺が痛く、素人判断ですが、どこに行ったか分からない石が悪さをしているのではないか、と疑っています。
やれやれ。
早く病気を縁を切りたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 1日 (火)
検査の手順

妻の主治医に呼ばれて、手術に向けての更に詳しい検査の説明がされました。
明日、食道から、エコー装置を入れ、心臓の裏側を検査します。
明後日、カテーテルで、心臓内部の写真を撮ります。
いずれの検査も、ある程度の危険度があり、合併症の可能性もあるので、本人と家族に説明をし、了承したという書類にサインをもらうという儀式でした。
怖い話をされたので、妻は恐れおののいていましたが、ボクも手術の時は、同じように最悪の事態を説明され、サインをさせられました。
今週中には、手術の日程が決まると思います。


| | コメント (0) | トラックバック (0)


体調

昨日から体調が勝れず、食欲がありません。3日に退院後、初めての外来診察に行きます。そこで、また、なにか、障害が発見されたりするかなぁ、とちょっと不安です。
きょう5時に、妻の主治医に呼ばれています。今後の治療計画が告げられるのだと思います。

昨日は、寒くて長袖を着ていましたが、きょうは真夏に戻りました。
体温調節が大変です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年8月31日 (月)
台風襲来

天候のせいか、今日は、体調が悪く、気力もなく、妻の病院へタクシーで往復しただけで、ごろごろしています。
鳩山さん、やりましたね。
以前、鳩山邦夫さん(弟)を料理長に、鳩山由紀夫さん(兄)を助手にして、料理番組を作っていたことがあるので、特別な親近感を持っています。
駄洒落が好きな人で、「駄洒落を言う総理大臣を作ってみたい」と冗談を言っていましたが、本当になりました。
恬淡として欲のない人ですから、国民のためにだけを考えてやってくれるだろうと期待しています。

政権交代が出来る社会になったことは、海外でも評価されているようで、やっと、民主主義の仲間入りが出来たのかも知れません。
激務ですから、健康に気をつけて欲しいと思います。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月28日 (金)
ピロリ菌

ピロリ菌の除菌が今日で終わりました。朝晩2回、1週間、三種類の薬を飲み続けました。
この菌は、胃潰瘍や胃がんの原因になるのだそうです。感染の度合いは、赤のグラデーションスケールで表示されます。ボクのは、真っ赤でしたから、菌が充満していたのだと思います。
そして、今晩から胃潰瘍の薬を飲み始めます。8週間かかるそうです。長い道のりです。
手術の傷は、まだ、引っ張られている感じはありますが、だんだん、いろいろな動きが出来るようになってきました。
ぼつぼつ、やっています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年8月25日 (火)
気分転換

毎日、病気の話ですみません。
気分転換に美容院に行きました。
いつもの美容師が、何か言うかなぁ、と黙っていましたが、何も言わないので「2週間入院していたんだ」と言いました。
「あらまぁ、どうしました」と言ったきりでした。
5キロやせていますが、人は感づかないようです。

歩くスピードが、通常の半分くらいです。傷が突っ張って歩けません。
美容院の後で、いつも行く寿司屋へ寄りました。
サンマの握りが美味しかったです。
病院食の不味さは、経験がおありでしょうか?
ちゃんと味付けをしろ、と苦情を言いたくなります。
2週間のうち、1週間は点滴で暮らし、あとの1週間は病院食で暮らしました。
家から醤油とふりかけを持ってきてもらって、しのぎました。
ご飯が220グラムあります。家で食べる倍あります。とても食べられません。
感心したことは、1日3食、1週間、同じ料理は1品もありませんでした。これは見事でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年8月24日 (月)
病院のこと

 初めての入院でした。
 病院って、こんなにすごいのか、と感心したことがあります。
 スピード 
 想像を超える速さで進行します。
 血液検査、レントゲン、CT、あっという間に担当医のパソコンに送られてきます。
 担当医は、コピーを持ってボクのベットへ説明に来ます。
 「ここまで分かりました」と。
 医師が出す指示を看護師が実行します。
 「いま、先生から点滴の指示がありましたので、始めます。抗生剤です」
 ナースコールボタンを押すと、数秒で看護師が来ます。
 「どうしました?」

 陽気
 朝の回診は数名の医師が団体でベットにやってきます。
 若い女性医師もいます。
 「どうですか?傷跡を見せください」
 「おー、きれい!」
 「きれいって、どういうこと?ビューティフルと言っているの?」
 「違います。ノーインフェクションという意味です」
 彼らは、いつも、陽気で、やる気に満ちあふれていました。
 ボクは、毎朝、どんなジョークを言ってやろうか、考えるのが楽しみでした。
 考えたジョークは、会話に適合せず、すべてお蔵入りになりましたが、楽しい回診の時間でした。

 看護師
 優しく気分のいい人ばかりでした。
 深夜にトイレに立って、廊下を覗きました。
 看護師二人が、各病室の患者の点滴の交換に歩いていました。
 怖いだろうなぁ、と思いました。
 取り違えることを考えたからです。
 翌日、聞きました。
 「怖いでしょう?」
 「ですから、二人で確認しながらやるのです」

 退院の日に、医師団にお礼を述べました。
 「あなた方の陽気さで、入院が楽しかったです。陽気さは、チームスピリットに欠かせません。あなた方の陽気さと、やる気には感銘を受けました。感謝します。」


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月23日 (日)
開腹手術

「思い切って切らせて貰いました」と医師にいわれ、傷跡は25センチくらいあります。
引っ張る感じがして、早く歩けません。呼吸も浅くなります。大きく吸うと痛いからです。
こりゃ、普通になるには、相当時間がかかるな、と思います。
ゆっくりやります。

きょう、新聞を読んでいたら、アメリカの無保険者は4,600万人とか。
国民皆保険をめざすオバマ大統領の支持率が、このことにより低下したそうです。
皆保険は、社会主義に通じる、と反対者が多いのだそうです。保険に入れないヤツは、自分が悪い、という考え方です。
アメリカ人のメンタリティーに呆れます。
国民の命より、体制が重要だというのですから。
アメリカって、大した国じゃないですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年8月22日 (土)
病気報告

今回の入院手術に関して、簡単な報告をHPに書きました。
http://www.inv.co.jp/~tagawa/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月21日 (金)
退院

みなさまへ、
本日退院しました。
田舎から東京へ移動するのに、手助けいただいたみなさま、
東京での仕事仲間のみなさま、本当にありがとうございました。そして、ご迷惑をかけました。
深く感謝します。
入院した立川の「国立病院 東京災害医療センター」の若いスタッフが、キビキビと原因を突き止め、治療方針を決め、困難だったらしい手術をやり遂げてくれました。
これも、感謝です。
まだ、気力、体力はレベル1程度で、ぼつぼつ、やります。
とりあえずの報告です。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2009年8月 7日 (金)
無事帰京

簡単な経過報告を。
田舎で3日間、激しい腹痛が続きました。病院へ行きました。
問診のあと、腹部レントゲン、エコーの結果から、腸閉塞ではないが、それに近い。便が詰まってガスが溜まっている、と診断。下剤を2種類もらって帰りました。
腸を空にしても、腹痛は治まらず、1日、我慢して過ごしましたが、我慢ならず、もう一度、同じ病院へ。今度は女性医師。カンが鋭そうな先生。最初に目があったとき、黄疸の症状が見て取れたらしい。
ボクの訴えを聞きながら、検査項目を考えていて、てきぱきと指示が飛ぶ。腹部レントゲン、エコー、血液検査、尿検査、CTスキャン。ボクは3日間水だけだったので、栄養剤の点滴を受けていました。
先生がやってきて、説明してくれました。胆嚢の入り口に石がはまり込んで腫れています。これが原因だともいます。
お家へ帰れるデーターではありません。入院して下さい。担当医は外科に変わります。

さあ、どうしよう、とボクの悩みが始まりました。
「東京へ帰ろうか、どうしようか」
事情を理解した先生も、そうするなら、データをそろえて紹介状を書くから、と言ってくれました。
それで決断。痛みが起こったら、これを飲みなさい。それでもダメだったら、そこで下車して、そこの
病院に行きない。飛行機はダメですよ。
その頃には、情報を聞きつけて岡部さんが来てくれました。
うちへ帰って大慌ての支度には、松村さん、岡部充くんがてきぱきと手伝ってくれました。
ありがたいことでした。
徳山駅まで送る、と岡部さん。
楽に新幹線に乗り込めました。
痛みを発症することもなく、無事到着。けさ、いまから、立川の病院へ行きます。病室が空いていればいいのですが。
胆嚢を切除する事になると思います。
原因を見つけて下さった先生に感謝しています。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年6月 4日 (木)
スモーカー

Smoker今日、打ち合わせで銀座まで出かけました。新橋駅近くで人がたむろしている異様な風景を見つけ、なんだとう、と近寄ってみました。なんとスモーカーの集団でした。すべての人がストップモーションのように動かないのですから、それは異様に見えます。自販機の前に灰皿がありました。
日本は、タバコ後進国です。
「世界それホント?会議」で、オーストラリアのタバコ事情をやりました。
是非、見てください。http://world-really.cocolog-nifty.com/

シドニーからタバコ情報を送ってくれた柏弘一さんからこんなメールが届いています。
「とにかく、政府としては煙草の税収よりも国民に喫煙をやめて欲しいようです。」
日本政府は、全く反対で、国民の健康を害しても税収がほしい、と思っています。間違いなく。
タバコが売れなくては困るのです。なんという国なんでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月21日 (木)
美容院で

旅に出たとき、髪のない頭のシャンプーは簡単で便利です。水が不足している国では、尚更です。
もっと短い方がいいと思い、いつも出発前には髪を切ります。
田中くんという若い美容師(女性)に、Q-Linkというペンダントの話をしました。
まず、肩の痛みが取れ、花粉症が出なくなり、視力が戻って新聞がメガネがなくても読めるようになった、と話しました。
「で、最近気がついたんだけど、髪の毛も生えてきた気がするんだ」
「えー?そー言えば・・・・」
彼女は「増えましたねぇ」とは言わず「そー言えば」で止まったままでした。確信が持てなかったのでしょう。
マジ、自分では生え始めている、と思っています。
連れ合いも「うん、黒い毛が生えてきた」と言います。
髪を熱望しているわけではありませんが、生えると面白いなぁ、と楽しんでいます。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年3月 9日 (月)
日野原重明さん

HinoharaHinohara2
今晩、あるパーティで聖路加病院の日野原重明さんの挨拶を聞く機会がありました。
もうすぐ、98歳だそうです。午前2時以前に寝たことがない。4年先まで講演のスケジュールが入っている、とのこと。ただただ、すごい、と感嘆!
気遣って誰かが運んだ椅子には座らず、次の挨拶も、その次の挨拶も、立ったまま聞かれていました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年2月19日 (木)
花粉症

花粉症が出ません。花粉最盛期なのに。ときどきくしゃみをして鼻をかみますが、問題ありません。
このまま、快適な春を過ごせたら幸せ。もう10年近く、多分、憂鬱な春でしたから。
これも、多分ですが、Q-Linkペンダントの効果だと思っています。使用者の声の中に花粉症が出なくなったというのがないのがちょっと心配ですが。
今年最後までこの調子だったら、花粉症仲間に大いに宣伝しようと思います。
今日は、冷たい雨が降っていました。
あす、東京へ向かいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月13日 (金)
笑っちゃうぐらいあきれる話

総理の話ではありません。彼は、もう、どーしようもありませんね。批判の気力もなくなりました。
話は薬です。
中国には、いかがわしい薬が沢山あります。若い頃の話ですが、ボクも沢山買い込んで来て友だちに配ったことがあります。精力剤です。効いた記憶はありません。
静岡の40代の男性が、中国製の精力剤「性欲王」という薬を飲んで意識障害を起こしたというニュースを読みました。お気の毒ですが、笑っちゃいました。同じ事をやってるなぁ、と。
試してみたくなるものなんです。わかります。
今思えば、ヤバかったなぁ、とゾッとしますが。
中国へ旅行される方、ボクの場合、北京でしたが、お土産店に沢山売っています。
誘惑に負けないようにお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 3日 (火)
健康器具

Noodle「CoreNoodle」(コアヌードル)といいます。
柔らかい棒が2本、簡単なものです。この上に背中を乗せて、乗せているだけでも効果があるそうですが、
運動をするとなお効果ありだそうです。腰痛の持病があるので、勧められて買いました。
詳しくは下記サイトをご覧下さい。
http://genkibiyori.net/?pid=8671730

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月28日 (水)
湿度計

Situdokei湿度計を買いました。インフルエンザ菌は湿度50%から60%で死滅すると聞いたからです。気温はだいたいわかりますが、湿度を関知する能力はゼロです。
ストーブにかけたヤカンから発生させる湯気で調節しています。いま60%を指していますからOKですね。
みなさん、インフルエンザに気をつけましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月26日 (月)
美容院と温泉

Onsen1jpgOnsen2jpg先週、美容院へ行きました。
いつもの美容師が休んでいて、初めての青年が担当してくれました。
「どのようにしますか?」
「オバマ」
「ほー、チェンジですね」
なかなか感度のいい青年でした。
「やってみましょう」と作業を始めましたが、途中で自信がなくなったようで「黒人の頭はチリチリだから、あんなにいい感じになるんですよね。頭の形もいいし・・」
ボクは遊びでやっているのだから、どうなってもいいと思っているのですが、彼は心配しながらやっていました。
が、仕上がりは、立派なもの、気に入りました。

この青年は温泉が大好きらしく「このあたりの温泉だったら何でも聞いて下さい」といって、推薦する温泉を2,3教えてくれました。
その中の一つ、秋川渓谷にある「瀬音の湯」(武蔵五日市駅からバス)へ、今朝、早起きして行ってきました。
とてもいい湯でした。東京にお住まいの方、お勧めします。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年12月22日 (月)
歯みがき

Hamigaki今年忘れていることはないか、と点検したら、ありました。インプラントの6ヶ月点検。10月だったのを忘れていました。
慌てて、きょう、行ってきました。
「きれいに磨いてありますねー。大丈夫です、問題ありません」
インプラントは清掃がもっとも重要で、歯垢が溜まって内部が炎症を起こしたりすると致命傷になるらしいのです。なので頑張っているのです。
若い頃から、チャンと磨いておけば、こんな苦労をしなくてもよかったのにと反省しますが後の祭り。
使っている電動歯ブラシはフィリップ社製「ソニケア」 医師に強くこれを勧められました。
歯みがきチューブは「デンタルポリス」(プロポリス入り)ちょっと高いですが、お勧めです。これも医師に勧められました。ネットで買います。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月21日 (日)
Q-Link 効果

Qlinkこのペンダントを人に薦められてやり始めたのが3週間前。右腕が痛くて上に上がらなかったのが、あら不思議、何の痛みも感じなくなり、スイスイ動くではありませんか。いったいどうしたんだ、狐にだまされているのか?
ひょっとすると、Q-Linkは、効能書き通り、優れものなのかもしれません。
腕以外に変化はありません。
頭痛や血液サラサラ効果も書いてあります。
血液は検査してみないと分かりません。
お勧めしてもいいかも、と思い、書き込みました。
(ネットで買いました。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月19日 (金)
インフルエンザ

流行っているというので、近くの診療所へ行きました。
受付で。
「ラスト4本、間に合いましたね」
ワクチンは配給された本数しかないようです。
医師。
「抗体が出来るのに2週間かかります。もう流行していますから、今日から2週間のうちに罹るかも知れませんよ。11月の初めには来てくださいね」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月16日 (火)
体調不良

昨晩から激しい下痢で、気力がありません。多分、カキの食べ過ぎでしょう。広島の親戚から大量のカキが届いたので、さまざまなレシピで大量に食べました。反省しています。
下痢で思い出すのが、アフリカにあるジンバブエという国です。現在、コレラが大流行しています。
衛生状態が最悪なのです。アフリカでの数字は不正確ですから、あまり信用できませんが、700人以上が死に、今後6万人くらいが感染するだろうと言われています。
この国は、2000年にムガベ大統領が白人農園を強制収用し、農業技術が乏しい黒人農民に再配分する強硬策を打ち出して以来、経済の悪化が止まらない状況が続いています。
インフレ率がすごく、最近5億ドル札が発行されたそうです。これは、米ドル換算でたった8ドル(720円)だそうです。
国連などが、コレラ退治のために入国を迫っても、「コレラの発生はない」と答えているようです。
ムガベという大統領は、なんとかしないと、国民は悲惨です。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2008年11月28日 (金)
健康グッズ

Qlink1Qlink2「Q-Link」(キューリンク)というモノを初めて知りました。先日食事をしたピアニストの瀬川はるなさんから勧められました。携帯やパソコンから出る電磁波から身を守り、血液をサラサラにし、頭痛、肩こり、などを解消するのだそうです。「パソコンの前にいる田川さん、ぜひ、お勧めです」と言われ、試してみる気になりました。
写真が、ペンダントの表と裏です。
電磁波やストレスは、人間が本来持っている生体波動を狂わせるらしく、この製品は、誘導コイルが内蔵されていて、そこからの波動が生体波動を整えてくれる、ということのようです。
価格がちょと高いです。14,000円。野球選手、プロゴルファーなどに愛用者が多いとパンフレットに書いてあります。60日間使って効果がなければ、全額返還します、とも。
効果があったら報告します。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月11日 (金)
ステンレス石けん

Soapクイズです。今回は、賞品を思いつきませんのでナシですが、考えてください。
これは、ステンレスで出来た石けんです。石けんですから、当然、これを使って手を洗います。
何のために使うのでしょうか?
右のものは十数年前、ドイツで買いました。面白いモノがある、と感心し、以来、我が家の流しに常備してあります。日本にはない、と思っていたら、INAXの営業マンからもらいました。
(お風呂の改造をするので、INAXと交渉しました)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年6月28日 (土)
タバコ

Tobacco_2これはタイのタバコです。(マイルドセブン)
肺がんで苦しんでいる(死にかけている?)人間と、コールタールのようなヤニがべっとり付いた肺の写真です。この写真が、すべてのタバコに印刷されています。
こんなタバコを人前で出して吸うと、無教養なヤツだ、と思われるのは必定。相当効果があると思います。
愛煙家のカメラマン平間節さんも、さすが、タイでは「気持ち悪くてタバコは買わなかった」と言っていました。
日本よりタイの方が健康意識は進んでいます。
1,000円タバコ賛成!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年4月21日 (月)
初めての病名

足の中指に、腫れ物が出来ているのに気づきました。痛くも痒くもありません。中に水が溜まっていると思い、針で突き刺してみましたが、固くて刺さりません。これは病院だな、と思い、きょう、皮膚科へ行きました。
ボクと同じくらいの年のドクター。
「おーこれは、ネンエキノウシュ、だ」
「え?」
初めて聞く名前でした。
ドクターは病名のハンコを探し、ペーパーに押してくれました。
「粘液嚢腫」と書いてありました。
「これは、なんですか?」
「中にジェリーが入っている。食べられないよ。(面白くないシャレ)年を取ると出来る。ツメの側に出来る事が多い。注射針を突き刺して絞り出すんだ。手術する方法もあるが、また出来る」
そう言いながら、針を突き刺し、中のジェリーを押し出してくれました。
「自分でやっていれば、その内、治癒すると思うよ」
手の指に出来る事もあるそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月11日 (月)
温泉

自転車で10分程度の所に「テルメ小川」という温泉施設があります。午前中なら空いているだろうと行きましたが、混み混みでした。平日800円 休日1,000円。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 8日 (金)
足湯

Asiyu玉川上水の散歩道に「こもれびの足湯」という所があります。近くのゴミ焼却場からお湯を引き入れています。無料です。散歩の途中の休憩に最高です。ご婦人達の会話がまた楽しい。
最近の傑作を披露します。美形の初老のご婦人。
「若い頃、お勤めが日本橋でねぇ、華やかな街でしたから、そりゃ、お洒落をして出かけたもんですよ。高いヒールの靴をはいてねぇ。それがこたえて、いまじゃ、腰痛ですよ、ハハハ・・」

| | コメント (0) | トラックバック (0)